神戸新聞TOPへ
 第650回 (4月の入賞者) ※応募総数 389点 神戸新聞TOPへ
神戸新聞社 読者の報道写真コンテスト神戸新聞社 読者の報道写真コンテスト神戸新聞社 読者の報道写真コンテスト
カメラアイ応募規定応募用紙
読者の報道写真コンテストTOPへ年間賞先月までの入賞作品
入賞
準入賞(A)
準入賞(B)
佳作・準佳作
※写真をクリックすると大きいサイズでご覧になれます。
『そのとき 』
西宮市の自宅(4月1日)
橋本直子

 息子さんと娘さんでしょうか。「令和」発表時の対照的な姿が絶妙です。「お母さん目線」がいい。(フジフイルムX―T2 16ミリ 絞りf5 85分の1秒)
佳作

『幼鳥ランチタイムの珍景 』
豊岡市の県立コウノトリの郷公園(4月7日)
佐野憲二

 「えっ」。思わず二度見しました。こうした偶然性も写真の面白さですね。(キヤノンEOS5DマークU 300ミリ(2倍テレコン使用) 絞りf11 500分の1秒)
佳作

『祈願のゆくえ 』
京都府久美浜町(4月1日)
井上信行

 うねる炎と煙、ぴたりと止まった住職。静と動が表現され、タイトルも効いています。(キヤノンEOS5DマークU 24〜105ミリ 絞りf13 13分の1秒)
準佳作

『ノスタルジア 』
県立明石公園(4月4日)
加藤 保

 子どもの人数がすごい。醸し出す雰囲気がいいですね。ところで「がいこつめがね」ってどんな話か気になります。(ニコンクールピクスB500 絞りf3・5 500分の1秒)
準佳作

『ひとり何思う? 』
神戸市兵庫区の湊川隧道(4月20日)
伊藤賢治

 青の光が神秘的で、まるでタイムトンネルのよう。映画「時をかける少女」を思い浮かべました。(ニコンD800 20ミリ 絞りf1.8 40分の1秒)
準佳作

『姫路城の暈 』
姫路城北側(4月13日)
進藤直敬

 珍しい現象に姫路城を写し込みました。瞬時に反応したからこその1枚。撮れそうで撮れません。(キヤノンEOS5DSR 24〜105ミリ 絞りf11 1000分の1秒)
準佳作

『巨船 』
姫路港(4月5日)
若松一彦

 出港前の一こま。巨大客船をうまくフレーミングし、別れの光景がぐっと引き立ちました。(キヤノンEOS7D 18〜135ミリ 絞りf7・1 2500分の1秒)
準佳作