目次

  1. リップルが購入できるおすすめの日本の取引所
  2. リップル(XRP)取引におすすめの国内暗号資産取引所
  3. リップルを取り扱いしている国内の取引所の比較
  4. そもそもリップルとはどんな仮想通貨か?
  5. リップルの購入にかかる「手数料」とは
  6. リップルを購入した後の保管方法は?
  7. リップルを買うなら取引所と販売所どっちがいい?
  8. まずは口座開設して取引を始める
  9. どの販売所・取引所でもリップルを扱っているのか
  10. 各取引所の特徴を理解したうえでリップル取引を始めよう
  11. リップルに関するQ&A
  12. 調査概要

リップルは数千種類以上ある暗号資産(仮想通貨)のなかでも国内外ともに知名度が高く、時価総額ランキングでは常にトップ10に入っているほどの人気です。

\各種手数料が無料!/

株式会社ZUUが2022年1月に暗号資産(仮想通貨)取引所の口座保有者500名を対象に行った調査で投資している通貨を調査したところ、11%の人がリップルに投資をしており、ビットコイン、イーサリアムに次いで3番めに人気のある通貨であることがわかりました。

今回はリップルを取引する場合におすすめの日本の取引所やそれぞれの特徴を解説していきます。購入・投資をスムーズに始められるように、ぜひ参考にしてください。

リップルが購入できるおすすめの日本の取引所

国内でリップルを取扱をしている取引所

リップルは10種類と多くの国内取引所で扱われているため、特別な理由がない限りは海外よりも国内取引所で購入するのがおすすめです。

海外取引所の場合、日本円で入金ができなかったり、日本語でのサポートがなかったりする取引所もあります。特にこれからリップルを買うという初心者の方なら、国内取引所のほうが安心して取引を行えるでしょう。

\リップルを買うなら/

リップルを取り扱っている国内の取引所

リップルを取り扱いしている国内取引所は、以下のとおりです。

リップルを取り扱っている国内取引所


  • Coincheck(コインチェク)
  • DMM Bitcoin
  • bitFlyer(ビットフライヤー)
  • GMOコイン
  • SBI VCトレード
  • bitbank(ビットバンク)
  • Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)
  • Huobi Japan
  • BITPOINT
  • DeCurret

それぞれの特徴やメリットについて本記事で解説していくので、ぜひ参考にしてください。

\1円から仮想通貨を買える!/

リップル(XRP)取引におすすめの国内暗号資産取引所

bitFlyer(ビットフライヤー)

最もおすすめなのは、bitFlyer(ビットフライヤー)です。 本章ではその理由やメリット、ビットフライヤーの特徴を紹介します。
bitFlyer以外の日本の取引所についても、後ほど手数料や取り扱い銘柄を紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

人気通貨のリップル取引には「bitFlyer(ビットフライヤー)」がおすすめ

株式会社ZUUが2022年1月に暗号資産(仮想通貨)取引所の口座保有者500名を対象に行った調査では、bifFlyerをメインで利用している利用者の利用理由として取扱銘柄(通貨)数、最低取引金額の低さ、各種手数料の安さ、会社の知名度・信頼性、セキュリティの高さがTOP5占めており、 少額で手軽に暗号資産を購入できることや、知名度・信頼性、セキュリティといった安心感が重要視されていることがわかりました。

“ビットフライヤー”

\1円から仮想通貨を買える!/

おすすめポイント

  • ビットコインの取引量が国内No1※
  • 少量から注文できる

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016年-2020年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴

bitFlyerの特徴は、まず仮想通貨の取引量が非常に多いことです。それほど多くの流通があるにも関わらず、ハッキング被害を一度も受けたことがないというセキュリティの高さも大きな強みです。

また、わずかな数量からでも注文できるため、仮想通貨初心者の方も始めやすいといったメリットがあります。

それぞれの特徴について、さらに詳しく説明していきます。

取引量が国内トップクラス

bitFlyerはビットコインの取引量が国内No1の取引所です。

時価総額No.1であるビットコインが多く流通しているという事実は、それほど多くの投資家に支持されていることを表しています。ユーザーからの人気は信頼や安心感につながる上、取引のしやすさや対応なども良いことが想像できるでしょう。

