bitFlyerとCoincheckを徹底比較
(画像=Money Method編集部))

2021年に入り、価格が高騰した暗号資産に注目している方も多いのではないでしょうか。本記事では、暗号資産の取引所として代表的なbitFlyerとCoincheckを取り上げ、それぞれおすすめのポイントを解説していきます。各取引所の特徴や手数料、どんな方に向いているかを徹底比較していますので、これから暗号資産取引を始めたいと思っている方はぜひ参考になさってください。

  1. bitFlyerとCoincheckを徹底比較
  2. bitFlyerとCoincheckを4つの項目で比較
  3. bitFlyerの特徴
  4. bitFlyerのメリット
  5. bitFlyerのデメリット
  6. Coincheckの特徴
  7. Coincheckのメリット
  8. Coincheckのデメリット
  9. bitFlyerがおすすめの人は?
  10. Coincheckがおすすめの人は?
  11. bitFlyer、Coincheckのアプリがおすすめなのはこんな人
  12. bitFlyerのお得なキャンペーン
  13. Coincheckのお得なキャンペーン
  14. CoincheckとbitFlyerのメリット・デメリットを比較して自分に合った取引所を選ぼう
  15. 暗号資産(仮想通貨)の取引に関するQ&A

bitFlyerとCoincheckを徹底比較

まずはbitFlyerとCoincheckの基本情報を比較してみましょう。各取引所の入金手数料、出金手数料、最低取引額、レバレッジ倍率、通貨数は次の表の通りです。

取引所名 bitFlyerロゴ Coincheckロゴ
ユーザー評価 Google Play 3.6

3.8

App Store 4.3

4.3

入金手数料 銀行振込:無料
(銀行振込手数料はお客様負担)
コンビニ入金・クイック入金:
(住信SBIネット銀行)0円
(住信SBIネット銀行以外)330円
銀行振込:無料
(銀行振込手数料はお客様負担)

コンビニ入金・クイック入金:770円~
出金手数料 三井住友銀行:220円~440円
三井住友銀行以外:550円~770円
407円
最低取引額(BTC) 販売所:
0.00000001BTC
取引所:
0.001BTC
販売所:
円建てで500円相当額以上
BTC建てで0.001BTC相当額以上
取引所:
0.005BTC以上かつ日本円で500円相当額以上
レバレッジ取引 最大2倍 不可
取扱通貨数 15種類 17種類
スマホアプリ 販売所と取引所の価格比較がしやすく中上級者向き シンプルでわかりやすく初心者向き
取引所名 bitFlyerロゴ Coincheckロゴ
ユーザー評価 Google Play 3.6

3.8

App Store 4.3

4.3

入金手数料 銀行振込:無料
コンビニ入金・クイック入金:0円-330円
銀行振込:無料
コンビニ入金・クイック入金:770円~
出金手数料 三井住友銀行:
220円~440円
三井住友銀行以外:550円~770円
407円
最低取引額(BTC) 販売所:
0.00000001BTC
取引所:
0.001BTC
販売所:
0.001BTC相当額以上
取引所:
0.005BTC以上
レバレッジ取引 最大2倍 不可
取扱通貨数 15種類 17種類
スマホアプリ 販売所と取引所の価格比較がしやすく中上級者向き シンプルでわかりやすく初心者向き

各種手数料が安く、取扱通貨数もトップクラスのCoincheckは、初心者にも使いやすいと好評です。アプリダウンロード数国内No.1の実績を考えても、どこの取引所に口座開設するか悩んだらCoincheckがおすすめです。

bitFlyerとCoincheckを4つの項目で比較

bitFlyer/Coincheck

両取引所を各種手数料、最低取引額、通貨数、アプリの4つの項目で比較していきます。暗号資産の取引所を選択する上ではこの4つが重要になってきます。両者に特徴があるため、それぞれ比較して自分に合った取引所で暗号資産を購入しましょう。

各種手数料で比較

手数料はできるだけ低いか、もしくは無料であることが望ましいといえます。現物取引はどちらも無料です。bitFlyerは入金は0〜330円となっており、出金は三井住友銀行なら220円〜440円で他の銀行の場合は550円〜770円です。 一方Coincheckは銀行振込なら無料で、コンビニ入金、クイック入金なら770円〜となっています。出金は一律407円です。

