暗号資産,仮想通貨,取引所,アプリ
(画像=Money Method編集部)

暗号資産を運用するため、取引所アプリを利用する人も多いです。しかし、中にはメリット・デメリットや特徴を把握していないばかりに損をしてしまう人もいます。この記事では取引所アプリを最大限活用できるように、取引所アプリの選び方やおすすめアプリ5選、メリット・デメリットを徹底解説します。

  1. おすすめ暗号資産(仮想通貨)取引所アプリの比較表
  2. おすすめの暗号資産(仮想通貨)取引所ランキング
  3. 初心者におすすめの暗号資産(仮想通貨)国内取引所アプリ5選
  4. 暗号資産(仮想通貨)取引所アプリの選び方
  5. おすすめの暗号資産(仮想通貨)海外取引所アプリ5選
  6. 暗号資産(仮想通貨)取引所アプリを利用するメリット
  7. 暗号資産(仮想通貨)取引所アプリを利用するデメリット
  8. 暗号資産(取引所)アプリが向いている人
  9. 取引所アプリ以外で便利なアプリ4つ
  10. 暗号資産(仮想通貨)取引におすすめな手数料の安い取引所ランキング
  11. メリット・デメリットを知り自分に合った暗号資産(仮想通貨)取引所アプリを!
  12. 暗号資産(仮想通貨)取引所アプリに関するよくある質問

おすすめ暗号資産(仮想通貨)取引所アプリの比較表

暗号資産には買い手と売り手を仲介する取引所があり、取引所を運営する会社が、取引に使えるスマホアプリを提供している場合があります。暗号資産の取引はパソコンなどを利用してブラウザで行うこともできれば、暗号資産取引所アプリを利用してスマホで取引することも可能です。おすすめの暗号資産取引所のアプリの機能やセキュリティ対策などを下記の表にまとめました。

おすすめの取引所 ユーザー評価 口座開設 機能 サービス セキュリティ対策
Google Play App Store
Coincheckロゴ 3.8

4.3

口座開設
販売所
ウォレット
Coincheckつみたて
Coincheckでんき
Coincheckガス
日本円の入出金
暗号資産の入出金
チャート機能
取引履歴の閲覧
価格アラート・朝イチ通知
通貨別チャット機能
ウィジェット機能
2段階認証
PINコードロック
自動タイムアウト
アカウントロックなど
bitFlyerロゴ 3.6

4.3

販売所
取引所
Lightning
ウォレット
かんたん積立
bitFlyerクレカ
Tポイントサービス
日本円の入出金
暗号資産の入出金
チャート機能
取引履歴の閲覧・ダウンロード
評価損益の確認
暗号資産ニュース
価格アラート
ウィジェット機能
2段階認証
ログイン通知
自動タイムアウト
アカウントロックなど
LINE BITMAXロゴ 4.2

2.8

口座開設
販売所
ウォレット
暗号資産貸し出しサービス
NFTマーケットβ
日本円の入出金
暗号資産の入出金
チャート機能
価格アラート
生体認証対応
全顧客資産をコールドウォレットで管理
セキュリティ強化専門チームなど
GMOコインロゴ 3.7

2.3

販売所
取引所
暗号資産FX
ウォレット
日本円の入出金
暗号資産の入出金
ノーマルモード(販売所取引)
トレーダーモード(全取引)
チャート機能
価格アラート
口座情報の確認・更新
資産推移グラフ
2段階認証
ログイン履歴の記録・通知
外部専門家の定期的なシステム脆弱性診断
GMOグループでの脆弱性情報の収集など
DMM Bitcoinロゴ 3.9

4.3

販売所取引(現物・レバレッジ)
ウォレット
日本円の入出金
暗号資産の入出金
STモード(現物)
EXモード(現物・レバレッジ)
チャート描画機能
ワンタップ注文
2段階認証
端末認証
通信及び社内端末の常時監視など


暗号資産取引で利用するアプリを選ぶ際は、アプリでどのような機能が使えるのか、またアプリ自体のセキュリティ対策などもしっかりと確認してから選ぶことが大切です。特にパソコンで取引することが少なく、スマホをメインで使うという場合は、各取引所のアプリの機能を比較して慎重に検討しましょう。

おすすめの暗号資産(仮想通貨)取引所ランキング

アプリ評価も含めた暗号資産取引所の総合ランキング、手数料ランキング、取扱通貨数ランキングを下記の表にまとめました。

2022年3月4日現在
引用元:GMOコインCoincheckHuobi Japan
DMM BitcoinbitFlyerbitbankBITPOINTLiquid by FTXSBI VCトレードLINE BITMAX

初心者におすすめの暗号資産(仮想通貨)国内取引所アプリ5選

ここからは暗号資産取引所アプリのなかでも、国内でおすすめのものを5選紹介します。初心者にも使いやすいものばかりなので、ぜひ参考にしてください。

暗号資産(仮想通貨)5つのおすすめ国内取引所アプリ
  • Coincheck
  • bitFlyer
  • LINE BITMAX
  • GMOコイン
  • DMM Bitcoin

Coincheck

Coincheckの概要
取扱通貨(販売所) 16通貨
BTC/ETH/ETC/LSK/FCT/XRP/XEM/LTC/BCH/MONA/XLM/QTUM/BAT/IOST/ENJ/OMG
取扱通貨(取引所) 5通貨
BTC/ETC/FCT/MONA/PLT
最低取引数量(販売所/BTC) 500円相当額以上
最低取引数量(取引所/BTC) 0.005BTC以上かつ500円相当額以上
取引手数料(販売所) 無料
取引手数料(取引所) 無料
送金手数料(BTC) 0.0005 BTC〜(変動手数料制)
入金手数料 銀行振込:無料
クイック入金:770円〜
コンビニ入金:770円〜1,018円
出金手数料 407円
レバレッジ取引 -

Coincheckは数ある暗号資産取引所の中でも知名度が高いと言えるかもしれません。500円から取引を始められるので、大きな資金を用意できない初心者でも口座開設しやすい環境となっています。

アプリの特徴

Coincheckはアプリの画面が見やすく、シンプルである点が特徴で評判も高い傾向にあります。アプリのダウンロード数はNo.1で、取扱通貨数も多いことから様々な暗号資産の取引を安全に行えるでしょう。積立の投資も可能で、初心者でも継続的に投資をしていける点もメリットです。

スプレッド

Coincheckのスプレッドは暗号資産の価格変動や市場の流動性によって変化します。傾向として、販売所取引よりも取引所取引の方が広い傾向です。

口コミ

Coincheckには以下のような口コミがありました。

Coincheckの口コミ

30代/男性 正社員

まず最初に、アプリ自体は色遣いや文字サイズが丁度よく、とても見やすく感じました。また操作性もよく初めての方でも直感的に使用することができると思います。取引も非常にスムーズでストレスなく使用することが可能です。取引をする際も二段階認証が採用されているので、セキュリティの面でも心配することなく使用することができます。

30代/女性 正社員

シンプルで直観的に操作ができるのでとにかく使い勝手がいいです。他のアプリに比べてチャートや時価評価額が見やすく、初心者の方でも問題なく使うことができると思います。プッシュ通知機能もあるため、タイミングを逃すことなく購入できるのが嬉しいです。ビットコイン取引所のアプリダウンロード数1位なのも納得です!

