NFTの投資とは
(画像=Money Method編集部))

暗号資産の1種である「NFT」は、非代替性という特徴から、様々な分野で注目を浴びています。紐づけられたデジタルアートや音楽などが高額で取引されるなど、2021年頃から急激に取引量が伸び、その盛り上がり方からNFTバブルという呼び方もあるほどです。それに伴い、エンジンコインやテゾスと言った関連銘柄も価格上昇を達成しています。そこで本記事では、今話題のNFTの特徴や、これを利用した投資方法をわかりやすく解説します。

NFTの投資とは?

nft投資

誕生してから日が浅く発展途上の技術なので、将来性が注目されています。日本でも、Coincheckが国内で初めて取引所一体型のマーケットプレイスを展開するなど、その勢いは増すばかりです。今後もマーケットプレイスの数は増え、多くのデジタル作品が出品され、利益を生み出すでしょう。

\Coincheckお得なキャンペーン開催中!/

coincheck-cp-sep
※クリックするとキャンペーンサイトに移動します。
  1. NFTの投資とは?
  2. そもそもNFTとは?
  3. NFTの投資で収益を得る方法
  4. NFT関連の暗号資産に投資してみましょう
  5. NFT関連の暗号資産を選ぶポイント
  6. おすすめのNFT関連の暗号資産
  7. NFT関連の暗号資産購入におすすめの国内取引所
  8. NFT関連の暗号資産購入におすすめの海外取引所
  9. NFT関連の暗号資産を購入する際に注意するポイント
  10. NFT作品に投資してみましょう
  11. NFT作品に投資するには
  12. NFT作品の投資ができるおすすめのマーケットプレイス
  13. NFT作品の投資のために購入しておきたい暗号資産
  14. NFTの将来
  15. NFT関連の暗号資産購入におすすめの取引所ランキング
  16. NFTの知識を身に付け投資をはじめよう
  17. NFTの投資についてのQ&A

そもそもNFTとは?

nft投資
そもそもNFTとは?
  • トークンとは
  • ブロックチェーンとは

NFTとは、日本語訳すると、『非代替性トークン』のことで、「Non-fungible Token」の省略名称です。

NFT は Non fungible token(非代替性トークン)の略です。 非代替性とは経済用語で、自分の所有する家具や楽譜、パソコンなどを表すときに使う用語です。 これらのアイテムは別の全く同じ価値のアイテムと交換することができません。なぜならそれぞれ固有の価値を持つからです。

引用元:非代替性トークン(NFT) | ethereum.org

これまで、インターネット上に出回っているデジタルデータは、簡単にアクセスできる一方で、偽造や改ざんなどのリスクがあり、価値を証明することが困難でした。

それに対して、データの管理にセキュリティ効果の高いブロックチェーンを用いることで、デジタルデータの偽造や改ざんを不可能にし、そのデータが唯一無二のものであることを証明できる技術として注目を集めています。これによって、デジタルデータにも唯一性や希少性といった資産価値がつき、音楽や動画など多方面に影響を与えている背景から、世界中で話題となっています。

トークンとは

トークン(token)という言葉は、直訳すると『しるし、証拠、証明』などの意味をもつ単語です。暗号資産の業界では、一般的にブロックチェーンの技術を利用し発行された暗号資産のことを、トークンと呼びます。

トークンという言葉自体はさまざまな文脈で使われることがあり明確な定義がありませんが、仮想通貨業界では一般的に、既存のブロックチェーン技術を利用して発行された仮想通貨のことを指して「トークン」と呼びます。

引用元:トークン | bitFlyer

暗号資産は、通常それぞれ別のブロックチェーンを持っていることが多いですが、トークンは既存のブロックチェーンを利用して新たに作られた仮想通貨のことを指します。

一般的な暗号資産は、管理する人は存在しませんが、トークンには管理者や発行者が存在します。基本的に、個人法人関係なく誰でも発行することが可能です。利便性の向上を目指し、特定の団体や個人による管理や発行が行える点が、トークンの特徴と言えるでしょう。

ブロックチェーンとは

ブロックチェーンとは、暗号資産のデータ管理に使用されている技術のことです。

「取引履歴を暗号技術によって過去から1本の鎖のようにつなげ、正確な取引履歴を維持しようとする技術」

引用元:ブロックチェーンって何? | G.金融経済を学ぶ | 一般社団法人 全国銀行協会

ブロックチェーンは、ネットワーク上にある取引履歴(ブロック)を暗号技術で小分けにし、過去から1本の鎖のようにつなげて分散管理します。第三者があるデータを攻撃しようとしても、それは分散されたデータの一部なので、改ざんすることは不可能です。

仮に、一部のデータの改ざんに成功したとしても、鎖のようにつながっている他のデータとの整合性が崩れてしまい、改ざんは成功しません。同様に、データをコピーしたくても、分散されたデータすべてにアクセスすることはほぼ不可能です。

このように、ブロックチェーンは、改ざんやコピー、データの消失などを防ぐことができるため、安心してデータを保管、管理できる技術なのです。

     

\Coincheckお得なキャンペーン開催中!/

coincheck-cp-sep
※クリックするとキャンペーンサイトに移動します。
 

\NFT投資を始めるなら!/

NFTの投資で収益を得る方法

nft投資
NFTの投資で収益を得る方法
  1. 関連する暗号資産に投資をする
  2. マーケットプレイスで作品に投資する

続いて、具体的にNFTの投資で収益を得るにはどのような方法があるのか解説していきます。興味がある方、収益を得たいと考えている方は参考にしてみてください。

1. 関連する暗号資産に投資をする

まず紹介するのは、関連する暗号資産に投資をする方法です。

例えば、関連する暗号資産のひとつであるエンジンコインは誕生以来ずっと10円代でしたが、NFTの盛り上がりとともに価格が高騰し、2021年には400円代まで跳ね上がっています。

市場の盛り上がりに合わせ、関連する暗号資産も上昇傾向にあるため、これらの暗号資産を保有し、値上がりを期待するのも、収益を得るひとつの方法です。

NFT関連の暗号資産とは?

