「新聞感想文コンクール」

ひょうごに新しゅの化石出げん!!

金澤瑞輝(かなざわ・みずき) 姫路市立香呂小2年

  ぼくはきょうりゅうはかせになりたいです。すきなところは、大きくてかっこいいし、まだなぞが多いことや、化石が土から出てくるところです。

 だから、ひょうごけんできょうりゅうの化石が見つかったと聞くと、とてもうれしいし、しゅるいはなんだろうとワクワクします。

 ぼくの立っているところにも、ずっとむかし、きょうりゅうがあるいていたのかもとそうぞうしたら楽しいです。

 きょうりゅうは、二おく三千万年前から、六千五百万年前まで生きていました。これは、三じょうきこうきから、白あきのおわりまでです。

 ひょうごけん立人としぜんのはくぶつかんが、白あき前きの地そうから、新ぞく新しゅのきょうりゅうのたまごの化石を見つけました。新しゅのたまごの化石が見つかったのは、日本では、はじめてです。そして、白あき前きのたまごの化石は、せかいでもきちょうです。

 むかしは、化石と言うものがあるとしらなくて、すててしまったり、りゅうこつと言うくすりにしていました。せっかく新しゅのきょうりゅうが、見つかるチャンスだったかもしれないのに、もったいないことをしていたと思います。

 ぼくは、化石ほりをしたことがあります。金づちで石をわってさがしました。小さな化石が見つかったときは、うれしかったです。

 ぼくも早くきょうりゅうの化石を見つけるなかまに入りたいです。だから、ぼくも見つけたいので、のこしておいてください。

 今年は、ふくいきょうりゅうはくぶつかんに行きました。いろんな化石がありました。

 ひょうごけんとふくいけんは、どちらも新しゅのきょうりゅうが4しゅるいずつだから、まけてないぞ、ひょうごけん!!

 ぼくもがんばるぞ!!


(6月30日付 神戸新聞から)
「ひょうごに新しゅの化石出げん!!」



作品の題名をクリックすると、最優秀・優秀作品を読むことができます。


 審査委員長講評 「読む。豊かな未来のために」


部門 受賞者(敬称略)
学校名・学年
作品の題名
神戸新聞社賞 小学校 1・2年 有本 理玖
関西学院初等部1年
「いっしょうのともだち」
小学校 3・4年 小西  舞
神戸市立高丸小学校4年
「平和をつくるって?」
小学校 5・6年 大牧 義生
小野市立市場小学校6年
「がんばれ播州そろばん」
中学 上山 翔悟
高砂市立高砂中学校1年
「生き物との共生」
高校 黒石 莉央
兵庫県立西宮甲山高等学校2年
「生きるということ」
兵庫県知事賞 小学校 1・2年 金澤 瑞輝
姫路市立香呂小学校2年
「ひょうごに新しゅの化石出げん!!」
小学校3・4年 藤原 菜杏
神戸海星女子学院小学校3年
「日本発祥 母子手帳」
小学校5・6年 谷口 加奈子
神戸市立池田小学校5年
「少子化について」
中学 桾本 紫月
加東市立東条中学校3年
「将来のために」
高校 高司 暖子
雲雀丘学園高等学校2年
「地方紙の魅力」

天気(9月26日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

  • 25℃
  • ---℃
  • 60%

  • 27℃
  • ---℃
  • 10%

  • 27℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