40代/男性 正社員

コインチェックは使いやすいスマホアプリを提供しています。アプリではチャートや時価評価額のチェックだけでなく、日本円の入出金、仮想通貨のオーダーや売買、受取りや送金ができます。スマホさえあれば、ほとんどすべてコインチェックのスペックを使いこなすことができるのです。また、総資産画面やチャート画面が分かりやすいです。

40代/女性 専業主夫

トップページは見やすくチャートもわかりやすいよいと思います。切り替えもスムーズ。取引履歴も見やすく、売買も比較的簡単ですが、いわゆる手数料にあたる売りと買いの差がかなり大きいので頻繁に売買するのには向かないと思ってしまいます。あと、Coincheckつみたての画面が少しわかりにくいのがもったいないです。

30代/男性 正社員

販売所がとにかく使いやすいです。入金、通貨の購入、日々の値動きを確認する操作がすべて簡易で初心者でもスムーズに行えました。販売所は手数料が高いので、比較的安い取引所を使いたいと思うとアプリは少々使いにくいです。販売所がメインのアプリなので、取引所での購入方法がなかなか分かりませんでした。不可能ではないですが、操作が難しいです。

初心者にも使いやすいアプリであるという意見が多いものの、手数料について不満を持っているユーザーが多いようです。

bitFlyer

bitFlyerの概要
取扱通貨数(販売所) 14通貨
BTC/ XRP/ETH/ XTZ/ XLM/ ETC/ XEM/ BAT/ LTC/ BCH/ MONA/ LSK/ DOT/ LINK
取扱通貨数(取引所) 6通貨
BTC/ ETH/ BCH/ MONA/ XRP/ XLM
最低取引数量(販売所/BTC) 0.00000001BTC
最低取引数量(取引所/BTC) 0.001BTC
取引手数料(販売所) 無料
※別途スプレッドがあります
取引手数料(取引所) 0.01~0.15%
送金手数料(BTC) 0.0004BTC
入金手数料 ・銀行振込:無料
・クイック入金
  住信SBIネット銀行:無料
  住信SBIネット銀行以外:330円
出金手数料 220〜770円
レバレッジ取引 2倍

\初心者から上級者まで使いやすいアプリ/

bitFlyerはビットコインの取引量がNo.1の取引所です。ビットコインを中心に取引したい人に向いています。他にもモナコインやリップルといった暗号資産があるので、様々な資産で取引可能です。

アプリの特徴

bitFlyerは主にビットコインで様々なスタイルで投資できるのが特徴です。アプリでも通常の取引以外に、ビットコインの積立投資で少しずつ投資額を増やしていくことができ、さらにTポイントをビットコインに変えることもできます。取引の最小単位が1円からなので、初心者でも気軽に始めることが可能です。

また、基本的に初心者でも使いやすいアプリですが、プロ向け仮想通貨取引ツールも使えるため、上級者も満足できるアプリとなっています。

スプレッド

bitFlyerはLightningの板で売買の価格を確認できます。買いを示すAskの価格と売りを示すBidの価格がそれぞれ上段と下段に表示されます。中段には最終取引価格とスプレッドが表示されるので、そこでスプレッドを確認しましょう。

口コミ

bitFlyerには以下のような口コミがありました。

bitFlyerの口コミ

20代/男性 その他

やはりbitFlyerの良い点としては、アプリのUI及びUXが優れている点にあります。現在の価格がわかるチャートなどの便利さが他と群を抜いているとおもいます。また、ポイ活が流行っている現状からしてもポイント交換サービスはとても便利且つ魅力的でした。ポイントが腐ることなく有効活用できるのも素晴らしいと思います。

20代/男性 正社員

基本的にアプリのUIは操作・チェックしやすい仕様になっていると思います。取り扱い通貨も豊富であると感じています。積立サービスも一般的は金融機関のサービス比較で遜色ないと思います。Tポイント交換機能は利用なしです。ポイント等に還元できる機能はこの低金利の時代には良い機能だと思います。全般的に、コインチェック比で劣らないサービスだと感じています。

30代/その他 正社員

アプリはとても使いやすかったです。なにより動作が軽い。これがとてもよかったことでした。あんまり私は使っていたわけではないのですがポイントサイトからの交換とかもできるので、それはとても素晴らしい機能性と感じました。取り扱い仮想通貨の種類が多いというのも魅力的なところであり、何かと柔軟な取引ができるというのは魅力的でした。

20代/女性 正社員

チャート画面が1ヶ月、1日など決められた範囲のものしか表示できない。初心者にとっては操作が少なくても感覚的に見れる分分かりやすいが、投資に慣れてきて自分のみたい期間だけ表示したり、テクニカル分析のための線を引いたりしたい人にはアプリでは物足りないと思う。たまにサーバーが重くなり、取引完了まで時間をとられることがある。

20代/男性 正社員

スマートフォン用のアプリでお知らせが見ずらいことがアプリの使いずらさとして挙げられます。現状、アプリ内ではお知らせの専用ページが用意されており上下にスライドすることで内容を確認できます。ただ、お知らせの内容がすべて開かれた状態になっており、すべての内容を確認するのが不便に感じています。タイトルが一覧で表示され、タイトルをタップすることで詳細な内容が確認できるようになると嬉しいです。

アプリについては、シンプルな仕様を使いやすいと好感を持つ人がいる一方で、機能に物足りなさを感じるユーザーもいるようです。

\初心者から上級者まで使いやすいアプリ/

LINE BITMAX

\LINEアプリで取引ができる!/

LINE BITMAXはチャットアプリのLINEから登録できる取引所です。入出金手続きもLINE Payを利用すれば簡単に手続きできます。普段からLINEやLINE Payを利用する人には、使いやすいアプリと言えます。

