公演スケジュール

2019年9月23日(月・祝) 開場14:30 開演15:00 

高田泰治
エラールを弾く!

ショパンが愛した「エラール」…、蘇る19世紀の響き!

2002年神戸新聞松方ホールのデビュー公演では、テレマン室内オーケストラをバックにピアノ、フォルテピアノ、チェンバロを使い分けて一晩で協奏曲を演奏し好評を得ました。
ドイツのバッハ・アルヒーフの定期演奏会では、バッハ演奏家として高く評価された高田泰治が、ロマン派の香りと新たな解釈とともに、ショパンが愛した楽器「エラール」の響きを、200年の時をこえて蘇らせます。

曲目 メンデルスゾーン:前奏曲とフーガ第6番変ロ長調 op.35
クララ・シューマン:3つのロマンスop.11
ロベルト・シューマン:ウィーンの謝肉祭の道化芝居「幻想的情景」op.26、8つのノヴェレッテンop.21より第2番ニ長調、第5番ニ長調
ショパン:華麗なる変奏曲op.12、バラード第3番 op.47
料金 [全席自由] 
一般¥3,000 友の会¥2,500(前売のみ)

     Lコード:55761

ページトップへ