最低取引額で比較

最低取引額は、少額からの取引をしたい人にとって重要な要素です。CoincheckとbitFlyerの最低取引額は以下の通りです。

CoincheckとbitFlyerの最低取引額
  • bitFlyer……販売所(0.00000001BTC)、取引所(0.001BTC)
  • Coincheck……販売所(円建てで500円相当額、BTC建てで0.001BTC相当額)、取引所(0.005BTC以上かつ500円以上相当額以上)

この通りbitFlyerとCoincheckのどちらも、取引所・販売所形式によって最低取引額が異なります。

たとえば1BTCが500万円のとき、販売所での最低取引額はbitFlyerが0.05円、Coincheckが500円程度となります。2022年3月現在、ビットコインの価格は500万円前後を推移していますので、現状、販売所でできるだけ少額でビットコインを購入したいという方にはbitFryerがおすすめと言えます。

通貨数で比較

取扱通貨の一例

取り扱いの通貨はそれぞれ類似しておりビットコインやイーサリアム、ネムなどを取り扱っています。 通貨数はCoincheckが17種類と一歩リードしており、bitFlyerは15種類となっています。 取引通貨数はCoincheckの方が多いのですがメインの暗号資産は、両者ともに多岐にわたるため特に差はありません。それぞれの取引所でしか取引できない暗号資産もあるため、自分が取引したい暗号資産を扱っている方を選びましょう。

アプリで比較

次はアプリで比較しましょう。bitFlyerの提供するアプリは取引所と販売所の金額比較がしやすい設計です。実際の店舗でもビットコインを使っての決済が可能で、暗号資産に関連するニュースや、ビットコインをもらえるサービスがあるのが魅力です。 一方Coincheckが提供しているアプリはシンプルな画面で使いやすい設計になっています。電気やガス料金の支払いも行うことができます。

実際にアプリを使用しているユーザーからの評判はどうでしょうか。

アイコン

コンパクトに要素がまとめられ必要事項が直ぐに分かり安心。携帯では表示面積に限りがあり、上手く配置されており、「使える」仕様になっている。

アイコン

とてもわかり易く使い勝手が良い。色合いやデザインも綺麗で見た目も良い。セキュリティも良いと思います。

Google Playの評価を見てみると、bitFlyerは3.5、Coincheckは3.8の評価を得ています。どちらのアプリも使い勝手の良いつくりが好評ですが、迷ったらアプリダウンロード数1No.1のCoincheckを選ぶのがよいでしょう。

bitFlyerの特徴

bitFlyer
監修者のコメント

ビットコインの取引量が国内でナンバーワンと言われているbitFlyerには、次のような特徴があります。

bitFlyerの特徴
  • 安心のセキュリティー対策
  • ビットコインFXに挑戦できる

安心のセキュリティー対策

業界最長7年以上のハッキング0を次世代セキュリティーで実現しており、安心して利用できるサポートも充実しています。暗号化技術の導入による通信セキュリティーの確保、社内環境の防御、不正アクセスの常時監視、ネットワークの負荷分散のシステム上でのセキュリティーも整っており、ログイン時には以下のセキュリティー対策も行われています。

bitFlyerログイン時のセキュリティ対策
  • パスワードの共同チェック
  • アカウントロック機能
  • ログイン履歴の管理や自動タイマー

暗号資産の取引は、まだ法整備がしっかりと整っていないのが現状です。一方bitFlyerは、国内大手の取引所として、セキュリティー対策を行っています。自らのパスワード保護や、詐欺に注意をして暗号資産の取引を行っていきましょう。

ビットコインFXに挑戦できる

bitFlyerでは「bitFlyer Lightning」と言われるbitFlyer上で、FXに挑戦することができます。FX取引ではレバレッジをかけて取引を行えてレバレッジは最大2倍まで設定できます。レバレッジをかけて、上昇・下落の両方で利益を狙えるため、様々な戦略での投資ができます。

「bitFlyer Lightning」には現物取引と、取引の期間が決まっている先物取引があるため、選ぶ際にミスがないように注意をしましょう。FX取引でレバレッジをかけるという事は、リターンを最大限にする分、リスクも最大となってしまうことを頭に入れておきましょう。