アプリの特徴

LINE BITMAXは他の取引所アプリと違って、LINE機能の一部のため、新たにダウンロードをしなくてよいです。他のアプリよりも手軽に始められると言えます。またLINE Payなど、他のLINEのアプリなどと横のつながりをもって使えるので、様々な面でシナジー効果も期待できるでしょう。

スプレッド

LINE BITMAXのアプリは他の取引所のものと違ってLINE機能の一部のため、新たにダウンロードをしなくていいという特徴があります。そのため、他のアプリよりも手軽に始められると言えます。またLINE Payなど、他のLINEのアプリと連携して使えるので、操作性も高く扱いやすいでしょう。

口コミ

LINE BITMAXには以下のような口コミがありました。

LINE BITMAXの口コミ

40代/男性 正社員

SNS最大手のLINEからの暗号資産売買ツールなのでセキュリティ等安心して使えるのが特徴です。取引通貨も厳選されビットコインは元よりイーサリアム等有名どころを取引できるなど初心者には受け入れやすいアプリだと感じております。またLINKという通貨に関しては他の大手取引所では扱っていないところが多いので、そういうところもねらい目かなと思っています。

30代/男性 専業主夫

私が、LINE BITMAXでアプリで良かった内容としましては、便利な日本円での入出金機能があることと、かんたんな暗号資産売買ができることでありました。それに加えまして、安全でスピーディーな暗号資産の入庫、出庫があることや、スマホで簡単な本人認証が最高でした。通常本人認証は、免許証等を写真撮影して送付しないといけないのですが、それをしなくても良い利便性に魅了されました。

20代/男性 正社員

LINEのアカウントを所持していれば簡単にログインをすることが可能で、比較的すぐに始めることができたのは良かったと思います。LINEを開いてからウォレットを選択すればすぐに始められますし、おすすめです。また、初心者にも優しいようになっており、少額からの取り引きが可能になっているのも素晴らしいと思いました。

40代/男性 正社員

LINE BITMAXなら、普段使っているLINEアプリから取引できます。また、LINE Payを利用することで入出金が簡単にできて、手数料も抑えられるため、LINEサービスを普段から使っている人に向いています。ただし、取扱通貨数が6種類と少ないのがネック。ビットコインやイーサリアムなどメジャーな通貨は取引できるため、メジャー通貨しか取引しないなら問題ありません。

普段使い慣れている人も多いLINEの提供するアプリということで、その安心感をメリットとして挙げるユーザーが多いようです。

\LINEアプリで取引ができる!/

GMOコイン

\取り扱い通貨数国内No.1/

GMOコインは20種類の暗号資産取引が可能な取引所を運営しています。口座開設を最短10分で完了させられるので、これから暗号資産を初めて購入する人でもすぐに始めることが可能です。

アプリの特徴

GMOコインの特徴は手数料の多くが無料で始めやすく、一部上場のGMOグループが運営しているため安全性も高いと言えます。セキュリティ対策が万全なので、情報や資金の流出の心配がほぼありません。また、レバレッジ取引や販売所取引など、豊富な取引方法のなかから自分に合ったものを選べます。

GMOコインのアプリ「GMOコイン 暗号資産ウォレット」は、iOS、Androidどちらでも利用できます。アプリでは、様々な暗号資産の購入やレバレッジ取引などが可能です。

またノーマルモードとトレーダーモードの2種類のモードが利用できるのも特徴です。初心者の方にはシンプルに使える「ノーマルモード」、様々な機能を使いたい方には高機能チャートやアラート機能などが使える「トレーダーモード」の2種類を、スタイルに合わせて切り替えながら利用できます。

ビットコインFX、アルトコインFXなどのFX取引もアプリでできるため、初心者から上級者まで使いやすいアプリだと言えます。

スプレッド

GMOコインでは売値と買値が並んで表示される「2way方式」をとっており、この価格差をスプレッドとして確認できます。スプレッドはタイミングによって変わるので、必要に応じて確認しましょう。

口コミ

GMOコインには以下のような口コミがありました。

GMOコインの口コミ

30代/男性 正社員

チャートに関しては、スマホで使う割にはかなり見やすくて種類も豊富ですので、見やすいのが良いと思います。取引をする際にもボタンは簡素ですので、それほど迷うことなく利用が可能でありますので、やりやすさの面ではかなり良かったと思います。プッシュ通知でお金の動きも把握しやすいので、このあたりも迅速な取引に一役買っていると言えます。

40代/男性 正社員

ひとつのアプリで販売所、取引所、暗号資産FXへのアクセスはもちろんのこと、日本円の入出金及び仮想通貨の預入・送付。口座情報の確認や更新まで「アプリで全て完結する設計」となっています。またテクニカル指標も12種類搭載。そして、トレンドラインや4種類のフィボナッチの描写も可能です。さらに、チャートは最大4分割が可能。4パターンの保存できるため、仮想通貨別の比較など様々な使い方が可能となっています。

40代/男性 個人事業主

注文にあたってはボタンを押して操作するが、その大きさが大き目なのが良い。小さいと誤操作の原因にもなってしまい、場合によっては大損をしてしまう可能性もある中で、その抑止効果があると思われる点が良い。また注文や取引履歴などの区分について画面が別々なので、必要となる情報の混在が無く、総体的に見やすく理解し易い仕様になっているのが良い。

40代/男性 個人事業主

取引の画面は他社と比べても、ベーシックなデザインで見やすく、必要最低限のことは出来ると思います。チャートの細かい設定や保存などはPCの方が扱いやすいので、PCを見ることが多いです。特に使い勝手の上で問題はないのですが、色の設定が手軽に行いやすくなればなと言う点と、OCO、IDF、IDFOCOが使えればなと思いました。

アプリについては、初心者にもわかりやすく、使いやすいツールであるというポジティブな意見が多く見られました。

\取扱通貨数国内No.1/

DMM Bitcoin

\国内唯一のBitMatch注文に対応!/

DMM BitcoinはDMMが運営する暗号資産取引所です。SMS認証で本人確認ができるため、口座開設まですぐに完了できます。レバレッジ取引に興味のある人に特におすすめの取引所です。