NFTにはその売買などで利用することができる特別な暗号資産があります。

暗号資産には、それぞれが流通している場所があり、そこで流通するための通貨があります。例えば、エンジンプラットフォームで発行されるエンジンコイン、ディセントラランドで発行されるMANAは、通貨のひとつです。

暗号資産は、それぞれのプラットフォーム内で取引可能なデジタル資産と結びつけることによって、ブロックチェーンに取引情報が記録され、改ざん不可能な所有者情報を残すことができます。

注目度が上がるにつれて、関連銘柄の暗号資産も需要が増すと予想されており、これらの銘柄は価格の高騰が起きています。

2. マーケットプレイスで作品に投資する

次に紹介するのは、マーケットプレイスに出品されている作品に投資する方法です。

また、マーケットプレイスでNFTを購入し、値上がりしたタイミングで売却する方法もあります。非代替性のという性質上希少性があり、価格上昇も珍しいことではありません。さらに、売買に使う暗号資産の価格変動によっても収益を上げられる可能性もあります。

様々な分野のコンテンツで唯一性を持つ

マーケットでは、音楽やアートなどの様々な作品がNFTに紐づけられ、ブロックチェーンによって流通しています。

紐づけすることによりこれらのデジタル作品の改ざんやコピーを不可能とするだけでなく、唯一無二の作品であることを証明し、希少性の保証を可能としました。紐づけられたデジタル作品は、第三者がマーケットで購入することによって、作成者はその対価を得ることができるのです。

アメリカのデジタルアーティストであるBeeple氏が作成したデジタルアート作品は、オンラインセールにて、デジタルアート作品の過去最高額である約6,935万ドル、日本円では約75億円で落札されました。

また、日本でも2021年に当時8歳の少年が作成したデジタルアートが180万円という高額取引されたことが話題となりました。
これらの出来事は、世界中で注目されるきっかけのひとつであると言えるでしょう。

唯一性のあるのでアートや音楽といったデジタル作品など以外にもチケット販売やトレカなどのアイテムにも応用されており、値上がりが期待できるコンテンツを購入し、高値で売却する投資方法も注目されています。

  

\Coincheckお得なキャンペーン開催中!/

coincheck-cp-sep
※クリックするとキャンペーンサイトに移動します。

NFT関連の暗号資産に投資してみましょう

nft投資

このように、NFT関連の暗号資産は価格が上昇傾向にあります。関連銘柄の保有や、デジタル作品の購入など、関連のある暗号資産に投資してみる価値はあるのかもしれませんね。

\ダウンロード数No.1!/

NFT関連の暗号資産を選ぶポイント

nft投資
NFT関連の暗号資産を選ぶポイント
  • 特徴、サービス内容
  • 時価総額
  • 海外の価格予想等の情報

NFT関連の暗号資産は、多くの銘柄が誕生しており、どれを選べばいいか迷ってしまう方もいるでしょう。どうせ買うなら、適当に選ぶのではなく、将来性や成長するかどうかなど、しっかり見極めて選びたいもの。

ここでは、その暗号資産を選ぶ際のポイントを解説します。

特徴、サービス内容

関連の銘柄には、特定のゲーム内で使うことができる暗号資産や、ブロックチェーン上でアプリやゲーム開発ができるものなど、実に様々な種類の暗号資産があります。

例えば、エンジンコインやテゾス、チリーズなども関連銘柄のひとつです。
エンジンコインは、ゲーム内のデジタル資産と紐づけることができる暗号資産ですが、人気ゲームのマインクラフト内で使用できることが大きな話題となりました。

またエンジンコインを基盤とした仮想空間プロジェクト「MyMetaverse」は、世界的に人気のアクションアドベンチャーゲーム『グランド・セフト・オート(Grand Theft Auto: GTA)』にNFTを取り入れたサーバー『META CITY: Grand Theft Auto』を構築中と発表しています。

このように、有名なゲーム内で利用できることで、需要が増し、暗号資産取引所に上場され、価格上昇という流れができあがります。このような銘柄は、投資価値が高く、将来性が見込めると考えてもいいでしょう。

銘柄を選ぶ際には、それぞれが提供しているブロックチェーンの特徴やサービス内容をしっかり調べ、将来性が見込めるかどうかチェックすることが大切です。

時価総額

暗号資産を選ぶ上で重要なのが、時価総額です。株の世界と同様に、暗号資産の世界でも、時価総額は、判断基準の大きな材料となります。

時価総額は、「通貨価格×暗号資産の発行枚数」で表すことが可能で、時価総額が高ければ高いほど、取引量が多く人気の暗号資産ということです。

取引量が多い銘柄は、需要が多いため、価格の安定性が高く値上がりしやすい傾向にあります。一方、時価総額が低い銘柄は取引量が少ないため、流動性が低値といえます。

関連銘柄を選ぶ際には、時価総額が高く伸びしろはあるか、ランキングで上位に入っているかなどのポイントに注目するとよいでしょう。

海外の価格予想等の情報

暗号資産は、ほとんどが海外で生まれ、有力なものが日本の取引所で上場されるという流れが一般的です。

そのため、日本よりも海外のほうが情報が早いので、海外の情報を積極的に取り入れることも戦略のひとつと言えるでしょう。ネットを使えば、海外の専門家の予想やランキング情報など、詳しい情報を入手することも可能です。

\初めてのNFT投資におすすめ/

おすすめのNFT関連の暗号資産

nft投資
おすすめのNFT関連の暗号資産
  • エンジンコイン(ENJ)
  • テゾス(XTZ)
  • チリーズ(CHZ)
  • フロウ(FLOW)
  • サンドボックス(SAND)
  • シータ(THETA)
  • ディセントラランド(MANA)
  • アクシーインフィニティ(AXS)

続いて、暗号資産の中でおすすめの銘柄をいくつか紹介しましょう。
どの銘柄も注目度が高く、時価総額も上位にあるものばかりです。どこに投資しようか考え中の方は、下記の比較表も参考にしてみてください。

通貨名Enjin Coin
(エンジンコイン)
Tezos
(テゾス)
Chiliz
(チリーズ)
Flow
(フロウ)
SAND
(サンド)
THETA
(シータ)
Decentraland
(ディセントラランド)
Axie Infinity
(アクシーインフィニティ)
略称ENJXTZCHZFLOWSANDTHETAMANAAXS
現在の価格¥227.88¥475.51¥25.31¥856.83¥501.46¥440.89¥385.21¥7562.95
時価総額¥194,525,009,959
(約1900億)
¥418,143,563,101
(約4100億)
¥151,241,092,904
(約1500億)
¥282,245,323,818
(約2800億)
¥533,213,995,219
(約5300億)
¥442,122,755,258
(約4400億)
¥705,750,833,275
(約7000億)
¥460,133,989,778
(約4600億)
取扱取引所(国内)コインチェック、GMOコイン、DMM Bitcoin(レバレッジ取引のみ)bitFlyer、GMOコイン、DMM Bitcoin(レバレッジ取引のみ)なしなしコインチェックなしなしなし
取扱取引所 (海外)Binance、OKX、FTX、CoinTigeなどBinance、OKX、FTX、Mandala ExchangeなどBinance、OKX、FTX、CoinTigerなどBinance、 OKX、Mandala Exchange、DigiFinexなどBinance、OKX、FTX、CoinTigerなどBinance、OKX、Mandala Exchange、BitgetなどBinance、OKX、FTX、CoinTigerなどBinance、OKX、Mandala Exchangeなど
詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら
※2022年2月16日時点
※Enjin Coin、Tezos、Chiliz、Flow、SAND、THETA、Decentraland、Axie Infinityの情報をもとに筆者作成

エンジンコイン(ENJ)

エンジンコインの概要
通貨名Enjin Coin(エンジンコイン)
略称ENJ
現在の価格※2022年2月16日時点¥227.88
時価総額※2022年2月16日時点¥194,525,009,959
取扱取引所(国内)コインチェック、GMOコイン、DMM Bitcoin
取扱取引所 (海外)Binance、OKX、FTX、CoinTigeなど
※Enjin Coinの情報をもとに筆者作成