(引用:bitFlyer)

bitFlyerアプリについての良い評判・口コミ

イト豪

★★★★★

セキュリティーがしっかりしていて初心者には解りやすく使いやすいです。

東京一太郎

★★★★★

変動状況が見やすく、売り買いもストレスなしで操作でき助かっています。

kaoru inagaki

★★★★

他のアプリはわからないけど、仮想通貨関連のニュースが色々見れるのが個人的に嬉しい

出典:Google Play プレビュー

bitFlyerアプリついての悪い評判・口コミ

ran mike

★★

即入金できんの?時間かかりすぎ。でも審査通すのは早いな。 スプレッドが思った以上に高かった。出金にも手数料かかるのはダメ。

Sky Bule

★★

取引不成立連発で買いたいときにすぐ買えない。

"

えふけい

★★

アプリの出来、見やすさとか国内取引所では特に好きなのですが、手数料はトップクラスに高い。

出典:Google Play プレビュー

bitFlyerのメリット

bitFlyer

bitFlyerのメリットは次の3つです。

bitFlyerのメリット
  • レバレッジ取引が可能
  • Tポイントをビットコインに交換できる
  • セキュリティーが強固

この3つについて詳しく解説していきます。

\Coincheckお得なキャンペーン開催中!/

coincheck-cp-may
※クリックするとキャンペーンサイトに移動します。

レバレッジ取引が可能

bitFlyerには「bitFlyer Lightning」と言われるレバレッジ取引ができるサービスがあるため、それを利用して取引が可能です。最大2倍のレバレッジをかけて取引を行うことが可能であるため、利益を最大にすることができる点が魅力です。

自分が持っている資産より、多く持っていることにすることができます。それにより多額の資金をかけたハイリスクハイリターンな取引を行うことが可能になります。短い期間で利益を得たいという方におすすめの投資手法となっています。

最初からレバレッジ取引をするのではなく、慣れてきて、より短期で資産を増やしたい場合はこの方法が適しているといえます。リスクが非常に高くなることを、認識した上でレバレッジ取引を行うことをおすすめします。

Tポイントをビットコインに交換できる

Tポイントをビットコインに変換することが可能で100ポイントからビットコインに交換できます。日本で初めてTポイントをビットコインに交換ができるようになりました。また、ビットコインでの決済をすることで、Tポイントを貯めることも可能です。500円以上のビットコイン決済でポイントが貯まるようになります。

対象加盟店にて、bitFlyerウォレットでビットコイン決済をするとTポイントが貯まる仕組みです。500円(税込)ごとに1ポイントが貯まるようになります。ビットコイン決済でポイントが貯まる条件は次の3つです。

・対象加盟店である。
・500円相当(税込)以上の決済である。
・bitFlyerウォレットでのビットコイン決済(Pay)による支払いである。

※2022年2月3日現在
引用元:bitFlyer「Tポイント | 仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)の購入/販売所/取引所【bitFlyer(ビットフライヤー)】」

対象加盟店はビックカメラ、ヤマダ電機、エイチ・アイ・エス、湘南美容クリニックなど多数の店舗が対象になっています。

セキュリティーが強固

「業界最長7年以上ハッキング0」を次世代セキュリティーで実現しており、安心して利用できるサポートも充実しています。

また、下記の点も整っています。

bitFlyerの基本的なセキュリティー対策
  • 暗号化技術の導入による通信セキュリティーの確保
  • 社内環境の防御、不正アクセスの常時監視
  • ネットワークの負荷分散のシステム上でのセキュリティー

ログイン時のセキュリティー対策は下記の通りです。

bitFlyerログイン時のセキュリティ対策
  • パスワードの共同チェック
  • アカウントロック機能
  • ログイン履歴の管理や自動タイマー

暗号資産の取引は、まだ法整備がしっかりとされていないのが現状です。そのなかでも、bitFlyerは国内大手の取引所として、セキュリティー対策を行っています。自らのパスワード保護や、詐欺に注意をして暗号資産の取引を行っていきましょう。

bitFlyerのデメリット

bitFlyer

次はbitFlyerのデメリットを2つ解説していきます。

仮想通貨積立はアプリからのみ

仮想通貨の積立設定をするにはアプリから行う必要があります。仮想通貨の積立はドルコスト平均法で行っていくため、価格の変動が大きい仮想通貨投資と相性が良いです。長期で投資をしていく投資家の方におすすめの投資手法となっています。この投資方法を行うにはアプリからしかできないのがデメリットの1つです。