アプリの特徴

DMM Bitcoinの「スマートフォン版取引システムアプリ」はiOS、Androidどちらでも使用でき、初心者向けのSTモードと上級者向けのEXモードを切り替えながら操作できます。STモードでは注文方法やチャートなどがシンプルで使いやすくなっていますが、EXモードでは様々な注文方法や多機能なチャート表示が可能です。始めはSTモードで、慣れてきたらEXモードで様々な機能を使いこなしてみましょう。

またDMM Bitcoinは国内の取引所で最もレバレッジ取引が充実している取引所です。最大で資金の2倍相当の額で取引できます。アプリでもレバレッジ取引が利用できるため、興味のある人はぜひ利用してみてください。

スプレッド

DMM Bitocoinのスプレッドは市場の流動性の変化や価格の急変によって変動します。そのため取引の際は常に注意しましょう。

口コミ

DMM Bitcoinには以下のような口コミがありました。

DMM Bitcoinの口コミ

20代/女性 正社員

いろんなアプリを使ってみた中で、DMMビットコインのアプリが一番見やすいです。特にチャートが分かりやすくて、テクニカル指標などもついていて的確になっています。取引方法もシンプルで分かりやすいので初心者にはおすすめです。チャートを見ながらワンタッチで発注できる点が他に比べて優れていると思います。外出先でも安心して見ることもできます。

30代/男性 正社員

DMMビットコインのアプリで素晴らしいと思えた所は、必ず取引をする画面でスプレッドが中間に表示されますので、かなりみやすいと思いました。また、注文数量の下にあるスリッページと言う注文したときの価格と、実際に注文が成立したときの価格差が表示されており、取引をする上でかなり重要な情報となり、重宝しました。

40代/男性 正社員

DMMグループは「DMM FX」などのネット証券会社などを運営しているということもあり、トレードアプリが非常に使いやすく作られています。スマホアプリからワンタッチで現物・レバレッジの両方の注文を出すことができます。DMM Bitcoinには「4分割チャート」という機能が備わっています。他の取引所には無い仕組みですし、暗号資産の価格変動をパッと見て把握することができ、非常に便利です!

30代/男性 正社員

チャートのチェック、保有商品の確認、購入時手続きなどの日常的に行う操作について、他の仮想通貨取引所のアプリと比べて使いづらい点は見当たらない。一方、特段の強みも見受けられないように思う。他のアプリにも共通しているが、クイック入金を行っても入金が完了するまで何時間かかかるときがあり、急いでいるときなどは少々苛立つときがある。

30代/男性 正社員

入金も特に難しくなくアプリからブラウザを通して簡単に行うことが出来て使いやすい。購入方法もアプリから欲しい仮想通貨を選んで直感的な操作で購入出来るので扱いやすい。チャートも見やすく、取引履歴をアプリ上で確認することが出来るのは便利。レバレッジ取引できる通貨が多くあるのでレバレッジ取引を考えている人にはおすすめ。

アプリについて、直感的に操作できるUI・機能面ともに満足しているユーザーが多いようです。

\国内唯一のBitMatch注文に対応!/

上記の比較表を見てどのアプリが良いか迷っている場合は、Coincheckをおすすめします。

少額からでも始められる、画面がシンプルで見やすいといった点で、初めての方でも利用しやすいアプリです。

暗号資産(仮想通貨)取引所アプリの選び方

取引所アプリの選び方

スマホで取引できる便利な暗号資産取引所アプリですが、どのアプリを選べばよいのかわからない人も多いでしょう。暗号資産取引所アプリは自分に合ったものを選ぶのが一番です。また、アプリを選ぶということは、取引所を選ぶことも意味します。そのため、以下の観点から選ぶのがおすすめです。

暗号資産取引所アプリを選ぶポイント
  • 手数料の安さで選ぶ
  • 搭載されている機能から選ぶ
  • セキュリティ対策の充実度から選ぶ
  • 使いやすさから選ぶ
  • 取り扱っている通貨から選ぶ

手数料の安さで選ぶ

暗号資産取引では主に売買、送金、入出金に手数料がかかってきます。また、これらに加えて売値と買値の差を示すスプレッドも実質的な手数料です。この手数料は取引所によって金額が異なります。そのため、複数の取引所を比較したうえで最も手数料の安い取引所を選ぶことが重要です。

取引所名 取引手数料(販売所) 取引手数料(取引所) 入金手数料 出金手数料
DMM Bitcoin 無料 - 無料 無料
コインチェック 無料 無料 無料〜1,018円 407円
bitFlyer 無料 0.01〜0.15% 0円〜330円 220円〜770円
GMOコイン 無料 Maker -0.01%
Taker 0.05%
無料 無料
SBIVCトレード 無料 無料 無料 0円〜145円
取引所名 取引手数料(販売所) 取引手数料(取引所) 入金手数料 出金手数料
DMM Bitcoin 無料 - 無料 無料
コインチェック 無料 無料 無料〜1,018円 407円
bitFlyer 無料 0.01〜0.15% 0円〜330円 220円〜770円
GMOコイン 無料 Maker -0.01%
Taker 0.05%
無料 無料
SBIVCトレード 無料 無料 無料〜1,018円 407円

アプリの機能から選ぶ

アプリは取引所ごとに機能が違うので、よく確認しましょう。たとえばDMMビットコインは成行注文や指値注文といった一般的な注文方法からBitmatch注文など、少し特殊な注文方法まで幅広く選択できます。また、コインチェックではチャット機能から様々な情報を選べます。このようにアプリには様々な機能が搭載されているので、これを比較することも重要です。

\国内唯一のBitMatch注文に対応!/

セキュリティ対策から選ぶ

暗号資産取引所では不正アクセスなどにより、資金が盗まれてしまった事例もあります。取引所選びではこうしたセキュリティ面も気をつけましょう。たとえば過去の事件を調べたうえで、そういったトラブルが起きていない取引所や、起きていてもそのあとに対策をしている取引所は注目でしょう。

また、アプリを使用する場合はアプリ自体のセキュリティ対策も重要なポイントです。誰でも簡単にログインできてしまうようでは安心して利用できないため、アプリ自体にセキュリティが備わっていることも確認しましょう。

暗号資産取引はまだまだ発展途上なので、セキュリティ面に不安があることもあり得ます。事前にしっかりとリサーチしましょう。

使いやすさから選ぶ

取引所だけでなくアプリ全般に言えることですが、操作が簡単で使いやすいことも重要です。取引所アプリでは売買までの操作が簡単か、必要な情報を素早く入手できるかなどを気にしてみてください。操作性が悪いと、取引のチャンスを逃したり、必要な情報を見逃したりしてしまう可能性があります。

以下はアプリストアの口コミです。操作がしやすいアプリは高い評価を受けています。

良い口コミ

アイコン

不具合もなくサクサク動きます。 シンプルかつ感覚的に使い方がわかるようにアプリが作られているため、使用法に困るということもないです。 価格が変動したら通知してくれる機能もあります。 個人的には満足! 今後にも期待してます。

アイコン

直感的に操作でき、チャート等見やすく分かりやすい。初心者でも簡単に始められる。

アイコン

使いやすいと思います。ui設計もわかりやすいです。 各ボタンや、文言なども取っつきやすくて、すぐに使うことが出来ました。

悪い口コミ

アイコン

毎回 再再起動しないとアプリが起動できません、 何とかならないでしょうか?