また、取引量が多いと自分の売りたいときに売買が成立しやすいため、利益を上げやすいとも言えます。好きなタイミングや希望価格で取引を行うには、取引所における流通量の多さが大切です。

ビットコイン取引量 5 年連続国内 No.1*1 の暗号資産(仮想通貨)取引所を運営する株式会社 bitFlyer(本社:東京都港区、代表取締役:林 邦良、以下「当社」)は、第三者機関による「暗号資産取引サービスに関するアンケート」において、4 つの指標で No.1 *2を獲得しましたことをお知らせいたします。

わずかな数量でも注文できる

bitFlyerは少量から注文できる点も特徴です。最低取引数量は通貨ごとに定められており、リップルは取引所なら0.1XRP、販売所ならわずか0.000001XRPから購入可能です。

2021年12月初旬時点で1通貨あたり100円前後を推移しているため、非常に少額で投資を行えることがわかります。初期投資を少なく抑えられるため、これから仮想通貨投資を始める方も購入しやすいでしょう。

\1円から仮想通貨を買える!/

リップルを取り扱いしている国内の取引所の比較

おすすめの暗号資産取引所

リップルを取り扱いしている国内の取引所について、比較し詳細を解説します。

取引所名 取引手数料 販売所取扱通貨 取引所取扱通貨
コインチェック ・無料 17通貨 5通貨
2021-12-12-001261 ・現物取引:無料
・レバレッジ取引:無料
現物取引で6通貨
レバレッジ取引で14通貨
-
2021-12-12-001262 ・約定数量×0.01%~0.15% 15通貨 6通貨
2021-12-12-001263 ・販売所:無料
・取引所 Maker:-0.01%
・取引所 Taker:0.05%
17通貨 9通貨
2021-12-12-001272 ・無料 7通貨 7通貨
2021-12-12-001264 ・無料 12通貨 8通貨
2021-12-12-001267 ・BTC/JPYおよびQASH通貨ペア(QASH/JPY, QASH/BTCなど):
無料

・アルトコインを含む
BTC/JPY以外のペアで
QASHを含まないもの:
0.05%(QASHでの支払い)
0.1%(QASH以外での支払い)
10通貨 5通貨
取引所名 取引手数料 販売所取扱通貨 取引所取扱通貨
コインチェック ・無料 16通貨 5通貨
2021-12-12-001261 ・現物取引:無料
・レバレッジ取引:無料
現物取引で6通貨
レバレッジ取引で14通貨
-
2021-12-12-001262 ・約定数量×0.01%~0.15% 15通貨 6通貨
2021-12-12-001263 ・販売所:無料
・取引所 Maker:-0.01%
・取引所 Taker:0.05%
17通貨 9通貨
2021-12-12-001272 ・無料 7通貨 7通貨
2021-12-12-001264 ・無料 12通貨 8通貨
2021-12-12-001267 ・BTC/JPYおよびQASH通貨ペア(QASH/JPY, QASH/BTCなど):
無料

・アルトコインを含む
BTC/JPY以外のペアで
QASHを含まないもの:
0.05%(QASHでの支払い)
0.1%(QASH以外での支払い)
10通貨 5通貨

特におすすめなのはCoincheck!

上記の比較表を見ても正直どの取引所で口座を開設するかわからないと感じている場合、「Coincheck」をお勧めします!