しかし、この積立設定はアプリから気軽に設定や変更ができます。また1円から少額で積立ができ、積立の頻度は毎日、週1、月2、月1から選べるようになっています。金額や種類の変更も気軽にできるのが魅力です。

出金手数料が高い可能性がある

bitFlyerは出金の際は、銀行振込のみの対応となっており、銀行によって出金手数料が高くなる可能性があるので注意が必要です。三井住友銀行の口座への出金は出金額が3万円未満だと220円。3万円以上だと440円となっています。三井住友銀行以外の口座への出金は、出金額が3万円未満だと550円。3万円以上だと770円となっています。

そのためbitFlyerを使う場合は三井住友銀行を使うことで手数料をおさえることができます。bitFlyerに口座開設する際に、三井住友銀行の口座も開設しておきましょう。

Coincheckの特徴

Coincheck
監修者のコメント

Coincheckの特徴は3つあります。Coincheckだけで取り扱いのある通貨があること。アプリがシンプルで分かりやすく初心者向けであること。マネックスグループによる運営でセキュリティーが強固であること。この3つについて詳しく解説していきます。

Coincheckだけで取り扱いのある通貨がある

Coincheckではアルトコインの取り扱いが豊富です。イーサリアム、リップル、ネムは日本で取引ができる人気の高いアルトコインですが、Coincheckではこれら全てが取り扱われています。

また、Coincheckでしか取り扱いがない通貨もあり、それがパレットトークン(PLT)です。

パレットトークン(PLT)

パレットトークンは、エンターテインメント領域に特化しているプラットフォーム「パレット」で利用されている暗号資産です。パレットトークンはNFT市場の拡大に伴って問題となっている課題の解決を目的としています。将来的にNFT市場はより拡大していくと予想されており、パレットトークンの今後にも期待が集まっています。

アプリが初心者向け

Coincheckはアプリの設計にこだわっており、非常にシンプルでわかりやすくなっています。知識があまりない人にとっても操作しやすく、初心者にも使いやすいことが特徴です。Coincheckが実施したユーザーアンケートでも、Coincheckを利用する理由としてアプリの使いやすさを挙げる人が40%以上を占めました。

Coincheckを選ぶ理由
(引用:Coincheck)

暗号資産のチャートも、ワンクリックで確認でき、ビットコインはもちろん、イーサリアム、リップル等のチャートをすぐに確認できます。購入や売却の方法もシンプルで、流れにそって簡単に暗号資産の取引が可能です。

もともと、暗号資産という世界は、一部の人しか関心がない、非常に閉じた世界でしたが、それを優れたUI / UXによって誰もが簡単に使えるサービスを提供したい、というのがコインチェックの根幹です。

アプリダウンロード数国内No.1という実績を考えても、初心者におすすめのアプリといえるでしょう。

マネックスグループによる運営でセキュリティーが強固

マネックスグループという大手の企業が運営しており、セキュリティーが強固になっています。マネックスグループ株式会社は東京都港区赤坂に本店を置く金融持株会社です。具体的なセキュリティー面での対策は多くあり、預り金の管理、SMSデバイスによる2段階認証、SSL暗号化通信、ログイン時パスワードの強度チェック、アカウントロック、本人確認を行っており厳重なセキュリティーとなっています。

Coincheckでは、SSl暗号化などでシステムの安定性を保っており、さらにセキュリティー面でも2段階認証を採用しています。そのため安心してビットコインを取引できる環境が整っています。そのため、安心して暗号資産の取引を行うことができるようになっているのです。

(引用:Coincheck)

Coincheckアプリについての良い評判・口コミ

野田浩輝

★★★★

初心者でも直感で扱えるので助かりました。 また購入時に日本円でいくら購入する等、初心者に優しい仕様でありかだいです。

  