エンジンコインは、「Enjin」と呼ばれるプラットフォームで使用される暗号資産で、2021年にはコインチェックやGMOコインといった国内取引所での上場も開始しました。注目度が高く、これからさらに話題となること間違いなしの暗号資産です。

特に、ゲームの分野において強みがあり、ブロックチェーンの技術を用いて作られたゲーム内では、レアなアイテムやカードなどを出品して販売することが可能です。ゲームをしながら資産を増やすことができ、ゲーム開発者にとってのメリットも多いことがエンジンコインの特徴のひとつです。

また、エンジンコインは、マイクロソフト社やサムスン社など、大手企業との提携も話題となっており、成長も見込める暗号資産と言えるでしょう。

さらに、国内で取り扱いのある数少ない関連銘柄なので、初心者でも取引しやすい暗号資産のひとつです。

テゾス(XTZ)

テゾスの概要
通貨名Tezos(テゾス)
略称XTZ
現在の価格※2022年2月16日時点¥475.51
時価総額※2022年2月16日時点¥418,143,563,101
取扱取引所(国内)bitFlyer、GMOコイン、DMM Bitcoin(レバレッジ取引のみ)
取扱取引所 (海外)Binance、OKX、FTX、Mandala Exchangeなど
※Tezosの情報をもとに筆者作成

テゾスは、既存の暗号資産の様々な問題に関して、技術的に解決することを目的として設計された暗号資産です。信頼度も高く、国内取引所にも上場しており、日本からでも安心して投資できます。

テゾスの特徴のひとつとして、コンセンサスアルゴリズムにLPoSというユニークな方法を採用していることが挙げられます。また、スマートコントラクトにも独自性を持っており、エラーや不正アクセスといったリスクを最小限に抑えて取引することが可能です。

さらに、ハードフォークがないので、通貨が分裂することなく取引をスムーズに行えます。

チリーズ(CHZ)

チリーズの概要
通貨名Chiliz(チリーズ)
略称CHZ
現在の価格※2022年2月16日時点¥25.31
時価総額※2022年2月16日時点¥151,241,092,904
取扱取引所(国内)なし
取扱取引所 (海外)Binance、OKX、FTX、CoinTigerなど
※Chilizの情報をもとに筆者作成

チリーズは、様々なスポーツクラブと連携して、ブロックチェーン技術を使用して、ファンたちとの交流を活性化させることを目指して作成された暗号資産です。チリーズと連携したスポーツクラブは、プラットフォーム上でファントークンを発行し、ファンに売却して活動の資金調達を行えます。

提携するスポーツクラブや上場するファントークンが増加することで、価格上昇の可能性は大いに期待できます。他の暗号資産に比べると、利用用途が限定されますが、スポーツクラブと連携という独自性は、ほかにないユニークさがあります。

チリーズは、現在国内取引所では取り扱いがありません。今後上場される可能性もあるため、注目しておきたい銘柄のひとつです。

フロウ(FLOW)

Flow
フロウの概要
通貨名Flow(フロウ)
略称FLOW
現在の価格※2022年2月16日時点¥856.83
時価総額※2022年2月16日時点¥282,245,323,818
取扱取引所(国内)なし
取扱取引所 (海外)Binance、 OKX、Mandala Exchange、DigiFinexなど
※Flowの情報をもとに筆者作成

フロウは、ブロックチェーンゲームを手がけるDapper Labs社が生み出した暗号資産です。次世代のアプリやゲーム、それを強化するデジタル資産のサポートを目的に構築され、ゲーム上でアイテムを生成や売買が可能です。

これまでは、ブロックチェーンゲームの多くはイーサリアム上で作られることがほとんどでしたが、フロウはゲームに特化することでイーサリアムより優れた開発環境を目指しています。

フロウは、現在国内取引所での取り扱いはありませんが、多くの大学や企業と連携している注目の銘柄です。

また2022年にはパ・リーグ6球団とメルカリが提携し、名シーンのNFTをコレクションできるサービスを、フロウのブロックチェーン上で開始することを発表しています。今後、日本国内でも人気の高まる可能性がある銘柄といえます。

サンドボックス(SAND)

サンドボックスの概要
通貨名SAND(サンド)
略称SAND
現在の価格※2022年2月16日時点¥501.46
時価総額※2022年2月16日時点¥533,213,995,219
取扱取引所(国内)コインチェック
取扱取引所 (海外)Binance、OKEx、Hotbit、Huobi Global など
※SANDの情報をもとに筆者作成

サンドボックスは、The Sandboxというブロックチェーンゲーム内で利用できる資産暗号のことです。

The Sandboxは、ゲーム内にあるLANDと呼ばれる土地にゲームやジオラマなどを作成して遊ぶゲーム。作成したものを他ユーザーに販売して収益を上げることも可能です。ゲームの自由度が高く、期待が集まる銘柄のひとつです。

Coincheck NFT(β版)では、The SandboxのLANDを売買することができ、今後の展開に注目が集まる暗号資産です。

シータ(THETA)

シータの概要
通貨名THETA(シータ)
略称THETA
現在の価格※2022年2月16日時点¥440.89
時価総額※2022年2月16日時点¥442,122,755,258
取扱取引所(国内)なし
取扱取引所 (海外)Binance、OKX、Mandala Exchange、Bitgetなど
※THETAの情報をもとに筆者作成

シータは、非中央集権型の動画プラットフォームの構築を目的として、2018年に公開された暗号資産です。中央集権型の動画プラットフォームと比較すると、低コスト運営が可能で、より多くのユーザーにサーバーを維持してもらうことによって、高品質な動画提供を可能にしています。

また、シータ採用のブロックチェーン技術は、高セキュリティを保つことができ、GoogleやLINEと提携するなど、世界規模の大企業からも注目されています。

シータは、現在国内の取引所に上場していませんが、今後、国内取引所に上場する可能性もあるため、注目しておきたい銘柄のひとつです。

ディセントラランド(MANA)

ディセントラランドの概要
通貨名Decentraland(ディセントラランド)
略称MANA
現在の価格※2022年2月16日時点¥385.21
時価総額※2022年2月16日時点¥705,750,833,275
取扱取引所(国内)なし
取扱取引所 (海外)Binance、OKX、FTX、CoinTigerなど
※Decentralandの情報をもとに筆者作成

ディセントラランドは、ブロックチェーン技術とVR(仮想空間)の融合によって生まれたVRプラットフォームです。ディセントラランド内でコンテンツやアイテムの支払いに使用できる独自のトークンをMANAと呼びます。

ディセントラランドでは、VR内の土地区画やアイテムを生成し売買することができ、現実世界と同様に、経済活動を行うことが可能です。

VRは、まだまだ発展途上ではありますが、世界で注目されている技術であり、MANAは今後価格上昇も大いに期待できる銘柄です。

  