Coincheckは、取扱通貨数が17種類と豊富にあり、最低取引手数料はわずか500円相当額となっています。

また、販売所と取引所両方の取引手数料も無料なのでビットコイン初心者でも始めやすい取引所としておすすめです

        

\Coincheckお得なキャンペーン開催中!/

coincheck-cp-sep
※クリックするとキャンペーンサイトに移動します。
       

アプリダウンロード数 国内NO.1!「Coincheck(コインチェック)」

コインチェック

\Coincheckお得なキャンペーン開催中!/

coincheck-cp-sep
※クリックするとキャンペーンサイトに移動します。
 
Coincheckの会社概要
  • 運営会社:コインチェック株式会社
  • 設立:2012年8月28日
  • 代表取締役:蓮尾 聡
取扱通貨(販売所) 17通貨
取扱通貨(取引所) 5通貨
最低取引量(販売所)
(XRP)
円建てで500円相当額
BTC建てで0.001BTC相当額
最低取引量(取引所) リップルの取り扱いなし
取引手数料(販売所)
(XRP)
無料(スプレッド)
取引手数料(取引所) リップルの取り扱いなし
入金手数料 銀行振込:無料
コンビニ入金・クイック入金:770円〜
2022/7/15現在:
コンビニ入金・クイック入金は停止中
出金手数料 407円
送金手数料(XRP) 0.15XRP

Coincheck(コインチェック)はアプリダウンロード数が国内No.1の実績がある、人気の取引所です。

コインチェック株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:蓮尾 聡、以下当社)の提供する「Coincheckアプリ」では、2021年においてダウンロード数「国内No.1(※)」を記録しました。Coincheckアプリがダウンロード数「国内No.1」を獲得するのは、2019年から3年連続です。

bitFlyerと同様に販売所と取引所の機能を持っており、販売所では17通貨、取引所で5通貨を扱っています。リップルが扱われているのは販売所であり、取引所ではビットコインイーサリアムクラシックファクトム、モナコイン、パレットトークンを売買可能です。

販売所ではリップルのほかに、取引所で扱われている4通貨(パレットトークンを除く)やイーサリアムライトコインビットコインキャッシュ、ネムなどの国内でも特に知名度のある通貨をおさえています。

また、人気の出てきたエンジンコインやステラルーメンのほか、クアンタム、アイオーエスティー、リスク、オーエムジー、ベーシックアテンショントークンといった将来性に期待できる通貨も販売所では購入可能です。

Coincheckはどの通貨でも最低注文金額が購入・売却ともに日本円建てで500円相当額という点も特徴です。仮想通貨の現在レートによらないため、わかりやすくなっています。

さらに、取引手数料は販売所・取引所ともに無料なため、少額資金で仮想通貨投資を始められるでしょう。日本円の入金時にかかる入金手数料も、銀行振込なら無料です。

取引画面が見やすく、初心者でもストレスフリーで使える点も人気が高い理由の1つです。

(引用:Coincheck)

Coincheckアプリについての良い評判・口コミ

野田浩輝

★★★★

初心者でも直感で扱えるので助かりました。 また購入時に日本円でいくら購入する等、初心者に優しい仕様でありかだいです。

  

エージャロst

★★★★

初めての暗号資産取引ですが、必要な情報も分かりやすく見ることが出来て、毎日チャートを見るのが楽しみです。

ミノフェーヴル

★★★★

初めての取引でしたが、それほど時間もかからず、無事に口座開設、取引ができるよつになりました。 今後は実際に取引してからの評価になりますね。

出典:Google Play プレビュー

Cioncheckアプリついての悪い評判・口コミ

酒呑み蛙の戯れ言

★★★

暗号資産取引初心者向けです。UIは分かりやすくて使いやすいです。ただ、シンプルが故に販売所のみの取引で、スプレッドが広く、結果プラスになりにくいため、中級者以上にはオススメできません。

みやんまのん

★★

二段階認証が設定できません! 何度やっても。 Q&A等も参考にしてますが、できまへん。

moyashi T

不具合が多い。認証のための画像登録ができなかったり、撮影完了時に住所まで消えるなど

出典:Google Play プレビュー

Coincheckの安全性、セキュリティ

Coincheckは2018年にハッキングの被害がありましたが、東証一部上場企業であるマネックスグループの子会社となってからはガバナンスも見直され、セキュリティが非常に強くなっています。

