「新聞感想文コンクール」

思いをつなぐ使命

桑野葵(くわの・あおい) 神戸山手女子高3年

 「広島への原爆投下から、今日でちょうど76年になります……。」
朝のニュースを見て初めて、私は今日が8月6日であることに気付いた。しかし、次の日に新聞を読んで、平和に慣れきった自分自身を恥じた。
 「私たちには使命があります」
広島の平和式典に子ども代表として参加した小学生が読み上げた「平和への誓い」は、こう始まる。あの日起こった悲惨な出来事や被爆者の思いを知り、考え、平和の尊さや大切さを世界中の人々や次の世代に伝える、使命。貴方はその使命を、果たせますか、と胸に突きつけられたようだった。そして、その問いに「はい」とは即答できなかった。
 私には8月6日を忘れる理由がたくさんあった。受験生だから勉強しないといけないとか、部活をもうすぐ引退するから頑張らないといけないとか、家事を手伝わないといけないとか。時間に追われているようで毎日が忙しかった。原爆や戦争のことは、学校の平和学習やテレビで聞き飽きてもいた。私は自分が8月6日を忘れていたことに、少しの危機感も罪悪感も覚えていなかったのである。
 「本当の別れは会えなくなることではなく、忘れてしまうこと」
私の心を見透かすような言葉を読んで、思わず自分の行いを振り返った。そして、今年の原爆の日に黙祷しなかったことを思い出し、慌てて鉛筆を置いて、目を閉じた。これまで「想像もできないようなこと」だった原爆とその被害。しかし、私はそれらを知り、未来へ受け継がなければならないのだと思うと、初めて「想像できないこと」がはっきりと瞼の裏に浮かんできた。
「忘れていたこと、許して下さい。空が光るって、肌が焼けるって、どんな風でしょう。つい昨日まで一緒にいた人が、今日はいないとき、自分の命が消えるのを感じるとき、どうしたらいいんですか」
〝被爆者〟にではなく、あの日確かに生きていた誰かの御霊に、そう語りかけた。目を開けたとき、いつもの世界は全く違って見えた。
 今まで私は、原爆の残虐性や被害の規模、投下に至る経緯等は学んできたが、そこにいた人、一人一人の悲しみにまで思いが至っていなかったのではないだろうか。広島・長崎の後にも、世界中で戦争があった。私はその度、死者数や戦費といった数字を見てその戦争を知ったつもりになっていた。しかし、これまでの全ての戦争の後ろには、人がいた。そして悲しみがあった。何万人規模の被害が出るから、何ヘクタールが焼けるから、戦争をしてはいけないのではない。無数の悲しみを生むから、戦争は絶対にしてはならないのである。過去の戦争を忘れないことは、その悲しみを忘れないことだ。
「僕ら若人の力によって、きっと平和な社会を築き上げてみせる」
広島の決意を、私も持ち続けると誓った。


(8月7日付の神戸新聞・朝刊から)
「思いをつなぐ使命」「思いをつなぐ使命」

※題名をクリックすると講評と神戸新聞社賞・県知事賞の作品を読むことができます。

<審査委員長> 兵庫県NIE推進協議会 秋田久子会長 講評

コロナ禍通じ 社会への関心高く
部門 受賞者(敬称略)
学校名・学年
作品の題名
神戸新聞社賞 小学校1・2年 遠藤 実穂
西脇市立重春小学校・1年
「わくわくのみずたまいっぱい」
小学校3・4年 宮崎 りの
たつの市立揖保小学校・3年
「土用の丑とSDGs」
小学校5・6年 小柳 暖乃
神戸市立井吹の丘小学校・5年
「サル社会 初の『女性トップ』」
中学生 河野 克彦
蒼開中学校・1年
「アフガン政権崩壊とぼくの国際支援」
高校生 桑野 葵
神戸山手女子高等学校・3年
「思いをつなぐ使命」
兵庫県知事賞 小学校1・2年 有本 眞麻
関西学院初等部・2年
「わたしもやくに立てるかな」
小学校3・4年 前中 愛美
神戸海星女子学院小・4年
「障がいがある子もない子も遊べる『インクルーシブ遊具』広がる」
小学校5・6年 原田 京珠
神戸市立舞多聞小学校・6年
「『あの日を背負って』を読んで」
中学生 志賀 〓音 (注)〓は「伶」のつくりの下が「マ」
賢明女子学院中・3年
「シンコと共に生きる」
高校生 片瀬 奏磨
報徳学園高・2年
「長崎を最後の被爆地に」
 

天気(8月18日)

  • 30℃
  • 25℃
  • 70%

  • 31℃
  • 24℃
  • 70%

  • 31℃
  • 25℃
  • 70%

  • 32℃
  • 24℃
  • 80%

兵庫県内に 警報 が発令されています

お知らせ