ディセントラランドでは2022年の3月24日から27日にかけて、ラグジュアリーアイテムのNFTマーケットプレイスであるUNXDと連携したメタバース内最大級のファッションウィーク、「Metaverse Fashion Week​​」が開催されます。ユーザーは仮想空間でファッションショーを鑑賞し、アイテムをUNXDで購入、ディセントラランド上の自分のアバターに着せることができます。

アクシーインフィニティ(AXS)

アクシーインフィニティの概要
通貨名Axie Infinity(アクシーインフィニティ)
略称AXS
現在の価格※2022年2月16日時点¥7562.95
時価総額※2022年2月16日時点¥460,133,989,778
取扱取引所(国内)なし
取扱取引所 (海外)Binance、OKX、Mandala Exchangeなど
※Axie Infinityの情報をもとに筆者作成

AXSは、NFTゲームの「アクシーインフィニティ」内で使用できる暗号資産のこと。

アクシーインフィニティとは、ベトナムの会社が製作したゲームで、アクシーと呼ばれるキャラクターを育成したり、対戦させたりして遊びます。個々のアクシーはNFTになっており、育成したアクシーを売買することでAXSが稼げます。今までに最高額で販売されたアクシーは、なんと約13万ドル(約1,500万円)です。

AXSは、国内取引所には上場しておらず、海外取引所のみで取り扱っています。今後、海外取引所も含めて取り扱いが増えれば、AXSの取引を行うケースが増え、価格上昇も期待できる可能性は大いにあるでしょう。

\NFTを始めるなら!/

NFT関連の暗号資産購入におすすめの国内取引所

nft投資
NFT関連の暗号資産購入におすすめの国内取引所
  • Coincheck
  • bitFlyer
  • GMOコイン
  • DMM Bitcoin

関連のある暗号資産は、国内の取引所で取り扱いがある銘柄とない銘柄があります。前述した8銘柄の中でも、国内取引所で上場しているのは、3銘柄だけです。ここでは、その3銘柄を取り扱っている国内の取引所をご紹介します。

Coincheck

\Coincheckお得なキャンペーン開催中!/

coincheck-cp-sep
※クリックするとキャンペーンサイトに移動します。
取扱通貨数17種類
最低取引単位500円
取引手数料無料
送金手数料0.0005 BTC、0.005 ETHなど(通貨によって異なる)
※Coincheckユーザー間は無料
入出金手数料入金:無料
※銀行振り込みの場合
出金:407円
レバレッジ非対応
メリット デメリット
国内最大級17種類の暗号資産を取り扱い レバレッジ取引がない
大手マネックスグループのグループ会社が運営 スプレッドが広い可能性がある
アプリが使いやすい 「取引所」で売買できるのは5種類

コインチェックは、17種類の銘柄を取り扱っており、国内大手の暗号資産取引所です。
関連銘柄では、エンジンコインとサンドに投資することができます。

コインチェックは、取引手数料が無料で、さらにすべての銘柄が500円から売買可能なので、コストを抑えながら投資の経験があまりない方でも気軽に取引できるのが特徴です。

多くの銘柄を取り扱っているため、トレードチャンスを増やすことができ、多くの投資家から人気を集めている取引所です。

Coincheckアプリについての良い評判・口コミ

野田浩輝

★★★★

初心者でも直感で扱えるので助かりました。 また購入時に日本円でいくら購入する等、初心者に優しい仕様でありかだいです。

  

エージャロst

★★★★

初めての暗号資産取引ですが、必要な情報も分かりやすく見ることが出来て、毎日チャートを見るのが楽しみです。

ミノフェーヴル

★★★★

初めての取引でしたが、それほど時間もかからず、無事に口座開設、取引ができるよつになりました。 今後は実際に取引してからの評価になりますね。

出典:Google Play プレビュー

Cioncheckアプリついての悪い評判・口コミ

酒呑み蛙の戯れ言

★★★

暗号資産取引初心者向けです。UIは分かりやすくて使いやすいです。ただ、シンプルが故に販売所のみの取引で、スプレッドが広く、結果プラスになりにくいため、中級者以上にはオススメできません。

みやんまのん

★★

二段階認証が設定できません! 何度やっても。 Q&A等も参考にしてますが、できまへん。

moyashi T

不具合が多い。認証のための画像登録ができなかったり、撮影完了時に住所まで消えるなど

出典:Google Play プレビュー

(引用:Coincheck)

bitFlyer

取扱通貨数14種類
最低取引単位販売所形式:0.00000001BTC
取引所形式:0.001BTC
レバレッジ取引:0.01BTC
取引手数料販売所形式:無料
取引所形式:約定数量×0.01~0.15%
送金手数料0.0004 BTC(※ bitWire を除く)、0.005 ETHなど
入出金手数料入金:無料
※住信SBIネット銀行の場合
出金:3万円未満は220円(税込)
3万円以上は440円(税込)
※三井住友銀行の場合
レバレッジ建玉金額の絶対値×0.04% /日の合計
メリット デメリット
ビットコイン取引量国内No,1 振込手数料が高い
各種手数料が無料 最大レバレッジが低い
強固なセキュリティ 取引コストが高い

bitFlyerは、ビットコインの取引量が国内の取引所で6年連続No.1の取引所です。取引所形式で、ユーザー同士がビットコインを現物取引する場合には、他社に比べて取引成立しやすいと言えます。

bitFlyerは、販売所形式で現物取引を行う場合、0.00000001BTCからビットコインを購入できるため、取引初心者の方でも気軽にチャレンジできます。

また、bitFlyerは、通貨取引だけでなく、決済額に応じて、ビットコインが貯まるクレカや、気になる暗号資産を自動で購入できるかんたん積み立てなど、お得なサービス内容も充実しています。

bitFlyerアプリについての良い評判・口コミ

イト豪

★★★★★

セキュリティーがしっかりしていて初心者には解りやすく使いやすいです。

東京一太郎

★★★★★

変動状況が見やすく、売り買いもストレスなしで操作でき助かっています。

kaoru inagaki

★★★★

他のアプリはわからないけど、仮想通貨関連のニュースが色々見れるのが個人的に嬉しい

出典:Google Play プレビュー

bitFlyerアプリついての悪い評判・口コミ

ran mike

★★

即入金できんの?時間かかりすぎ。でも審査通すのは早いな。 スプレッドが思った以上に高かった。出金にも手数料かかるのはダメ。

Sky Bule

★★

取引不成立連発で買いたいときにすぐ買えない。

"

えふけい

★★

アプリの出来、見やすさとか国内取引所では特に好きなのですが、手数料はトップクラスに高い。

出典:Google Play プレビュー

(引用:bitFlyer)

\NFT関連銘柄を購入するなら!/

GMOコイン

取扱通貨数17種類
最低取引単位0.00001 BTC、0.0001ETHなど
取引手数料販売所形式:無料
取引所形式:Maker -0.01%
Taker 0.05%
送金手数料無料
入出金手数料無料
レバレッジ建玉ごとに0.04% / 日
  
メリット デメリット
取り扱い通貨数が豊富 少額投資には向いていない
大手のGMOンターネットグループが運営しているため安心感がある 販売所のスプレッドは高い
1つのスマホアプリ全ての取引が可能 出金は1万円から

