神戸新聞社

神戸新聞創刊120周年記念

神戸新聞情報文化懇話会・京都大学iPS細胞研究所共催シンポジウム

日程:2018年9月25日(火)14:00-16:20
会場:神戸新聞 松方ホール

神戸新聞創刊120周年記念
神戸新聞情報文化懇話会・京都大学iPS細胞研究所共催シンポジウム
神戸から拓く iPS細胞の未来

日程:2018年9月25日(火)14:00-16:20
会場:神戸新聞 松方ホール

Symposium
シンポジウム概要

医療を変える「夢の細胞」
ノーベル賞受賞の山中教授が、
ゆかりの地・神戸で語る可能性

神戸大学医学部で学生時代をすごし、人工多能性幹細胞(iPS細胞)研究でノーベル生理学・医学賞を受賞した京都大学iPS細胞研究所(CiRA)所長の山中伸弥教授。神戸新聞情報文化懇話会とCiRAはこの秋、山中教授をはじめ、iPS細胞研究の最前線で活躍する研究者によるシンポジウムを神戸で開きます。

山中教授の研究グループが、さまざまな細胞になる能力を持つiPS細胞の作製に成功したことを報告してから12年。研究は、難病患者やけがの治療、新薬の実用化に向けて大きく前進しています。

実用化にむけた最新研究も紹介

今回のシンポジウムでは、山中教授のほか、山中教授がiPS細胞を作ったあと、タスキを受け取った2名の研究者もお話します。理化学研究所の万代道子副プロジェクトリーダーには網膜の再生に関するお話を、CiRAの池谷真准教授には難病の薬を作る研究についてのお話をしていただきます。どちらも医療応用に近い研究として今注目されています。

Profile
プロフィール

京都大学iPS細胞研究所所長
山中 伸弥(やまなか しんや)教授

1987年神戸大学医学部卒業。1993年大阪市立大学大学院博士課程修了。医学博士。1993年米国グラッドストーン研究所留学。1996年大阪市立大学医学部薬理学教室助手。1999年奈良先端科学技術大学院大学遺伝子教育研究センター助教授、2003年同教授。2004年京都大学再生医科学研究所教授、2010年4月より現職。2012年には成熟した細胞を多能性を持つ細胞へと初期化できることを発見した理由により、ジョン・ガードン博士とノーベル生理学・医学賞を共同受賞。

山中教授からのメッセージ

学生時代から柔道やラグビーをして骨折が多かった私は、怪我をしたスポーツ選手を治す整形外科医にあこがれて医師になりました。実際の医療現場では難病に苦しむ多くの患者さんに出会いました。こうした患者さんを治すために、研究者を目指したのです。研究には失敗や予想を裏切る結果がつきものですが、なぜそうなったのかを探ることが新しい発見につながることもあります。何事にもくじけずに失敗から学ぶ態度が大切ではないかと思います。

History
過去の報道(神戸新聞紙面から)

山中教授とiPS細胞研究 これまでの挑戦

Outline
実施概要

最先端のiPS細胞研究をわかりやすく

開催日程・会場

2018年9月25日(火) 14:00~16:20(開場 13:00)

会場:神戸新聞 松方ホール
〒655-0044 神戸市中央区東川崎町1-5-7神戸情報文化ビル4階
JR「神戸」駅、市営地下鉄海岸線「ハーバーランド」駅より徒歩約10分

プログラム

  • 13:00
  • 会場・受付開始
  • 14:00~14:05
  • 開会の挨拶 高士 薫(神戸新聞社代表取締役社長)
  • 14:05~15:05
  • 講演①


    iPS細胞が拓く新しい医学

    京都大学iPS細胞研究所所長
    山中 伸弥 教授

  • 15:05~15:15
  • 休憩
  • 15:15~15:55
  • 講演②


    iPS細胞を用いた網膜疾患の治療開発

    理化学研究所生命機能科学研究センター網膜再生医療研究開発プロジェクト
    万代 道子 副プロジェクトリーダー

    1988年京都大学医学部卒業、京大病院眼科入局。1994年京都大学医学部大学院博士課程修了。2000年米国NIH 研究所客員研究員。2002年京都大学病院探索医療センター助手。2006年理化学研究所網膜再生医療研究チーム研究員。2006年神戸市立医療センター中央市民病院(現 神戸市立神戸アイセンター病院)非常勤医師。2013年より現職。

    講演③



    (撮影者:KO SASAKI)

    iPS細胞を用いた進行性骨化性線維異形成症の創薬研究

    京都大学iPS細胞研究所
    池谷 真 准教授

    1996年京都大学理学部卒業。1998年京都大学大学院理学研究科博士前期課程修了。1998年日本学術振興会 特別研究員(DC1)。2001年京都大学大学院理学研究科博士後期課程修了(理学博士)。2001年理化学研究所研究員。2007年理化学研究所基礎科学特別研究員。2009年熊本大学発生医学研究所准教授。2010年京都大学再生医科学研究所研究員。2011年より現職。

  • 15:55~16:15
  • パネルディスカッション

  • 16:15~16:20
  • 閉会の挨拶 (山中伸弥教授)
  

Registration
一般参加申し込み

事前にお申し込みください

シンポジウムへの参加は事前申込制となります。下記の応募方法をご確認の上、期限までに お申し込みください。なお、4名様まで同時にお申し込みいただけます。応募多数の場合は抽選とし、当選者のみ参加証を発送いたします。

対 象 :一般、学生
定 員 :250名
参加費 :一般 1,000円 ※当日、受付にてお支払いください
     学生 無料 ※学生証をご持参ください
申込方法:①申し込みフォーム
     申込期限:2018年8月24日(金) 17:00まで 
     ②はがき
     代表者の氏名・住所・連絡先・職業と代表者以外の方の氏名・職業、
     講演者に聞いてみたい質問があればその内容をご記入ください
     郵送先:〒650-8571 神戸市中央区東川崎町1-5-7
         神戸新聞情報文化懇話会事務局(神戸新聞社地域活動局内)
         シンポジウム参加受付 係
     申込期限:2018年8月24日(金) 必着

【対象】
一般、学生
【定員】
250名
【参加費】
一般 1,000円 ※当日、受付にてお支払いください
学生 無料 ※学生証をご持参ください
【申込方法】
①申し込みフォーム
【申込期限】
2018年8月24日(金) 17:00まで
②はがき
代表者の氏名・住所・連絡先・職業と代表者以外の方の氏名・職業、
講演者に聞いてみたい質問があればその内容をご記入ください
【郵送先】
〒650-8571 神戸市中央区東川崎町1-5-7
神戸新聞情報文化懇話会事務局(神戸新聞社地域活動局内)
シンポジウム参加受付 係
【申込期限】
2018年8月24日(金) 必着

個人情報につきましては、当シンポジウムの運営にのみ使用いたします。
ここでいう学生には市民大学やシルバー大学等は含まれません。

About CIRA
研究所のご紹介

Contact
お問い合わせ

シンポジウムに関するお問い合わせ

神戸新聞情報文化懇話会事務局(神戸新聞社地域活動局内)

078-362-7057

(平日10時~17時30分)
E-mail : kjbk@kobe-np.co.jp