アイコン

送金の煩わしさが半端ないです。仮想通貨の数量が手動な上にそのページには手持ちの数量の表示なし。

取扱通貨から選ぶ

暗号資産取引所によって、取り扱っている通貨が異なります。そのため、自分が取引しようとしている通貨がない場合も考えられるのです。取引所を選ぶ前に、まずどの暗号資産をメインで取引するのか決めておきましょう。

たとえば2022年1月現在、コインチェックは17種類の暗号資産を取り扱っています。一方でLINE BITMAXは6種類です。このように取引所ごとの取扱通貨の種類と違いは確認が必要となります。

取引所名 取扱通貨数
合計 販売所 取引所
GMOコイン 20通貨 20通貨 9通貨
コインチェック 17通貨 16通貨 5通貨
bitFlyer 14通貨 14通貨 6通貨
DMM Bitcoin 14通貨 14通貨 -
BITPOINT 12通貨 12通貨 8通貨
取引所名 取扱通貨数
合計 販売所 取引所
GMOコイン 19通貨 17通貨 9通貨
コインチェック 17通貨 16通貨 5通貨
bitFlyer 14通貨 14通貨 6通貨
DMM Bitcoin 14通貨 14通貨 -
BITPOINT 12通貨 12通貨 8通貨

おすすめの暗号資産(仮想通貨)海外取引所アプリ5選

ここからは国内ではなく、海外の暗号資産取引所アプリを紹介します。最近では海外発の取引所アプリが日本人向けにリリースされていることもあります。

海外取引所のアプリを選ぶ場合は、下記のような点に注目しましょう。

・日本語対応しているのか ・セキュリティ対策は万全か ・手数料はどのくらいか

まず、日本語対応していないアプリは間違った操作によって損失を出してしまう可能性があるため避けた方がいいでしょう。またセキュリティ対策がしっかりとした取引所を選ぶことも大切なポイントです。手数料についてもしっかりと確認しておきましょう。

海外の暗号資産取引所と聞くと、取引に不安があるかと思います。海外の暗号資産取引所のメリットとデメリットについて下記の表にまとめました。

海外の暗号資産取引所では、日本の取引所では取り扱っていないたくさんの通貨の取引が可能ですし、日本ではできない100倍といったレバレッジをかけて取引できます。また、損失が一定以上になると損失額をブローカーが負担してくれる「ゼロカットシステム」を採用している取引所もあるため、ハイリスクな取引にもチャレンジしやすくなっています。

ただし、海外の取引所には注意したいポイントも多く、ハッキングのリスクや、日本語対応していないことで、取引方法がわからずにトラブルになる可能性もあります。また、レバレッジが高すぎることから、ハイリスクな取引になってしまい、思った以上に損失を出してしまう可能性もあります。

また、金融庁からもたびたび警告を受けている取引所も多く、突然日本撤退となってしまう可能性もあります。

海外の暗号資産取引所の利用を検討する場合は、このようなリスクを把握し、慎重に判断をしましょう。

暗号資産(仮想通貨)5つのおすすめ海外取引所アプリ
  • bybit
  • Binance
  • FTX
  • MXC
  • BaseFEX

bybit

bybitはシンガポールに所在を置く海外取引所です。サーバーが強固でダウンの心配がなく、安心して取引できる環境となっています。bybitは直感的で扱いやすく、業界屈指のシステムが特徴です。

bybitの公式ホームページには、暗号資産の基礎知識から取引のノウハウまで、暗号資産取引の役に立つ様々な記事を100記事程度公開しています。翻訳機能を使えば日本語でも読むことが可能なため、基礎知識を学びたい初心者から、具体的な取引のテクニックを学びたい上級者まで活用ができるでしょう。

また現物取引はもちろんデリバティブ取引もでき、レバレッジ最大100倍と海外取引所の強みを活かせます。手数料はメイカー:-0.025%、テイカー:0.075%です。

ただし、bybitは2021年5月に金融庁から「無登録で暗号資産取引を行う業者」として警告を受けています。

アプリの特徴

bybitのアプリは日本語に対応しており、主に下記のような機能が使えます。

・暗号資産の購入や入金 ・現物取引およびデリバティブ取引 ・チャート機能(TradingView搭載) ・リアルタイムで最新価格を確認できるカスタムウィジェット ・戦略アラート

bybitはボーナスキャンペーンが豊富なため、友達紹介や入金でのボーナスをうまく活用してお得に運用している人が口コミにも見られました。また、bybitはセキュリティ対策もしっかりされており、二段階認証はもちろん、すべての顧客資産をコールドウォレット(完全オフライン)で管理することでハッキングのリスクから守っています。

Binance

Binanceは24時間365日サポートを受けられる、世界最大規模の取引所です。英語ではありますが、Binanceユーザー向けにブログで情報発信もしています。またBinanceではコミュニティに参加することもできます。単に取引をするだけではなく、世界中のBinanceユーザーとつながることもできるので、モチベーションを上げるのに効果的です。手数料はメイカー:-0.1%、テイカー:0.1%で、30日の取引量に応じて手数料が下がります。

ただし、bybitと同様にBinanceも2021年6月に金融庁から「無登録で暗号資産取引を行う業者」として警告を受けています。

アプリの特徴

Binanceのアプリも日本語に対応しています。主に利用できるのは下記のような機能です。

・暗号資産の売買 ・チャート機能 ・ライブチャット機能(24時間対応)