GMOコインの特徴は、取引スタイルに合わせて選べるサービスが充実していることです。

少額から暗号資産が取引できる販売所形式の取引や、ハイリスクハイリターンの投資ができるレバレッジ取引、決まった金額の暗号資産を自動で購入できるつみたて暗号資産など、GMOコインに口座を持っていれば、いろいろなスタイルの投資を楽しむことができます。

また、現物取引からレバレッジ取引まで、ひとつのアプリで操作可能。わかりやすいノーマルモードと機能を備えたトレーダーモードに切り替えることができるため、初心者から上級者まで幅広く対応しています。

GMOコインで取り扱いのある関連銘柄は、エンジンコインとテゾスです。

GMOコインアプリについての良い評判・口コミ

天ヶ瀬アギト

★★★★

ブラウザと同じ機能が搭載されてるので不自由はない 元々が使いやすいのでこのアプリも同様に使い心地が良い むしろ機能を絞った(円の入出金、BTC,ETHの現物売買、入出金のみの)ライト版のようなアプリが欲しいと思った

Googleユーザー

★★★★★

仮想通貨を預けるのはやっぱり上場会社じゃないと安心できないのでGMOにしてたが、資産状況のチェックがすごく楽になった。やっぱり使いやすい。チャートについては、別で出ているFX専用アプリのほうが見やすい。あとは、ウィジェット機能でチャートをホーム画面に出せるのは地味にうれしい。

Satoshi Gotoh

★★★★★

bitflyerやCoincheckより使い勝手がいい。 操作性がいいし注文もスムーズ。 サクサク動く。 メンテナンス時間も出来高とボラティリティが低い時間帯に設定してあるので問題なし。 欲を言えば最大レバレッジを上げてもらいたい。アプリの問題ではなく規制の問題ですが。

出典:Google Play プレビュー

GMOコインアプリついての悪い評判・口コミ

svakioak

バックグラウンドからアプリを切り替える度に、ネットワーク系のエラーが出て煩わしいです。プラグイン系エラーだと思いますが、この頻発具合はテスト不備を疑うレベルです。また、アプリ内の画面切り替え(チャート→トレード画面)等すると、チャートに引いていたトレンドラインがズレます。表示足を一旦切り替えると直りますが、これも地味に不便です。

らららライ!

口座開設がようやく終わり、さぁログインしようかとしたら、ネットワークエラーで入れません。2段階認証のメールが頻繁に来るんですが、パスワードの再設定を行っても全く同じ症状がでます。もしやと思ってここを調べたら他でも頻発してるようですね。レビューへの回答も無し。お金を扱うのですから、しっかりと対応してほしいですね。☹️

"

ビット子

水曜の15時から、という動きやすく、かつトレードしたい時間帯に定期メンテナンスに入る。その上、メンテ時間中のチャートはメンテ後も描かれない。大きく変動しているときに接続が切れる。本当に切れる。悪い点は細かく売り買いするトレーダーには看過できない。

出典:Google Play プレビュー

\NFT関連銘柄も豊富!/

DMM Bitcoin

取扱通貨数15種類
最低取引単位販売所形式:0.0001BTC
レバレッジ取引:0.01BTC
取引手数料無料
送金手数料無料
※マイナーに支払う手数料が発生する場合あり
入出金手数料無料
レバレッジポジション金額の0.04% / 日
メリット デメリット
最短申し込み当日から取引開始可能 現物取引対応の銘柄は少ない
サポートが充実している 販売所形式のためスプレッドが広い
さまざまな手数料が無料 取引所形式の取引は利用できない

DMM Bitcoinは、レバレッジ取引の取り扱い銘柄が国内1位。関連銘柄では、エンジンコインとテゾスのレバレッジ取引の取り扱いがあります。レバレッジ取引では、資金の最大2倍の金額を取引できるため、ハイリスクハイリターンな投資にトライ可能です。

DMM Bitcoinの運営元であるDMMホールディングスは、暗号資産取引所より前にDMMFXを展開していました。のちにサービス開始となったDMM Bitcoinは、DMMFXのノウハウや技術を流用しているので、取引ツールは高機能で非常に使いやすいのが特徴です。

DMMビットコインついての良い評判・口コミ

TOSHI

★★★★★

LINEでの初歩的な問い合わせに対して、とてもわかりやすく説明をしてくれる上に返信も早い。 事の流れが理解が出来てからはとにかく便利で早くスムーズに取引できると思う。 自分としては入出金の早さも含め、このアプリにして正解だったと思う。 通算損益がわかると初心者にもありがたいですね

はる

★★★★★

(,,^_^,,)とても使いやすいアプリです。トップレイアウトが分かりやすい為、初心者の方も すぐ使えるはずです★入金などのやり方も、指示が出るので その通りやればポンポンです。売り買いも見やすく表示されており簡単·便利♪取引所は何社か使っていますが、アプリは「DMMビットコインアプリ」だけを使っています。オススメです★

トーキング・ヒーラー アリー

★★★★

使い勝手は悪くないと思います。ただ、慣れないうちは「ウォレット口座」「トレード口座)の2つあることを忘れて、慌てたりしてました。 使い始めて1か月くらいですが、今はそこはなんとかなるようになりました。 あと、時間はかかります。 登場もないことだけど、急ぐときはそこがネックになるかも。

出典:Google Play プレビュー

DMMビットコインついての悪い評判・口コミ

PDK_ JPN

★★★

過去のレビューでも出てましたがチャート欄で【Bid/売】と【Ask/買】の切替えが非常にめんどくさい。一々チャート設定から切替えが一手間かかる。ワンタッチで切替えできるようにして欲しい。 あと、メンテナンスがなんで日中にやるんだろ。普通は深夜とかではないのかな?

momotaro samurai

アプリの画面構成等は見易く出来ており問題点ないのですが、メンテナンスが多過ぎで本当に使えない。希望の仮想通貨が下がって買い時に買えない。上がって売り時に売れない。他社も利用しておりますが殆どメンテナンス無く運営出来ているみたいなので、DMMが何でそこまでメンテナンスが必要なのか理解出来ません。

うぃんちぇすたー

他取引所への送金処理が時間がかかりすぎる。 レートやタイミングを逃がす可能性が高く、スピーディな判断が必要となる仮想通貨でこれは大きなマイナス。

出典:Google Play プレビュー

\イーサリアムの送金手数料も無料!/

NFT関連の暗号資産購入におすすめの海外取引所

nft投資
NFT関連の暗号資産購入におすすめの海外取引所
  • BINANCE
  • OKEx

国内の取引所に取り扱いがない暗号資産は、海外の取引所を利用することになります。ここでは、日本からでも取引可能な海外の取引所を2つ紹介します。

取引所名BINANCEOKEx
取扱通貨数372種類100種類以上
最低取引単位0.0001 BTC(BTCマーケッ
ト)
取引手数料0.1%
※BNBを使用しない場合
OKBの合計保有量、30日間の取引量、1日の資産残高によって変動
送金手数料
入出金手数料入金:無料
出金:市場の状態に基づいて自動的に調整
入金:無料
出金:無料
レバレッジ━明