具体的に行われている対策は以下のとおりです。

Coincheckの安全性、セキュリティ


  • 経営資金と分離した管理
  • コールドウォレットの導入
  • マルチシグの採用
  • 2段階認証
  • SSL通信
  • パスワードの強度チェック・ハッシュ化
  • アカウントロック機能
  • 自動タイムアウト
“コインチェックセキュリティ”

一定回数パスワードを間違えた場合など、アカウントが自動的にロックされることで不正アクセスを防止できます。これによって、ブルートフォースアタックといったパスワードの総当り攻撃も回避できます。

また、コールドウォレットの採用によってネットに繋がっていない状態で資産が保管されているため、万が一ハッキングをされてもユーザーの資金は流出しません。

Coincheckの経営資金とも完全に分離して管理されています。マネックスのセキュリティ技術が入っているため、安心して資金を預けることができるでしょう。

\Coincheckお得なキャンペーン開催中!/

coincheck-cp-sep
※クリックするとキャンペーンサイトに移動します。

\ダウンロード数No.1!/

コストの安さが魅力の取引所「DMM Bitcoin」

DMM Bitcoin
引用元:DMM Bitcoin
DMM Bitcoinの会社概要
  • 運営会社:株式会社DMM Bitcoin
  • 設立:2016年11月7日
  • 代表取締役:田口 仁
取扱通貨 販売所 14通貨
取引所 -
最低取引量
(XRP)
販売所 1XRP
取引所 -
取引手数料
(XRP)
販売所 無料(スプレッド)
※BitMatch注文を除く
取引所 -
入金手数料 無料
出金手数料 無料
送金手数料(XRP) 無料

DMM Bitcoinで取り扱っている通貨は販売所の現物取引で6通貨、レバレッジ取引で12通貨となっています。

現物取引とレバレッジの両方で扱われている通貨はリップルのほか、ビットコインイーサリアムライトコインビットコインキャッシュ、ステラルーメンです。

レバレッジ取引のみで売買可能な通貨はイーサリアムクラシックやネム、モナコイン、クアンタム、オーエムジー、ベーシックアテンショントークンとなっています。

現物取引、レバレッジ取引ともに取引手数料は無料です。さらに入出金手数料は日本円も仮想通貨でも無料と、各種手数料が無料な点が大きな魅力です。

リップルの最低取引数量は1XRPのため、少額からでも購入できます。

また、公式サイトの問い合わせフォームやLINEから問い合わせすることもできるため、初心者でも気軽に始められるでしょう。

DMMビットコインついての良い評判・口コミ

TOSHI

★★★★★

LINEでの初歩的な問い合わせに対して、とてもわかりやすく説明をしてくれる上に返信も早い。 事の流れが理解が出来てからはとにかく便利で早くスムーズに取引できると思う。 自分としては入出金の早さも含め、このアプリにして正解だったと思う。 通算損益がわかると初心者にもありがたいですね

はる

★★★★★

(,,^_^,,)とても使いやすいアプリです。トップレイアウトが分かりやすい為、初心者の方も すぐ使えるはずです★入金などのやり方も、指示が出るので その通りやればポンポンです。売り買いも見やすく表示されており簡単·便利♪取引所は何社か使っていますが、アプリは「DMMビットコインアプリ」だけを使っています。オススメです★

トーキング・ヒーラー アリー

★★★★

使い勝手は悪くないと思います。ただ、慣れないうちは「ウォレット口座」「トレード口座)の2つあることを忘れて、慌てたりしてました。 使い始めて1か月くらいですが、今はそこはなんとかなるようになりました。 あと、時間はかかります。 登場もないことだけど、急ぐときはそこがネックになるかも。

出典:Google Play プレビュー

DMMビットコインついての悪い評判・口コミ

PDK_ JPN

★★★

過去のレビューでも出てましたがチャート欄で【Bid/売】と【Ask/買】の切替えが非常にめんどくさい。一々チャート設定から切替えが一手間かかる。ワンタッチで切替えできるようにして欲しい。 あと、メンテナンスがなんで日中にやるんだろ。普通は深夜とかではないのかな?