Binance アプリでは、アプリを通じて、いつでもツールやライブ価格に簡単にアクセスできます。

FTX

暗号資産(仮想通貨)取引所アプリのおすすめ5選|選び方やメリットを説明

FTXは公式サイトが日本語対応していませんが、アプリでは日本語版が存在します。FTX Payでの支払いやNFT取引など幅広いマーケットに対応している取引所です。

FTXは海外取引所として、様々なものに対応しています。取り扱いのある暗号資産は20種類以上と多く、10ドルを超える取引をすれば無料コインも得られるといったキャンペーンもあります。初心者でも取引を始めやすい環境が整っているのが特徴です。

手数料はメイカー0.02%、テイカー0.07%で30日間の取引量によって手数料が下がります。

ただし、2021年9月に日本からの登録を停止しているという情報もありますので今後の取引には注意が必要です。

アプリの特徴

FTXのアプリはiOS、Androidどちらも対応しています。日本語対応はしていませんが、翻訳機能を利用すれば日本語での表示も可能です。仮想通貨の購入・売却、チャート機能、アラート機能などが使えます。またNFTマーケットプレイスの探索も可能です。

MXC(MEXC)

暗号資産(仮想通貨)取引所アプリのおすすめ5選|選び方やメリットを説明

MXC(MEXC)は海外取引所の中でも多言語に対応しているのが特徴です。日本語にも対応しているため、スムーズに利用できます。

MXCは世界的に成長著しい取引所で、2019年には世界のデジタル資産取引の5%がMXCで行われています。セキュリティ対策も万全の体制を築いており、様々なメディアから人気の高さの評価や取引所最優秀賞の取得など実績も抜群です。

取引できる暗号資産も多数あり、国内取引所よりも豊富なバリエーションがあります。市場としての流動性も高いので、利益を上げるチャンスも多くあるでしょう。手数料はメイカー:0.2%、テイカー:0.2%です。

アプリの特徴

MXC(MEXC)のアプリは日本語対応しており、スマホではAndroidのみ対応しています。現在App Storeに申請中(2022年2月4日現在)と公式サイトに掲載されていますので、近々iOSも利用できる可能性があります。

アプリから仮想通貨の購入・売却、チャート機能、レバレッジ取引などが利用できます。セキュリティ面では二段階認証のほか、HDコールドウォレットシステムによるセキュリティ対策を行っています。

BaseFEX

BaseFEX は、ビットコインなどの先物取引ができる海外取引所です。BaseFEX では最大100倍までのレバレッジ取引が可能です。手数料はメイカー0.02%、テイカー0.06%で、30日間の取引量によって手数料が下がっていきます。また入出金手数料はかかりません。

ただし、2022年2月3日現在「新しいウェブサイトシステム開発中」と表示され、取引が利用できなくなっています。

アプリの特徴

BaseFEXにも日本語対応のアプリがありますが、公式サイトでも取引ができなくなっているため、今後の取引は慎重に検討する必要があるでしょう。

暗号資産(仮想通貨)取引所アプリを利用するメリット

取引所アプリを活用すると、以下のメリットがあります。

取引所アプリのメリット
暗号資産(仮想通貨)取引所アプリを利用する3つのメリット
  • どこでも取引できる
  • プッシュ通知機能を利用できる
  • ウィジェット機能を利用できる

これらのメリットを受けることで、取引がより効率的なものになるのでしっかり把握しましょう。以下でそれぞれ解説します。

メリット①どこでも取引できる

取引所アプリを利用すれば、スマホ1台でどこでも取引が可能です。相場の動きを細かくチェックして、自分のタイミングで売買できるので、利益の最大化を狙えます。一方でパソコンの場合、持ち運び可能なノートパソコンでも場所によっては使えませんし、使えてもモバイルWi-Fiが必要です。

このように取引所アプリはどこでも取引できるので、パソコンでの取引よりも利便性が高くなっています。

メリット②プッシュ通知機能を利用できる

プッシュ通知は様々な設定のもと、一定の条件で自動的に通知を送るサービスです。たとえば取引所アプリの「bitFliyer」は、会社の定める価格変動率を超えた場合にプッシュ通知を送ります。また「DMM Bitcoin」はキャンペーン等のプッシュ通知を設定可能です。

このようなプッシュ通知を自分からリサーチしなくても情報を入手できるので、情報収集の時間を減らせます。取引所アプリにはこのようなサポート機能もあるので、確認してみてください。

取引所 プッシュ通知の内容
Coincheckロゴ 価格アラート
朝イチ通知など
bitFlyerロゴ 価格変動通知など
GMOコインロゴ 4時間ごとの価格通知
価格変動アラート
急騰急落アラートなど

メリット③ウィジェット機能を利用できる

アプリを開かなくても、内部の情報を確認できる機能をウィジェット機能と言います。ウィジェットを設定することで、いちいちアプリを開く手間が省けるだけでなく、簡単に必要な関連情報を得られるのです。価格の確認もできるので取引の判断もスピードアップできます。

ウィジェット機能はiOSとAndroidで設定方法が違います。またアプリごとに設定方法や機能が違うこともあるので確認しておきましょう。

取引所 ウィジェットの機能
Coincheckロゴ 各通貨の価格
各通貨のミニチャート
各通貨の騰落率(24時間比)など
bitFlyerロゴ 各通貨の価格
各通貨のミニチャート
各通貨の騰落率(24時間比)など
GMOコインロゴ 各通貨の価格
指定通貨のチャート
各通貨の騰落率(24時間比)
各通貨の最高値/最安値(24時間)など

暗号資産(仮想通貨)取引所アプリを利用するデメリット

取引所アプリのデメリット

暗号資産取引所アプリの利用にはメリットも多いですが、逆に注意しなければならないデメリットもあります。取引所アプリを利用する前に、知っておきたいデメリットについてもしっかり確認しておきましょう。

暗号資産(仮想通貨)取引所アプリを利用するデメリット
  • 取引所によってはアプリがない
  • 機種変更時に注意が必要
  • スマホを紛失すると利用できなくなる

デメリット①セキュリティに注意する必要がある

暗号資産取引をアプリで行う場合、自宅ではなく外出先や通勤中に利用するという人も多いでしょう。しかし外出先や通勤中にアプリで取引をする場合、誰かに盗み見られてしまうリスクがあることを忘れてはなりません。

