• 印刷

SDGsに取り組む播磨の企業特集2021

 最近、SDGs(持続可能な開発目標)という言葉がさまざまなメディアに取り上げられ、注目されています。SDGsは2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択され、30年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17の目標( ①貧困 ②飢餓 ③保健 ④教育 ⑤ジェンダー ⑥水・衛生 ⑦エネルギー ⑧成長・雇用 ⑨イノベーション ⑩不平等 ⑪都市 ⑫生産・消費 ⑬気候変動 ⑭海洋資源 ⑮陸上資源 ⑯平和 ⑰実施手段 )で構成され、いずれも私たち一人ひとりと密接に関わっている人類共通の課題です。

 ここ数年、日本でも企業や団体、自治体、NPO、教育機関などでSDGsに関する活動事例が急速に増えています。いま企業に求められているのは、数十年後も持続できる循環型のサービス・製品、社会から支持される組織・経営を実現することといえます。このほど姫路市が内閣府から2021年度「SDGs未来都市」に選定されたのを機に、SDGsに取り組む播磨の企業を6回シリーズで紹介します。

特集のご案内