エージャロst

★★★★

初めての暗号資産取引ですが、必要な情報も分かりやすく見ることが出来て、毎日チャートを見るのが楽しみです。

ミノフェーヴル

★★★★

初めての取引でしたが、それほど時間もかからず、無事に口座開設、取引ができるよつになりました。 今後は実際に取引してからの評価になりますね。

出典:Google Play プレビュー

Cioncheckアプリついての悪い評判・口コミ

酒呑み蛙の戯れ言

★★★

暗号資産取引初心者向けです。UIは分かりやすくて使いやすいです。ただ、シンプルが故に販売所のみの取引で、スプレッドが広く、結果プラスになりにくいため、中級者以上にはオススメできません。

みやんまのん

★★

二段階認証が設定できません! 何度やっても。 Q&A等も参考にしてますが、できまへん。

moyashi T

不具合が多い。認証のための画像登録ができなかったり、撮影完了時に住所まで消えるなど

出典:Google Play プレビュー

Coincheckのメリット

Coincheck

Coincheckのメリットは6つあります。メリットをしっかり把握することで効率的に取引所を選べるため、しっかりおさえておきましょう。それぞれ詳しく解説していきます。

\Coincheckお得なキャンペーン開催中!/

coincheck-cp-may
※クリックするとキャンペーンサイトに移動します。

仮想通貨の取り扱いが豊富

Coincheckは取引所における仮想通貨の種類が豊富で、多くの選択肢の中から選んで暗号資産の取引を行うことが可能です。国内でも最多となる下記の17種類の仮想通貨を取り扱っています。

Coincheckで取り扱っている仮想通貨
  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • イーサリアムクラシック
  • リスク
  • サンド
  • リップル
  • ネム
  • ライトコイン
  • ビットコインキャッシュ
  • モナコイン
  • ステラルーメン
  • パレットトークン
  • クアンタム
  • ベーシックアテンショントークン
  • アイオーエスティー
  • エンジンコイン
  • オーエムジー

他の取引所では取り扱いが少ない暗号資産を購入することが可能です。また、その取引所でしか購入できない暗号資産も存在するため、自分が買いたい暗号資産があるかチェックしておきましょう。

自動積み立てサービス

Coincheckつみたて
(引用:Coincheck)

Coincheckでは、暗号資産で積み立て投資をすることができる「Coincheckつみたて」サービスを提供しています。毎月1万円から暗号資産の積み立て投資が可能で、入金から購入まで全て自動で行われるこのサービスは、購入のタイミングに悩む必要もなく、大きなリスクを負わずに長期の資産運用が可能なため、初心者にもおすすめの投資方法といえます。

貸暗号資産サービス

Coincheck貸暗号資産
(引用:Coincheck)

貸暗号資産サービスとは、Coincheckとユーザーが消費賃借契約を結び、ユーザーが保有する暗号資産を取引所に一定期間預け、期間終了後に預けた暗号資産と同等の資産を利率込みで返却するというサービスです。

Coincheckでは取り扱う全ての暗号資産に対して年率最大5.0%でこのサービスを実施しています。所有している資産を貸すだけで金利を得ることができるので、非常に効果的な資産運用であるとユーザーにも好評のようです。

NFT関連のアイテムなどを購入できる

またCoincheckでは、CoincheckNFT(β版)にてNFT関連のアイテムなども購入できます。CoincheckNFT(β版)とは、暗号資産とNFTの取引ができるマーケットプレイスです。Coincheckの口座を持っている人は誰でもNFTの出品、購入ができ、それにかかるガス代は無料です。

このCoincheckNFT(β版)ではカードゲームやメタバース上の土地のゲーム内のアイテムを売買できます。取り扱っているNFT関連のアイテムは下記の通りです。

取り扱っているNFT関連アイテム
  • 「CryptoSpells」
  • 「The Sandbox」
  • 「NFTトレカ」
  • 「Sorare」
  • 「Meebits」

カードゲームやメタバース(仮想空間)でのゲームのアイテムが豊富になっています。

電気・ガス料金の支払いも可能

Coincheckでは電気やガス料金の支払いもできます。電気やガス料金の支払いでビットコインがもらえたり、使ったりすることができます。電気・ガス料金のお得な2つのプランは次のとおりです。

電気・ガス料金のお得なプラン
  • ビットコイン付与プランでは、電気代の1〜7%、ガス代の3.0%がビットコインでもらえる
  • ビットコイン決済プランでは、ビットコインの支払いで電気代の1〜7%、ガス代の3.0%が割引になる