例えば電車で通勤をしている場合、満員電車では近くに人がいることも多く、ログインIDやパスワード、資産状況などを誰かに横から見られてしまう可能性が0ではありません。また、カフェなどでフリーWi-Fiにつなぐことが多い人は、Wi-Fi自体のセキュリティ設定が甘いことで通信内容を他人に盗み見をされてしまうリスクもあるのです。

アプリはどこでも確認できるため利便性は高いですが、このようなセキュリティリスクがあることをしっかり認識しておきましょう。

デメリット②機種変更時に注意が必要

暗号資産取引にアプリを利用する場合は機種変更時にも気をつける必要があります。というのも、スマホの機種変更時には二段階認証が必要な場合が多く、二段階認証ができないと新しいスマホ端末でログインができなくなってしまうためです。

特にGoogle Authenticatorのアプリで二段階認証を管理している場合、機種変更後に新しいスマホ端末にダウンロードして再設定が必要です。そのためには、まずは旧端末で現在設定している二段階認証のバックアップをしておく必要があります。この手続きには旧端末が必要なため、機種変更前に必ず手続きを済ませておきましょう。

ただし取引所によって機種変更時の手続きが違うケースもあるため、機種変更をする前に必ず手続き方法の確認をしておきましょう。

デメリット③スマホを紛失すると利用できなくなる

暗号資産取引をスマホアプリでする場合に忘れてはならないのが、スマホ自体を紛失するというリスクです。特に自宅でパソコンを利用せず、スマホだけで取引をしていた場合には、スマホが見つかるまで暗号資産取引ができなくなってしまうことになります。

また、スマホを紛失した場合、他人に拾われてしまった時に、勝手に取引所のアプリにアクセスをされてしまい、暗号資産取引で得た財産を奪われてしまう可能性も考えられます。

これらスマホ紛失時のリスクに備え、スマホ端末自体にロックをかけておくことや、暗号資産アプリ自体に画面ロック機能があるものなどを利用することをおすすめします。

暗号資産(取引所)アプリが向いている人

取引所アプリが向いている人

暗号資産の取引をアプリですることが向いているのは下記のような人です。

暗号資産アプリの利用が向いている人の3つの特徴
  • 自宅にパソコンを所有していない人
  • 外出先で取引をすることが多い人
  • 隙間時間に手軽にいつでも確認したい人

暗号資産取引をパソコンではなくアプリでも可能なことで、パソコンを所有していない方でもスマホだけで手軽に取引を始めることができるというメリットがあります。わざわざパソコンを購入する必要なく、誰でも手軽に始められるのが暗号資産取引所アプリの大きな魅力でしょう。

また、自宅にパソコンがある方でも、仕事などの都合で外出していることが多い方や、忙しくてなかなか自宅でゆっくりする時間のない方にとっても、スマホアプリで取引ができれば時間や場所に関係なくいつでも取引ができます。

暗号資産取引所アプリは様々な生活スタイルの方に対応できる利便性の高いツールだと言えるでしょう。

取引所アプリ以外で便利なアプリ4つ

ここまで暗号資産取引所アプリについて詳しく見てきましたが、ここからは暗号資産取引所アプリ以外で資産運用や取引に役立つアプリを4種類紹介します。資産管理アプリやウォレットアプリなど、利用することで取引をより効率的に行えるのでぜひ参考にして下さい。

取引所アプリ以外の4つの便利なアプリ
  • 資産管理アプリ
  • ウォレットアプリ
  • 収支計算アプリ
  • 仮想通貨ニュースアプリ

資産管理アプリ

資産管理アプリとは、複数の取引所の資産を一括で管理できるものです。

日本の資産管理アプリである「クリプトフォリオ」では、ユーザーが登録した情報を元に、アプリに対応している仮想通貨取引所のデータから資産の価格をリアルタイムで表示することが可能です。保有資産を自動で「円」表示してくれるのも嬉しい機能となっています。

ウォレットアプリ

ウォレットは「財布」などを意味する言葉ですが、ウォレットアプリでは、保有している暗号資産の「秘密鍵」や「公開鍵」「アドレス」の管理が可能です。暗号資産取引所はハッキング被害にあうリスクがあるため、取引所に「秘密鍵」を預けていると何かがあった時に資産を引き出せなくなる可能性があります。自分の財産を守るためにもウォレットアプリの利用をおすすめします。

日本のウォレットアプリ「Ginco」は、サーバーに秘密鍵を預けずユーザーのスマホで管理するクライアント型を採用しています。バックアップをとることで、スマホの紛失や盗難時のリスクにも対応しています。操作方法が分かりやすいため、初心者でも利用しやすいアプリとなっています。

収支計算アプリ

暗号資産の収支計算アプリとは、取引所のデータを連携することで複数の取引所の資産管理や、確定申告に必要な収支計算をしてくれるアプリです。

日本の収支計算アプリ「クリプトリンク」は、国内取引所だけでなく海外取引所にも対応しており、複数の取引所のデータを利用することで正確な収支の計算が可能です。取引している暗号資産取引所の情報やウォレットの情報をアップロードすれば収支の計算結果を自動で生成します。自分で収支計算をするのが不安な人におすすめのアプリです。

暗号資産ニュースアプリ

暗号資産取引において情報収集は重要です。そのため価格チャートや市場に影響しそうなニュースをいち早く知る方法としてニュースアプリは有効です。ニュースアプリを利用すれば、新着記事の通知などによってすぐにニュースを確認できるので、より効率的な取引につながります。

日本の暗号資産ニュースアプリ「CoinPost -ビットコイン・仮想通貨ニュース」は、仮想通貨(暗号資産)メディア「CoinPost」公式アプリとなっており、作業中でも重要ニュースを見逃さない「プッシュ通知機能」や、6,500以上の銘柄対応の「チャート機能」が魅力です。いち早く様々な情報を手軽に手に入れたい方におすすめしたいアプリです。

暗号資産(仮想通貨)取引におすすめな手数料の安い取引所ランキング

暗号資産(仮想通貨)取引を行うなら、アプリの使いやすさの他に手数料も重要です。手数料の安い取引所をメリット・デメリットとともにランキング形式でご紹介します。

暗号資産(仮想通貨)取引におすすめな手数料の安い取引所ランキング
  1. DMM Bitcoin
  2. Coincheck
  3. bitFlyer
  4. GMOコイン
  5. SBI VCトレード