BINANCE

取扱通貨数372種類
最低取引単位0.0001 BTC(BTCマーケット)
取引手数料0.1%
※BNBを使用しない場合
送金手数料
入出金手数料入金:無料
出金:市場の状態に基づいて自動的に調整
レバレッジ

BINANCEは、世界で最大規模の暗号資産取引所です。取り扱い銘柄は300種類を超えており、国内の取引所では扱っていない多くの銘柄の取引が可能です。

海外の取引所で購入する場合には、まず国内取引所でアカウントを作り、ビットコインを購入。海外取引所にビットコインを送金し、関連銘柄を購入するという流れになります。

海外取引所は、日本の金融庁の許可を受けていないため、トラブル等すべて自己責任となります。利用の際には、十分注意して取引を行いましょう。

OKEx

OKEx
取扱通貨数100種類以上
最低取引単位
取引手数料OKBの合計保有量、30日間の取引量、1日の資産残高によって変動
送金手数料
入出金手数料入金:無料
出金:無料
レバレッジ

OKExは、中国のOKグループが全世界に向けて展開している取引所で、世界でもトップクラスの取引量を誇っています。取り扱い通貨が豊富で、取引量も多いため、取り引きが成立しやすく、流動性が高いところはメリットのひとつと言えるでしょう。

OKExは、日本語非対応のため、初心者の方にとっては少しハードルが高いかもしれません。OKグループは、「OKCoinJapan」という日本向けの取引所も展開しています。こちらは、日本語はもちろん日本円にも対応しているので、初心者の方でもトライしやすいでしょう。

NFT関連の暗号資産を購入する際に注意するポイント

nft投資
NFT関連の暗号資産を購入する際に注意するポイント
  • 価格変動
  • 手数料の高さ

どんな銘柄にも限らず、投資をする際には、少なからずリスクを伴います。どのようなリスクがあるのか、リスクを避けるにはどうしたらいいのかなど、しっかりと注意点を知っておくことは、投資をする際にとても重要なことです。

ここでは、取引する際の注意ポイントをいくつか挙げています。

価格変動

暗号資産は、全体的に価格変動がとても大きく、NFT関連の銘柄に関しても日常的に大幅な価格変動が起こっています。

特に近年は急成長を遂げ、関連銘柄も注目を集めたものが多数ありました。それに伴い急騰も多く見られ、大きな収益を得た投資家も少なくありません。

しかし、急騰があれば、暴落もあるということ。急騰した銘柄は、ちょっとしたきっかけで暴落するリスクが常にあります。また、ビットコインやイーサリアムなど主要な暗号資産につられて急落する可能性もあり得ます。

大きな価格変動に振り回される可能性があるということはしっかり認識しておくことが重要です。万が一、高値で購入した銘柄が下落をしたとしても、無理のない範囲で取引を続ければ、いずれ収益が出るはずです。

焦らずにきちんと戦略を立てて、資金管理を行っていれば、最小限のリスクに抑えることができるでしょう。

手数料の高さ

NFT関連の銘柄の多くは、イーサリアムという暗号資産のブロックチェーンを用いています。そのため、取引などで動きが活発になると、ブロックチェーンが混雑することになります。

イーサリアムは、取引量が増加することによって処理への負荷が大きくなってしまうと、比例してガス代と呼ばれる取引手数料が高くなる仕組みとなっているのです。

銘柄の成長は望ましいことですが、関連銘柄の取引が活発になればなるほど、ガス代が高騰するという構図が出来上がってしまいます。

最近では、NFTマーケットのOpenSeaが対策に取り組み始めていますが、解決には至っていません。ガス代の高騰には注意を払いながら取引を行いたいものですね。

ガス代とは?

ガス代とは、イーサリアムのブロックチェーン上で、操作を実行する際に必要な手数料のことです。

イーサリアムチェーン上で、トランザクションを行う際に必要なネットワーク手数料です。

主に以下のようなケースにてGas代が発生する場合がございます。

・イーサリアムチェーン内で資産を移動する時
・トークンの発行時
・コントラクトを発生させるとき

引用元:GAS Fee(Gas代 / ガス代)とはなんですか? | FAQ/お問い合わせ

通常、ガス代は、トランザクションの実行や、プログラムの処理をした際、その取引に必要な処理を行った実行者に支払う手数料が発生します。イーサリアムでは、この手数料に加え、スマートコントラクトの実行の際にも手数料が必要です。これら2つの手数料を合わせたものが、ガス代となります。

ガス代には、ネットワーク取引の負荷軽減という役割があり、ガス代を設定することで、セキュリティ性の向上にもつながります。

NFT作品に投資してみましょう

ここからは、関連銘柄の取引ではなく、NFT作品へ投資し、収益を得る方法について解説していきます。希少性、唯一性のある作品の売買のよって収益を得たいとお考えの方は参考にしてみてください。

NFT作品に投資するには

nft投資
NFT作品に投資するには
  1. マーケットプレイスに登録する
  2. 暗号資産(仮想通貨)を入金する
  3. 作品を購入する

まずは、作品に投資して収益を得る方法について解説しましょう。いくつか準備が必要なため、そちらを一緒に見ていきましょう。

1. マーケットプレイスに登録する

作品が販売されているマーケットプレイスに登録する必要があります。マニュアルなど用意されており、初心者でも気軽に登録可能です。

2. 暗号資産(仮想通貨)を入金する

マーケットプレイスに登録完了したら、ウェブウォレットに入金をしましょう。イーサリアム系のウェブウォレットのMetaMaskなら、ほとんどのマーケットプレイスと提携しています。

3. 作品を購入する

登録や入金が完了したら、欲しい作品を購入しましょう。様々な商品の取り扱いがあるため、自分の求めているものに一致する作品を見つけられるといいですね。

\Coincheckお得なキャンペーン開催中!/

coincheck-cp-sep
※クリックするとキャンペーンサイトに移動します。

NFT作品の投資ができるおすすめのマーケットプレイス

nft投資
NFT作品の投資ができるおすすめのマーケットプレイス
  • Coincheck NFT(β版)
  • OpenSea

作品の投資ができるマーケットプレイスは、国内外問わず多数あります。今回は、2つのマーケットプレイスをご紹介します。

マーケットプレイス名Coincheck NFT(β版)OpenSea
取扱コンテンツゲーム
トレーディングカード
アート
トレーディングカード
スポーツ
フォトグラフィー
ミュージック
ユーティリティトークンなど
決済通貨ビットコイン、イーサリアムなど15種類イーサリアム、USDC、DAI
手数料販売手数料:販売価格の10%
出庫手数料:0.01 ETH
販売手数料:2.5%
日本円対応不可不可
対応ウォレットMetaMaskMateMask、Coinbase Wallet、Portis など
対応ネットワークイーサリアムイーサリアム、Polygon、Klaytn
※2022年2月16日時点
※データはCoincheck NFTOpenSea、各公式サイトから引用

Coincheck NFT(β版)