また安心で簡単な乗り換えがあり、今までと同様の電気やガスの品質で、切り替え費用は0円、また工事も不要になっています。解約手数料も無料になっているため、「違う」と思ったらすぐに切り替えることも可能です。「Coincheckを口座開設しよう」と考えている人は、電気代やガス代がお得になる可能性もあるため確認してみましょう。

チャート分析がTrade viewでしやすい

Coincheckのトレードビューは、トレードに特化した画面で、チャート分析がしやすいといえます。ビットコインと日本円の価格チャートや、すべての取引履歴の情報を1つの画面で確認できます。また、このサービスはCoincheckの基本サービスに含まれているため、無料で使えます。

Trade viewでは多くの情報を見ることができ、いろいろな視点から比較ができるためより難易度の高い取引を行えます。始め方は簡単で、パソコンからログインしてTrade viewをクリックします。するとTrade viewの画面に移動するため、すぐに取引できます。

Coincheckのデメリット

Coincheck

メリットだけではなくデメリットも事前におさえておくことで、取引の失敗が防げます。ここでは、Coincheckの3つのデメリットについて詳しく解説していきます。

販売所でしか買えないアルトコインが多い

販売所でしか買えないアルトコインが多いです。Coincheckの取引所を利用できるのはビットコイン、イーサリアムクラシック、サンド、モナコイン、パレットトークンの5種類のみです。その他の暗号資産(アルトコイン)は販売所で購入する必要があります。

代表的なアルトコインであるイーサリアムやリップルなどの暗号資産を購入したい場合は、取引所では購入できません。そのため、アルトコインは販売所で購入する必要があります。販売所で購入をすると、結果的に手数料が高くなる場合があるため、投資家にとってはとても大きな問題となります。

レバレッジ取引ができない

Coincheckでは2020年3月にレバレッジ取引を終了しています。そのため手元以上の資金で取引ができません。また、買いや売りの注文もできなくなっています。

レバレッジは手数料が高いため長期保有には向きません。その点、Coincheckは積立で購入できるサービスを行っており、長期保有を前提とする暗号資産の購入であれば、Coincheckはおすすめの取引所となっています。

アプリは販売所のみ

Coincheckのアプリは販売所のみです。しかし、スマホアプリ版のCoincheckは取引所が利用できません。そのため取引所を利用して暗号資産を購入する場合、パソコンやスマホのブラウザ上から取引を行う必要があります。アプリで何も考えずに販売所で買ってしまうと、手数料が高く取られるため注意が必要です。

ビットコイン、イーサリアムクラシック、モナコイン、パレットトークンを購入したい場合は、パソコンやスマホのブラウザから取引所を利用して購入するのがおすすめです。

bitFlyerがおすすめの人は?

bitFlyer

bitFlyerがおすすめの人は2つの特徴があります。1つ目は短期取引でアクティブに資産運用を増やしたい人です。ハイリスク、ハイリターンな取引ができるのが魅力です。2つ目はビットコイン取引を少額から始めたい人です。1円から購入することができるため少額から始められます。

この2つについて詳しく解説していきます。

短期取引でアクティブに資産を増やしたい人

短期取引でアクティブに資産を増やしたい人です。bitFlyerには「bitFlyer Lightning」と言われるレバレッジ取引ができるサービスがあります。このレバレッジ取引は、最大2倍で取引をすることが可能です。そのため、ハイリスクハイリターンの投資手法で暗号資産を購入できます。「短期間でリスクをとって資産を増やしたい」という人にとっては、オススメの投資手法です。

ただし、リターンを大きくすればリスクも最大化されることは注意しておきましょう。そのため、ある程度暗号資産の取引に慣れている人におすすめの方法となっています。

ビットコイン取引を少額から始めたい人

ビットコイン取引を少額から始めたい人にもオススメです。bitFlyerでは、ビットコインを1円から購入できます。そのため、初心者でも少ない金額から暗号資産を購入可能です。暗号資産は、価格の変動がかなり大きい金融商品です。そのため、価格の変動に慣れていない初心者の方にとっては、「怖い」と感じる人もいるかもしれません。

しかし、bitFlyerでは1円から購入して、値動きを見ることができます。そのため慣れてから金額を大きくしていくというようなことが可能です。初心者の人にとっては、少額からできるという点は大きなメリットといえます。

Coincheckがおすすめの人は?

