公演スケジュール

2009年7月5日(日)開場15:30 開演16:00

幸田浩子ソプラノ・リサイタル

 オーストリアの名門歌劇場、ウィーン・フォルクスオーパーで活躍した才色兼備の人気ソプラノ歌手、幸田浩子さんが松方ホールに初登場します。今年2月には、「アヴェ・マリア」や「ヴォカリーズ」など、珠玉の名曲を集めたアルバム「カリヨン」を発表し、その名曲の数々を披露します。

     
ピアノ 村上尊志
曲目 ヘンデル:歌劇「セルセ」より“なつかしい木陰よ”
ヘンデル:歌劇「リナルド」より“涙の流れるままに”
マスカーニ:アヴェ・マリア
マスネ:アヴェ・マリア
ガスタルドン:禁じられた音楽
アルディーティ:くちづけ ほか
プロフィール 幸田 浩子(こうだ・ひろこ) ソプラノ
澄みきったコロラトゥーラの美声と麗しい姿で聴衆を魅了するオペラ界のミューズ。
大阪出身。数々の国際コンクールで上位入賞後、直ちに欧州の主要歌劇場へ次々とデビュー。カターニア・ベッリーニ大劇場『清教徒』エルヴィーラ、ローマ歌劇場『ホフマン物語』オランピア、シュトゥットガルト国立劇場『皇帝ティトの慈悲』セルヴィーリア等数多くの大舞台で主要な役を演じて活躍。2000年名門ウィーン・フォルクスオーパーと専属契約。その間『後宮よりの逃走』、『ファルスタッフ』等でB.ヴァイクル、G.ジョーンズらと共演。専属を離れてからも『魔笛』夜の女王等で客演。国内では新国立劇場、二期会公演で主役級を演じており、最近では『ばらの騎士』ゾフィー、『ナクソス島のアリアドネ』ツェルビネッタと二つの当たり役で絶賛を博した。その他N響をはじめとするオーケストラとの共演、宮本亜門演出ミュージカル『キャンディード』出演など多彩な活動を展開。メディアへの登場も多く、NHKにてリサイタルの模様が度々放送されている他、現在NHK-FM「気ままにクラシック」で笑福亭笑瓶氏とパーソナリティを務めている。CDはデビュー盤≪モーツァルト・アリア集≫(コロムビア)に続き、09年2月には≪カリヨン≫(同)をリリース。2008年度エクソンモービル音楽賞洋楽部門奨励賞受賞。二期会会員。HP http://columbia.jp/koudahiroko/

村上 尊志(むらかみ・たかし) ピアノ
藤原歌劇団や新国立劇場のオペラ公演で、コレペティトゥーア(=歌手に音楽稽古をつけるピアニスト)として活躍。指揮者、歌手、演出家から絶大な信頼を得ており、音楽スタッフとして欠かせぬ存在である。 武蔵野音楽大学卒業。これまでに東敦子、林康子、市原多朗等のリサイタル、R.ブルゾン、M.デヴィーアらのオペラ・コンサートなどに出演。
1990年文化庁芸術家在外派遣研修員としてミラノに留学。
スカラ座の副指揮者/ピアニストのマッゾーラに師事し、ヨーロッパ各地でコンサートに出演。
また、ヴェルサイユ劇場の《コシ・ファン・トゥッテ》で練習ピアニストをつとめた。97年秋よりローム・ミュージック・ファンデーションのスカラ・シップを得、再度イタリアに留学し、更に研鑽を重ねた。 静岡国際オペラコンクールに第1回より公式ピアニストとして招かれている。
現在東京藝術大学オペラ科非常勤講師、及び声楽科伴奏助手。
ページトップへ