神戸新聞松方ホールについて

1995年1月17日の阪神・淡路大震災で、神戸新聞社は神戸市中央区の本社ビルが全壊する被害を受けました。この危機に全国の地方新聞社などから寄せられた義援金を基金とし、神戸新聞社は翌96年、財団法人神戸新聞文化財団を設立し、神戸ハーバーランドの新社屋内に同年オープンした神戸新聞松方ホールの運営を委託。コンサートや講演、演劇、舞踊、伝統芸能など、多彩なイベントを開催するほか、地元・兵庫県内の文化団体や芸術家との連携、新進演奏家の育成などにも取り組み、大震災からの文化的復興に努めてきました。 ホールの名称「神戸新聞松方ホール」は、神戸新聞社初代社長・松方幸次郎(1866~1950年)の名にちなみます。美術収集「松方コレクション」は世界的に有名ですが、松方幸次郎の精神を受け継ぎ、文化の国際交流によって日本文化の発展・向上を果たしたいという願いを込めたものです。
2012年3月には、一般財団法人神戸新聞文化財団として認可を受けて新たなスタートを切り、世界に開かれた国際港「KOBE」にふさわしい芸術・文化の創造と振興に努めています。


松方ホール音楽賞について
神戸新聞社初代社長・松方幸次郎は実業家としてだけではなく、美術作品収集「松方コレクション」で、西洋と東洋の文化の架け橋として大きな足跡を刻みました。 松方ホール音楽賞は、クラシック音楽に情熱を燃やす若い音楽家の活動を顕彰し、将来、文化の架け橋として活躍することを望んで創設したものです。



「第24回松方ホール音楽賞」決定
ページトップへ