Coincheck

次の2つにあてはまる方は、Coincheckがおすすめと言えます。1つ目は複数の通貨で取引したい人です。Coincheckでは取り扱われている暗号資産の数は17種類と非常に多くなっています。そのため多くの暗号資産の取引が可能です。

2つ目はスマホで手軽に取引をしたい人です。Coincheckはアプリがあるため、スマホで簡単に見ることができます。

複数の通貨で取引したい人

複数の通貨で取引をした人はCoincheckがおすすめです。Coincheckは、暗号資産の数が17種類と豊富にあるためです。また主要なアルトコインであるイーサリアム、リップル、ネム等の取り扱いも行われているのが魅力です。他にもCoincheckならではのあるとコインも存在するため複数の通貨で取引がしたい人にはCoincheckがおすすめです。

スマホで手軽に取引をしたい人

スマホで手軽に取引をしたい人も、Coincheckがおすすめです。Coincheckにはスマホアプリ版があり、このアプリから実際に暗号資産の購入が可能です。購入方法も「購入」をクリックし、金額を入力すればすぐに購入が可能です。

Coincheckのスマホ版は非常に見やすく、背景も白で統一されシンプルな設計になっています。スマホ画面で、暗号資産のチャートの確認ができるため、お手軽に取引が可能となっています。

しかし、アプリでは販売所でしか暗号資産を購入することができない点には注意が必要です。「取引所を利用したい」という人はパソコンから暗号資産の購入を行いましょう。

bitFlyer、Coincheckのアプリがおすすめなのはこんな人

bitFlyer/Coincheck

それぞれの取引所には、独自のスマホアプリが存在します。その中で両者を比較するとbitFlyerのアプリは、取引所するところ、販売所するところそれぞれの金額が表示されるため、両者を比較して取引を行えるのが利点です。

一方Coincheckのアプリはわかりやすさ、使いやすさが重要視されており初心者の方でも扱いやすいものとなっています。

bitFlyerは上級者におすすめのアプリ

bitFlyerは上級者にオススメのアプリとなっています。このアプリは取引所と販売所の金額がわかりやすく比較できるようになっており、取引・販売所それぞれを比較して暗号資産を購入することが可能です。

また、暗号資産に関連するニュースを見ることができ、最新の情報を入手しながら取引ができるのが魅力です。こちらのアプリも操作は難しくありませんが、上級者におすすめのアプリといえます。

Coincheckは初心者に使いやすいアプリ

一方Coincheckは、初心者が使いやすくシンプルな画面となっており、機能性も重要視されています。各通貨のチャートを表示できるため、通貨ごとに分析がしやすくなっているのが特徴です。またチャット画面も自由に切り替えることができ、簡単な操作で使用できる、とてもシンプルな設計になっています。そのため初心者の方はCoincheckがおすすめです。

\Coincheckお得なキャンペーン開催中!/

coincheck-cp-may
※クリックするとキャンペーンサイトに移動します。

bitFlyerのお得なキャンペーン

bitFlyer

bitFlyerを口座開設するなら、お得なキャンペーンがあるためそちらも必ずチェックをしましょう。bitFlyerクレカのキャンペーン・アプリ限定ログインキャンペーンそれぞれ確認をしましょう。

bitFlyerクレカのキャンペーン

ビットコインが貯まる、bitFlyerクレカがただいまキャンペーン中です。2021年12月1日から2022年3月31日まで入会キャンペーンを実施しておりカードご入会で先着10,000名にもれなく500円相当のビットコインがもらえます。さらに、bitFlyer Platinum Cardの場合はカードを使うことでもらえるビットコインの還元率が最大2.5%上がります。

Coincheckのお得なキャンペーン

coincheck

Coincheckのお得なキャンペーンも確認しておきましょう。Coincheckには、PLT購入キャンペーンというお得なキャンペーンが行われていました。PLTという暗号資産を購入することで、抽選で100名に暗号資産がもらえるというキャンペーンです。

PLT購入キャンペーン

Palette Token(PLT)の購入の申込をした中から抽選で100名様に対し、10,000円相当のPLTが当たるキャンペーンが実施されていました。現在は行われていませんが、今後また行われる可能性はあるため、Coincheckの最新情報はチェックしておきましょう。