momotaro samurai

アプリの画面構成等は見易く出来ており問題点ないのですが、メンテナンスが多過ぎで本当に使えない。希望の仮想通貨が下がって買い時に買えない。上がって売り時に売れない。他社も利用しておりますが殆どメンテナンス無く運営出来ているみたいなので、DMMが何でそこまでメンテナンスが必要なのか理解出来ません。

うぃんちぇすたー

他取引所への送金処理が時間がかかりすぎる。 レートやタイミングを逃がす可能性が高く、スピーディな判断が必要となる仮想通貨でこれは大きなマイナス。

出典:Google Play プレビュー

DMM Bitcoinで実施中のキャンペーン

現在DMM Bitcoinでは、新規に口座開設をされたお客様全員に2,000円を即時プレゼントするキャンペーンを2022年4月1日まで開催中です。
また、サービス開始から4周年を迎えたことを記念して、2022年1月12日から2022年6月30日までの6カ月間、様々なキャンペーンが次々に追加されていく「おかげさまで4周年!DMM Bitcoinが進化する!6カ月連続キャンペーン」も実施していますので、 まだ口座をお持ちでない方はお得に暗号資産投資を始められるこの機会を見逃さず、キャンペーン期間中に口座開設をしておきましょう。

いつもDMM Bitcoinをご利用いただき、誠にありがとうございます。

お客様の暗号資産への投資を応援するため、新規に口座開設をされたお客様全員に2,000円を即時プレゼントするキャンペーンを開催いたします。

今回のキャンペーンは、口座開設完了後、即時にプレゼントを受取ることができるようにシステムを改善し、口座開設完了直後から、キャンペーンプレゼントの2,000円をお取引にご利用いただくことが可能となりました。

この機会に、是非、DMM Bitcoinでのお取引をご検討ください。

少額から購入も可能な「bitFlyer(ビットフライヤー)」

bitFlyer
引用元:bitFlyer

\ビットコイン取引量6年連続No.1!/

bitFlyerの会社概要
  • 運営会社:株式会社bitFlyer
  • 設立:2014年1月9日
  • 代表取締役:関 正明
取扱通貨 販売所 15通貨
取引所 6通貨
最低取引量
(XRP)
販売所 0.000001XRP
取引所 0.1XRP
取引手数料
(XRP)
販売所 無料(スプレッド)
取引所 約定数量×0.01%~0.15%
入金手数料 銀行振り込み:無料
クイック入金(住信SBIネット銀行):無料
クイック入金(住信SBIネット銀行以外):330円
出金手数料 220円〜770円
送金手数料(XRP) 無料

bitFlyerは販売所方式と取引所方式の両方を備えており、販売所で15通貨、取引所では6通貨を扱っています。

リップル以外にもビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)などの主要な通貨はもちろんのこと、テゾス(XTZ)やポルカドット(DOT)といった注目の通貨も扱っている点が特徴です。

そのほか、ネム(XEM)やライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、モナコイン(MONA)、イーサリアムクラシック(ETC)、リスク(LSK)、ステラルーメン(XLM)、ベーシックアテンショントークン(BAT)、チェーンリンク(LINK)などを扱っています。

最低取引数量は通貨ごとに異なり、リップルは取引所で0.1XRP、販売所なら0.000001XRPと、かなり少量から購入できます。

取引手数料は販売所なら無料(別途スプレッドあり)、取引所では0.01~0.15%と比較的低いため、投資を始めやすくなっています。

また、仮想通貨の送金手数料はビットコインが0.0004 BTC、イーサリアムが0.005 ETHであるのに対し、リップルは送金手数料が無料である点も魅力です。

出金手数料は三井住友銀行の場合、出金額が3万円未満なら220円、3万円以上で440円となっています。頻繁に出金するより、ある程度まとまった金額になってから出金したり、長期保有したりすると良いでしょう。