第1位 DMM Bitcoin

\国内唯一のBitMatch注文に対応!/

DMM Bitcoinのメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット デメリット
・暗号資産取引の種類が豊富
・様々な手数料が無料
・24時間365日万全のサポート
・現物取引ができる通貨が少ない
・スプレッドが広いと感じるユーザーが多い
・販売方法が販売所取引のみ
※2022年1月25日現在
引用元:DMM Bitcoin「DMM Bitcoinが選ばれる理由 - DMMビットコイン」

手数料が安い一方でスプレッドが広すぎるとの不満も多く見られたので注意が必要です。

第2位 Coincheck

Coincheckのメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット デメリット
・国内ダウンロードNo.1の実績
・500円の少額から取引可能
・取引所の手数料無料
・スプレッドが広いとの声がある
・レバレッジ取引ができない
・アプリを使いにくいと感じる人もいる
※2022年1月25日現在
引用元:Coincheck「ビットコイン購入なら仮想通貨取引所 」

Coincheckは国内でもかなり利用者の多い取引所アプリです。ただし評価については人によるところもあるので自分に合うか確認してから利用した方がよいかもしれません。

第3位 bitFlyer

\初心者から上級者まで使いやすいアプリ/

bitFlyerのメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット デメリット
・各種手数料が無料
・7年間ハッキング0の実績がある
・1円から取引可能
・スプレッドを広く感じる人が多い
・思うように取引できないことがある
・投資詐欺に利用されているケースがみられる
※2022年1月25日現在
引用元:bitFlyer「bitFlyer(ビットフライヤー)- 暗号資産(仮想通貨)の購入/販売所/取引所」

アプリに関する評価は高いのですが、スプレッドが広いという声や出金したいタイミングでできなかったなどの声も見られました。それでも取引の安全性は高いので、信頼がおけるアプリと言えます。

第4位 GMOコイン

GMOコインのメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット デメリット
・東証一部上場のGMOグループの運営なので信頼できる
・手数料の多くが0円
・様々な取引方法をアプリで行える
・人によってはチャートが見にくい
・レバレッジ取引では追証金のリスクがある
・基本的に1万円からしか出金できない
※2022年1月25日現在
引用元:ビットコイン・暗号資産(仮想通貨)の取引ならGMOコイン

GMOコインは、ほとんどの手数料が無料という点が高く評価されている一方で、最低出金額が1万円からと高めなので、こまめに出金したい方は注意が必要です。

\取り扱い通貨数国内No.1/

第5位 SBI VCトレード

SBI VCトレードのメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット デメリット
・各種取引手数料が無料
・スプレッドは業界最狭水準
・セキュリティ対策は万全
・追証金のリスクがある
・午前6時~午前7時には取引できない
・取扱通貨数は多くない
※2022年1月25日現在
引用元:SBI VCトレード|暗号資産ならSBI VCトレード

SBI VC トレードはSBI証券が運営する取引所です。業界でもスプレッドが狭い方なので、手数料負けする心配はほかより低いと言えるでしょう。ただしレバレッジ取引の追証金リスクや取引時間の制限など、デメリットもあるので注意が必要です。

\各種手数料が無料でお得!/

メリット・デメリットを知り自分に合った暗号資産(仮想通貨)取引所アプリを!

ここまで暗号資産取引所アプリについてメリット・デメリットや選び方、おすすめの取引所について解説しました。暗号資産取引所アプリは多くの取引所からリリースされています。そのため、自分に合ったものを選ぶことが重要です。

アプリを利用すればスマホ1台で取引を始められます。最近では少額で投資できる取引所も増えているので、初心者には利用しやすい環境となっています。この記事を読んで、暗号資産取引に興味を持った人はぜひ口座開設とアプリの利用をしてみてください。

暗号資産(仮想通貨)取引所アプリに関するよくある質問

ここからは暗号資産取引所アプリに関して、よくある質問とその回答を紹介します。暗号資産取引に集中するためにも、事前に疑問点はなくすようにしましょう。

暗号資産(仮想通貨)取引所アプリのメリットとはなんですか?
暗号資産取引所アプリには以下のメリットがあります。
暗号資産取引所アプリのメリット
  • どこでも取引できる
  • プッシュ通知機能を利用できる
  • ウィジェット機能を利用できる

スマホ1台あれば、どこでも取引できるので、手軽に取引できるのが強みです。

暗号資産(仮想通貨)取引所アプリのデメリットとはなんですか?
暗号資産取引所アプリのデメリットは以下の通りです。
暗号資産取引所アプリのデメリット
  • 取引所によってはアプリがない
  • 機種変更時に二段階認証の手続きをしないと全てのコインを失う場合もある
  • スマホを紛失すると利用できない

アプリがない取引所も中にはあるので、口座開設前に確認しましょう。また、スマホの機種変更時や紛失には注意してください。

暗号資産(仮想通貨)取引所アプリはどのように選べば良いですか?
アプリを選ぶ際は以下の点を注意して選ぶのがおすすめです。
アプリを選ぶポイント
  • 手数料の安さで選ぶ
  • 搭載されている機能から選ぶ
  • セキュリティ対策の充実度から選ぶ
  • 使いやすさから選ぶ
  • 取り扱っている通貨から選ぶ

自分に合ったアプリは人によって異なるので、重視したいポイントに優先順位をつけてみましょう。

初心者におすすめの暗号資産(仮想通貨)取引所アプリはなんですか?
初心者におすすめの暗号資産取引所アプリは以下の通りです。
おすすめの暗号資産取引所アプリ
  • Coincheck
  • DMM bitcoin
  • リキッドバイコイン
  • GMOコイン
  • LINE BITMAX

これら以外にも取引所アプリは多数あります。自分に合ったものを検討のうえで選びましょう。

国内で海外の暗号資産(仮想通貨)取引所アプリを使えますか?
利用可能です。ただし中には日本語対応していないアプリもあるので、英語など一定の語学力が求められます
海外の暗号資産(仮想通貨)取引所アプリは日本語に対応していますか?
海外の取引所の中にも日本語に対応しているアプリはあります。日本語対応しているかどうかは取引所の対応によるため、利用する前に必ず事前に確認しましょう。
関連記事
bitFlyerとCoincheckを徹底比較!それぞれの手数料や特徴について解説
ビットフライヤー(bitFlyer)の評判を深堀り!口コミも紹介
【2022最新】コインチェックの評判を一挙紹介!安全対策やメリット・デメリット
仮想通貨の将来性は?今後期待されているコインをランキングで紹介!
【超初心者向け】ビットコインとは?仕組みや始め方をわかりやすく解説!