CoincheckとbitFlyerのメリット・デメリットを比較して自分に合った取引所を選ぼう

coincheck and bitflyer

ここまでCoincheck、bitFlyerのそれぞれの特徴やメリット・デメリットを比較してきました。

bitFlyerは1円から取引できるため、少額から暗号資産取引を始めてみたい方におすすめです。一方でCoincheckは取り扱い通貨が豊富なため、色々な通貨の取引にチャレンジしてみたい方に向いていると言えます。

それぞれの取引所の特徴をしっかりと比較し、自分にあった取引所で暗号資産取引を始めてみましょう。

\Coincheckお得なキャンペーン開催中!/

coincheck-cp-may
※クリックするとキャンペーンサイトに移動します。
この記事の監修者

暗号資産(仮想通貨)の取引に関するQ&A

暗号資産(仮想通貨)の取引に関する質問をまとめました。今回の記事の結論がまとまっている質問の回答となっているため、確認してみてください。

暗号資産(仮想通貨)の取引は新たに口座開設が必要ですか?
暗号資産の取引のためには新たに口座開設が必要です。すでに証券用の取引口座を所有していたとしても、別途暗号資産の口座を開設する必要があります。各証券会社の手続き方法を確認しておきましょう。
アルトコインならどこの取引所がおすすめですか?
アルトコインであれば、Coincheckが1番おすすめの取引所です。理由は取り扱っているコインの数が豊富であるためです。Coincheckでは17種類もの暗号資産を取り扱っています。主要なアルトコインであるイーサリアム、リップル、ネム等のアルトコインの購入が可能です。自分の購入したいアルトコインが取り扱われているのか確認して購入しましょう。
取引所によって最低取引額は違いますか?
Coincheckでは最低の取引額は500円から、bitFlyerは1円から取引が可能です。それぞれ小額で取引できるため、初心者向きの取引所といえます。最初は少額から始めて、暗号資産の値動きに慣れてきたら金額を増やしていくのがおすすめです。
bitFlyerとCoincheckのメリットとデメリットはなんですか?
bitFlyerのメリットは下記のようなものです。
bitFlyerのメリット
  • レバレッジ取引が可能
  • Tポイントからビットコインできる
  • セキュリティーが強固
  • 店舗で決済が可能である

またデメリットは、下記の通りです。

bitFlyerのデメリット
  • 仮想通貨積立はアプリからしかできない
  • 出金手数料が高い可能性がある
Coincheckのメリットは、下記の通りです。
Coincheckのメリット
  • Coincheckだけで取り扱いのある通貨がある
  • 積立やレンディングが可能である
  • NFT関連のアイテムなどを購入できること
  • 電気ガス料金の支払いも可能であること
  • チャート分析がトレードビューでしやすいこと
     デメリットは下記の通りです。
Coincheckのデメリット
  • 販売所でしか買えないアルトコインが多いこと
  • レバレッジ取引ができないこと
  • アプリは販売所のみであること
それぞれのメリット・デメリットを比較した上で自分にあった取引所を選びましょう。

bitFlyerとCoincheckはどちらがおすすめですか?
暗号資産の取引が初心者か上級者かによって、おすすめが異なります。上級者の人は、しっかり情報収集して分析して比較できるbitFlyerがおすすめです。ニュースなども読めるため、しっかり情報収集して分析したい人にとってはbitFlyerが使いやすいといえます。 一方、初心者の場合はシンプルでわかりやすく、アプリ版もあるCoincheckがおすすめです。積立設定も可能であり、長期保有を前提とする場合もCoincheckの方がおすすめです。それぞれの取引所で特徴が異なるため、自分にあった取引所を選んで口座開設を行いましょう。口座開設自体はどちらも無料でできるため、両方開設しておくことをおすすめします。
関連記事
リップルの価格は100万円になる?その根拠と暴騰した事例を紹介
ビットフライヤー(bitFlyer)の評判を深堀り!口コミも紹介
【2022最新】コインチェックの評判を一挙紹介!安全対策やメリット・デメリット
仮想通貨の将来性は?今後期待されているコインをランキングで紹介!
【超初心者向け】ビットコインとは?仕組みや始め方をわかりやすく解説!