日本円入金時の手数料は銀行振込なら無料のため、非常に経費を少なく始められます。

bitFlyerアプリについての良い評判・口コミ

イト豪

★★★★★

セキュリティーがしっかりしていて初心者には解りやすく使いやすいです。

東京一太郎

★★★★★

変動状況が見やすく、売り買いもストレスなしで操作でき助かっています。

kaoru inagaki

★★★★

他のアプリはわからないけど、仮想通貨関連のニュースが色々見れるのが個人的に嬉しい

出典:Google Play プレビュー

bitFlyerアプリついての悪い評判・口コミ

ran mike

★★

即入金できんの?時間かかりすぎ。でも審査通すのは早いな。 スプレッドが思った以上に高かった。出金にも手数料かかるのはダメ。

Sky Bule

★★

取引不成立連発で買いたいときにすぐ買えない。

"

えふけい

★★

アプリの出来、見やすさとか国内取引所では特に好きなのですが、手数料はトップクラスに高い。

出典:Google Play プレビュー

(引用:bitFlyer)

\ビットコイン取引量6年連続No.1!/

ビットフライヤーの安全性、セキュリティ

bitFlyerは非常にセキュリティが高く、過去に一度もハッキングをされたことがありません。

具体的なセキュリティ対策としては、以下が挙げられます。

bitFlyerの具体的なセキュリティ対策


  • 最高強度のSSLサーバー証明書(EV)を採用
  • SHA-2(SHA-256)を採用
  • FW(ファイア・ウォール)による社内環境の防御
  • WAFによる不正アクセスの常時監視
  • パスワードの強度チェック
  • アカウントロック機能
  • ログイン履歴の管理
  • 二段階認証の導入
  • 自動タイムアウト
  • マルチ・シグネチャ
  • コールドウォレットによる保管
  • ハッキングテスト
  • ウィルスチェック
  • IPアドレス制限
  • XSS(クロスサイトスクリプティング)対策
  • 顧客資産の分別管理

上記に挙げたものはbitFlyerで行われているセキュリティ対策のほんの一部に過ぎず、このほかにもあらゆる施策が実行されています。

特に力を入れているSSLは、通信内容を外部から傍受できないように暗号化する仕組みです。SSLは一般のWebサイトにも用いられますが、その暗号化の技術にもレベルがあり、bitFlyerでは世界基準のSSL証明書を採用しています。

また、プログラムによる攻撃を防御する対策やログの管理、フィルタリング機能など様々な方法によって、強固なセキュリティが実現されています。

bitFlyerで実施中のキャンペーン

現在bitFlyerの販売所で仮想通貨を1万円以上購入すると、抽選で最大5万円相当のベーシックアテンショントークンが当たるキャンペーンを2022年3月31日まで実施中です。
まだbitFlyerの口座をお持ちでない方は、この機会にぜひ口座開設を検討してみてください。

【キャンペーンについて】

■タイトル bitFlyer×Brave Android版公開記念 共同キャンペーン 抽選で最大5万円相当の「BAT」をプレゼント! https://try.bravesoftware.jp/brave_20220121-1/

■概要 bitFlyerアカウントとBraveブラウザを連携している方を対象とし、所定の数量以上の暗号資産の購入をされたお客様のうち、抽選で合計80人に「BAT」をプレゼントします。

■キャンペーン期間 2022年2月9日(水)午前9時00分~2022年3月31日(木)午後11時59分

(参照:PR TIMES)

\ビットコイン取引量6年連続No.1!/

取引手数料無料でアプリの評判も上々の「GMOコイン」

GMOコイン
引用元:GMOコイン
GMOコインの会社概要
  • 運営会社:GMOコイン株式会社
  • 設立:2016年10月
  • 代表取締役:石村 富隆
取扱通貨 販売所 17通貨
取引所 9通貨
最低取引量
(XRP)
販売所 2XRP
取引所 1XRP
取引手数料
(XRP)
販売所 無料(スプレッド)
取引所 Maker:-0.01%
Taker:0.05%
入金手数料 銀行振込:無料
クイック入金:無料
出金手数料 無料
大口出金:400円
送金手数料(XRP) 無料