取扱コンテンツゲーム
トレーディングカード
決済通貨ビットコイン、イーサリアムなど15種類
手数料販売手数料:販売価格の10%
出庫手数料:0.01 ETH
日本円対応不可
対応ウォレットMetaMask
対応ネットワークイーサリアム
※2022年2月16日時点
※引用元:はじめてのNFTはコインチェック

Coincheck NFT(β版)は、暗号資産取引所である「Coincheck」が運営するマーケットプレイスです。ユーザー同士で、暗号資産と作品の交換取引ができます。

通常、ブロックチェーン上での取引には、ガス代が発生しますが、Coincheck NFT(β版)は、出品や購入にかかる手数料は不要。運営元が信用できるので、高い信頼性があり、取扱い通貨が豊富です。

OpenSea

取扱コンテンツアート
トレーディングカード
スポーツ
フォトグラフィー
ミュージック
ユーティリティトークンなど
決済通貨イーサリアム、USDC、DAI
手数料販売手数料:2.5%
日本円対応不可
対応ウォレットMateMask、Coinbase Wallet、Portis など
対応ネットワークイーサリアム、Polygon、Klaytn
※2022年2月16日時点
※引用元:OpenSea, the largest NFT marketplace

OpenSeaは、イーサリアムをベースに作られた世界の中でも最大手のマーケットです。取扱コンテンツが豊富で、総出品数は400万点を超えており、日本からも数多くのクリエイターがOpenSeaで作品を出品しています。

OpenSeaはイーサリアムをベースに作成されていますが、イーサリアム以外にも、Polygon、Klaytn、テゾスのネットワークに対応。それぞれのネットワークを使えば、ガス代を抑えながら取引することができます。

NFT作品の投資のために購入しておきたい暗号資産

nft投資
NFT作品の投資のために購入しておきたい暗号資産
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアム(ETH)の購入におすすめの取引所

関連の銘柄やCoincheck NFT(β版)やOpenSeaといったマーケットプレイスで取り扱いの作品は、ほとんどがイーサリアムで売買されています。

イーサリアムは、NFT投資で欠かせない暗号資産と言っても過言ではありません。ここでは、イーサリアムについてくわしく解説していきます。

イーサリアム(ETH)

イーサリアムの概要
通貨名Ethereum(イーサリアム)
略称ETH
現在の価格※2022年2月16日時点¥344,507.28
時価総額※2022年2月16日時点¥41,058,014,388,601
取扱取引所(国内)Coincheck、bitFlyer、DMM Bitcoin、GMOコイン、SBI VCトレードなど
取扱取引所(海外)Binance、OKX、CoinFLEX、FTXなど
※Ethereumの情報をもとに筆者作成

イーサリアムは、カナダのプログラマーが開発したプラットフォームのこと。このプラットフォーム内で使われる暗号資産をイーサ(ETH)といい、日本ではプラットフォームも暗号資産も「イーサリアム」と表現しています。

イーサリアムはヴィタリック・ブテリン氏によって開発されたプラットフォームの名称です。このプラットフォーム内で使用される仮想通貨をイーサ(英: Ether、単位: ETH )といいます。日本では、プラットフォームを意味するイーサリアムと通貨を意味するイーサをどちらも「イーサリアム」とする表現が普及しています。

引用元:イーサリアム(Ethereum)とは? | 仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)の購入/販売所/取引所【bitFlyer(ビットフライヤー)】

イーサリアムは、ビットコインに次ぐ時価総額を持ち、大手企業からも注目されており、将来性が大いに期待できる暗号資産です。

イーサリアムの取引におすすめの取引所

ここからは、ETHの売買におすすめの取引所を比較しながら、ランキング形式で紹介していきます。

口座開設する取引所を迷っている人は「コインチェック」をおすすめします。

同社が提供するマーケット「Coincheck NFT(β版)」で作品を購入することができるので、「コインチェック」の口座開設の手続きを済ませればすぐにNFT投資に挑戦できるようになります。

初めての人や、今すぐ投資を開始したい人は下のボタンから口座を開設してみましょう。

NFTの将来

nft投資
NFTの将来
  • NFT分野の発展
  • 取扱い取引所の増加
  • 認知度の拡大

NFTで投資を行うなら、将来性が気になるところ。今後どうなっていくと予想できるでしょうか。

NFT分野の発展

NFTは、まだまだ発展途上で、今後の展望に世界中から注目を浴びている技術です。おもにゲーム分野で取り扱われていますが、これから他の分野での活用も増えてくるでしょう。

唯一性や希少性を持たせることができることで大きなポテンシャルを秘めており、チケットや作品の売買を行いたい企業や、作品の発表を考えているクリエイター、それらを使って取引を行いたい投資家はたくさんいます。

今後の期待値やサービスの斬新性などから、関連の銘柄は価格上昇傾向にあり、比例して関連する分野も大きく発展していくでしょう。

取扱い取引所の増加

NFT関連の銘柄は、他の暗号資産に比べ新しいため、取り扱いのある取引所が少ないのが現状です。上の比較表でも示しておりますが、国内で上場している銘柄、および取り扱いのある取引所はごくわずかです。

しかし、注目度はこれから増加傾向にあると考えられています。注目が集まれば、それに伴い関連銘柄にも注目が集まり、取引所への上場も増えてくる可能性は大いにあります。現状では取り扱いが少なくても、今後増えていくことで、将来性も考えられると思ってもいいでしょう。

認知度の拡大

暗号資産やNFTは、世間での認知度はあまり高いとはいえないでしょう。言葉は知っていても、取り引き経験がある人はまだまだ少なく、広告戦略や、大手企業との提携によって、認知度を上げていく必要があります。

希少性や唯一性を持たせることができるので、これまで価値のなかったデジタル作品を安全に流通させるのに欠かせない技術です。

これから、知名度のあるクリエイターたちがマーケットで作品を発表したり、大企業が参入したりすれば、ニュースとなり、社会からの認知も進んでいくと考えられます。

NFT関連の暗号資産購入におすすめの取引所ランキング

nft投資
NFT関連の暗号資産購入におすすめの取引所ランキング
  • 1位 Coincheck
  • 2位 bitFlyer
  • 3位 GMOコイン

いざ、関連銘柄の取引を行いたくても、取り扱いのある取引所は国内では限られており、どの取引所を選べばいいかわからないという方もいるでしょう。それぞれの取引所にメリットとデメリットがあり、自分がしたい取引ができるかどうかも大きなチェックポイントとなります。

今回は、Coincheck、bitFlye、GMOコインの3つをご紹介します。ランキング形式でメリットとデメリットを解説しておりますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

1位 Coincheck

Coincheckは、上場している暗号資産も国内の取引所の中では多く、いろいろ投資したい方や初心者の方におすすめの取引所です。

Coincheckのメリット

17種類の銘柄を取り扱っており、すべて500円という少額投資ができ、手数料は無料です。豊富な銘柄を扱っているということは、トレードのチャンスも増やすことにつながるため、多くの投資家に人気があります。

