神戸新聞NEXT | 読者の報道写真コンテスト
神戸新聞社 読者の報道写真コンテスト

読者の報道写真コンテスト

第 669 回11月 の入賞者

※応募総数 419点

一席

一席

『卒寿の母、長生きの秘訣は昼寝 』

伊藤賢治

神戸市西区(11月5日)

被写体への思いがあふれています。存在感のある顔と手の位置関係も素晴らしく、モノクロ映えします。(ニコンクールピクスP340 5・1~25・5ミリ 絞りf4・2 200分の1秒)

二席

二席

『漂着物2020.11.17 』

広瀬賢一

高砂市(11月17日)

誰でも浜辺で見ているものですが、見せ方が面白い。淡々と、しかし痛烈に環境問題を告発しています。(ニコンD7000 35ミリ 絞りf8 125分の1秒)

三席

三席

『木漏れ日を浴びて! 』

石原 修

丹波市の高源寺(11月18日)

ありがちな構図にとどまらず面白いモチーフを見つけました。不規則な石段のリズムが楽しく、紅葉もさりげなく。(キヤノンEOS70D 18~135ミリ 絞りf11 80分の1秒)

佳作

佳作

『駆けおりる 』

春名サトミ

鳥取砂丘(10月3日)

ハイキーにしたことで遠くの人が浮かんでいるようにも見え、不思議な味わいになりました。(ニコンD750 24~120ミリ プログラムオート)

佳作

『一点集中 』

谷口亮介

神戸市西区(11月15日)

これぞ全集中。目と爪がこんなに近いのは、狙いを外さないためなんでしょうか。きっと合理的な姿勢なんですね。(ニコンD6 800ミリ 絞りf7・1 2000分の1秒)

準佳作

準佳作

『休憩中 』

河合正雄

加西市倉谷町(10月31日)

昔の日本に来たかのようです。方々に姿を現すようになり、背景も多彩になってきました。(キヤノンEOS7DマークⅡ 100~400ミリ 絞りf8 400分の1秒)

準佳作

『閑散国際空港 』

上原宏明

関西国際空港(11月14日)

これだけ広大な場所に人っ子一人いません。これもコロナ禍の現場ですね。タイトルもハマっています。(ソニーα7Ⅱ 28~70ミリ 絞りf4 400分の1秒)

準佳作

『まんまるニャンコ 』

吉住延也

大阪府箕面市(11月22日)

いやあ、実に丸いです。接近に気付かないほど深い眠りだったのでしょうか。(フジフィルムX―T1 18~55ミリ 絞りf5 60分の1秒)

準佳作

『海峡の海苔の育苗 』

橘 保

明石市江井ヶ島沖(11月13日)

撮影する場所によって、様々な表情を見せる明石海峡。ノリということで季節感も出ています。(ソニーα6000 70~300ミリ 絞りf9 シャッターオート)

準佳作

『錦秋の登山道 』

宇田川洋二

新温泉町(10月26日)

ハイカーだけに許された絶景。早朝かそれとも夕方か、木々が浮かび上がる光線状態がいいですね。(ニコンD850 28~300ミリ 絞りf5・6 60分の1秒)

準入賞A

準入賞A

『雲間より光こぼれて 』

原 俊彦

準入賞A

『秋の日差しの中で 』

廣瀬光八

準入賞A

『脚立が大活躍 』

鳥居竹夫

準入賞A

『町の修理屋さん 』

平井明美

準入賞A

『小春日和 午後のひととき 』

三好美治

準入賞A

『五輪出場を目指して 』

山口康博

準入賞A

『イチョウ舞い散るホーム 』

中根修平

準入賞A

『イスラム娘 』

尾﨑 壽

準入賞A

『宙舟 』

米澤貞雄

準入賞A

『牡蠣の収穫 』

寺坂好司

準入賞B

準入賞B

『落陽の語らい 』

川口 勉

準入賞B

『遊情のトワイライト 』

竹中二郎

準入賞B

『鋼鉄の怪獣 』

尾﨑郁也

準入賞B

『見事な紅葉 』

仙石一夫

準入賞B

『厄落とし 』

清光静枝

準入賞B

『斜光 』

長尾 誠

準入賞B

『収穫待ち 』

片山昭子

準入賞B

『兵庫のウユニ 』

清瀬さと子

準入賞B

『港の止まり木 』

松下敏和

準入賞B

『きぼう(希望)の光 』

小谷和人

カメラアイ

家族の現在進行形

 一席の作品を見て、考えさせられました。家族の写真って、ある時期を越えると、途端に撮らなくなっていたなあ、と。

 子どもは、小さい時は何をどう撮っても絵になるし、日々成長が目に見えるので撮っていても楽しい。向こうも屈託のない表情をレンズに向けてくれます。でも大きくなるにつれて煙たがるようになります。

 親の場合も、照れくさいのか、なかなか写ろうとはしてくれません。そもそも、お年寄りは写真に写りたがらない印象があります。こちらとしても、何となく遺影を撮ろうとしているみたいで気が進みません。

 そんなこんなで、家族写真を撮る機会はすっかり減り、昔のプリントや画像を眺めては、懐かしむといったものになっていました。

 卒寿の母親がウトウト眠っている。いろいろと大変な世の中をよそに、その姿は実に平和で、神々しさすら感じました。現在進行形としての家族も記録しておこう、という意欲をもらった気がします。

(映像写真部・山崎 竜)


TOP