また、暗号資産の売買だけでなく、マーケットプレイスの展開やCoincheckつみたてなどサービス内容も充実。アカウント登録から取引開始まで、最短1日で完了できるため、初心者の方でも気軽にトライできるのもメリットのひとつです。

Coincheckのデメリット

コインチェックの最大のデメリットは、レバレッジ取引ができないという点でしょう。以前はレバレッジ取引のサービスを提供しておりましたが、2020年3月をもって終了しています。レバレッジ取引を行いたい方は別の取引所を利用しないといけないため、少し手間になりますね。

スマホのアプリはシンプルなつくりなので、使いやすく初心者にも見やすいというメリットがある反面、テクニカル分析などができないため、細かな情報が必要な方にとっては少し不便を感じるかもしれません。

2位 bitFlyer

bitFlyerは、国内の取引所で最大規模のビットコインの取引量を誇る取引所です。セキュリティもしっかりしており、安心して利用できると人気です。

bitFlyerのメリット

bitFlyerのメリットのひとつは、ビットコインの取引量が国内No.1であることでしょう。取引量が少ないと、希望価格で売買できないこともありますが、取引量が多いと、取引が成立しやすく、希望の価格で売買できる可能性が高くなります。

販売所形式の現物取引を行う場合、0.00000001BTCからビットコインを購入できるため、気軽にチャレンジすることも可能。まとまった資金を投資するときでも、細かく数量調整ができるため、とても便利です。

また「かんたん積み立て」サービスでは、暗号資産(仮想通貨)を1円単位から積み立てられます。積み立て頻度も毎日、毎週、月に2回、月に1回から細かく選べるため、自分に合った積み立て設定をしたい方におすすめです。

bitFlyerのデメリット

bitFlyerでは、イーサリアムを除くアルトコインの取り扱いが販売所のみです(ビットコイン以外の暗号資産の総称をアルトコインと言う)。取引所でアルトコインの取引を行いたい方には、bitFlyerはあまり向いていないかもしれません。

また、bitFlyerは、出金手数料が他社に比べると少し高く設定してあります。三井住友銀行以外だと、3万円以上の出金には770円(税込)かかり、手数料を安く抑えたい方には向いていないでしょう。

\Lightningでイーサリアムの取引ができる!/

3位 GMOコイン

GMOコインは、ビットコインを始め、人気のアルトコインなど取り扱い銘柄が国内最大規模の取引所です。

GMOコインのメリット

GMOのメリットは、各種手数料が無料もしくは低価に設定されており、手数料を気にせずコストを抑えた取引が実現できます。

また、現物取引やレバレッジ取引などもできるため、GMOコインの口座を持っておけば、いろいろなスタイルの投資を楽しめます。

GMOコインは、金融関連事業を幅広く展開しているGMOインターネットグループが運営する取引所です。金融事業で培ったセキュリティと管理体制を、GMOコインにも活用しているため、セキュリティ性の高さも魅力のひとつです。

  

米フォーブスが世界60の暗号資産(仮想通貨取引所)を分析し、セキュリティ対策や取引手数料、機関投資家の支持、コンプライアンスなどの10項目の基準で​​評価したランキングでも、日本の取引所で唯一、9位にランクインしています。

GMOコインのデメリット

GMOコインは、レバレッジ取引で追証が発生する場合があります。追証とは、予想に反して相場が逆行した際、追加入金をしなければいけない制度のこと。入金できなければ、強制決済されてしまいます。

また、GMOコインの最低出金額は1万円〜と他社に比べて高めに設定されています。気軽に出金しにくく、少額取引がしたい方にとっては、デメリットと言えるでしょう。

\エンジンコインやテゾスも取り扱い!/

NFTの知識を身に付け投資をはじめよう

nft投資

NFTは暗号資産のひとつですが、デジタル作品に唯一無二の価値を持たせるという特徴は、ほかの暗号資産とはまったく異なる使われ方ができます。そのため、デジタル作品を作成している方には、とても魅力的なサービスとなるはずです。

今後さらに注目を浴び、それに伴い関連銘柄の上昇も期待できます。

NFTで投資をするためには、トレンドに流されるのではなく、しっかりとした知識やリスクを知った上でトライすることが重要です。興味のある方は、まずはマーケットプレイスや取引所の口座開設をされてみてはいかがでしょうか。

NFTの投資についてのQ&A

NFTとは何ですか?

NFTとは、「Non-Fungible Token(代替不可能なトークン)」の略で、唯一無二の価値を持ったデジタルデータのことです。データの管理にセキュリティ性の高いブロックチェーンを使用することでデータの偽造や改ざんを不可能にします。

これまで、複製や偽造が容易にできていたデジタルデータを、唯一無二の価値を持たせ、デジタル資産として所有することができるようになったのです。

NFTで投資をするとはどういうことですか?

NFTでの投資はおもに2つの方法があります。

ひとつは、取引されているブロックチェーン上の暗号資産である関連銘柄の売買によって収益を得る方法。注目度が上がるのに比例し、関連銘柄の価格も上昇を繰り返しており、これからさらに収益が期待できる投資方法です。

もうひとつは、マーケットで作品を購入する方法があります。アートなどの作品を購入し、価格上昇のタイミングで売却すれば、収益を得ることができます。また、自分で作成した作品を出品するという方法もあります。

NFT関連銘柄の暗号資産(仮想通貨)とは何ですか?

NFT関連銘柄の暗号資産とは、NFTを作ることが可能なブロックチェーンプラットフォームでの通貨のことです。代表的な銘柄として、エンジンコインやテゾス、アクシーインフィニティなどが挙げられます。

現在、国内取引所で取り扱いのある銘柄は、エンジンコイン、テゾスなど限られた銘柄だけですが、将来性が見込める銘柄ばかりなので、動向に注目しておくといいでしょう。

NFTの作品を購入するにはどうすればいいですか?

作品を購入するには、マーケットプレイスに登録することから始めましょう。本人確認書類を提出し、問題なければアカウントが作成でき、マーケットプレイスの機能が使えるようになります。

作品を購入するためには、ウェブウォレットを作成する必要があります。ウェブウォレットを作成したら、入金し、マーケットプレイスから好きな作品を購入できるようになります。

NFTのコンテンツにはどういったものがありますか?

コンテンツは、アートや音楽、動画などすでにネット上で多く出回っているもののほかに、Tweetやトレカなどとても幅広いです。また、ゲームのキャラクターやアイテムなどもコンテンツのひとつといえます。

※本記事で記載の情報は、個別に記載のない限り、2022年1月25日時点でのものになります。証券会社等の口座開設やキャンペーン利用の際には、各社公式ホームページの最新情報をご確認ください。

関連記事
bitFlyerとCoincheckを徹底比較!それぞれの手数料や特徴について解説
ビットフライヤー(bitFlyer)の評判を深堀り!口コミも紹介
【2022最新】コインチェックの評判を一挙紹介!安全対策やメリット・デメリット
仮想通貨の将来性は?今後期待されているコインをランキングで紹介!
【超初心者向け】ビットコインとは?仕組みや始め方をわかりやすく解説!