GMOコインはGMOインターネットグループが運営する取引所です。販売所で17通貨、取引所で9通貨を扱っており、リップルは販売所と取引所のどちらでも売買可能です。

その他、取引所と販売所の両方で扱っている通貨としてはビットコインイーサリアム、ネムのほかに、ライトコインビットコインキャッシュ、ステラルーメンなどがあります。

販売所のみで扱っている通貨は、エンジンコインやテゾス、ポルカドット、クアンタム、ベーシックアテンショントークン、オーエムジー、コスモス(ATOM)などです。

また、シンボル(XYM)は取引所のみで取り扱いがあります。

GMOコインは日本円の入出金手数料や暗号資産の送金手数料が無料な点が魅力です。即時入金の際にも手数料はかかりません。そのため、日本円の入金・出金をこまめに行うことができ、仮想通貨初心者の方にも向いていると言えます。

リップルの最小注文数量は販売所・取引所ともに1回あたり1XRPで、最小注文単位は取引所なら1XRP、販売所なら0.000001 XRPとなっています。1通貨あたり100円前後のため、少額から売買可能です。さらに取引手数料は販売所なら無料です。

取引所ではTaker手数料が0.05%、Maker手数料はマイナス(-0.01%)となっており、Maker注文の際には手数料をもらえる仕組みとなっています。

GMOコインアプリについての良い評判・口コミ

天ヶ瀬アギト

★★★★

ブラウザと同じ機能が搭載されてるので不自由はない 元々が使いやすいのでこのアプリも同様に使い心地が良い むしろ機能を絞った(円の入出金、BTC,ETHの現物売買、入出金のみの)ライト版のようなアプリが欲しいと思った

Googleユーザー

★★★★★

仮想通貨を預けるのはやっぱり上場会社じゃないと安心できないのでGMOにしてたが、資産状況のチェックがすごく楽になった。やっぱり使いやすい。チャートについては、別で出ているFX専用アプリのほうが見やすい。あとは、ウィジェット機能でチャートをホーム画面に出せるのは地味にうれしい。

Satoshi Gotoh

★★★★★

bitflyerやCoincheckより使い勝手がいい。 操作性がいいし注文もスムーズ。 サクサク動く。 メンテナンス時間も出来高とボラティリティが低い時間帯に設定してあるので問題なし。 欲を言えば最大レバレッジを上げてもらいたい。アプリの問題ではなく規制の問題ですが。

出典:Google Play プレビュー

GMOコインアプリついての悪い評判・口コミ

svakioak

バックグラウンドからアプリを切り替える度に、ネットワーク系のエラーが出て煩わしいです。プラグイン系エラーだと思いますが、この頻発具合はテスト不備を疑うレベルです。また、アプリ内の画面切り替え(チャート→トレード画面)等すると、チャートに引いていたトレンドラインがズレます。表示足を一旦切り替えると直りますが、これも地味に不便です。

らららライ!

口座開設がようやく終わり、さぁログインしようかとしたら、ネットワークエラーで入れません。2段階認証のメールが頻繁に来るんですが、パスワードの再設定を行っても全く同じ症状がでます。もしやと思ってここを調べたら他でも頻発してるようですね。レビューへの回答も無し。お金を扱うのですから、しっかりと対応してほしいですね。☹️

"

ビット子

水曜の15時から、という動きやすく、かつトレードしたい時間帯に定期メンテナンスに入る。その上、メンテ時間中のチャートはメンテ後も描かれない。大きく変動しているときに接続が切れる。本当に切れる。悪い点は細かく売り買いするトレーダーには看過できない。

出典:Google Play プレビュー

GMOコインで実施中のキャンペーン

現在GMOコインでは、「販売所」または「つみたて暗号資産」で暗号資産を1回以上購入された方の中から、毎日抽選で10名に現金1,000円をプレゼント中です。
2022年2月18日現在は終了予定期日は明示されていませんが、予告なく終了する可能性もありますので口座開設をご検討の方は早めの登録がおすすめです。

プログラム概要 「販売所」または「つみたて暗号資産」において、暗号資産(仮想通貨)を1回以上購入されたお客さまの中から毎日抽選で10名様に現金1,000円をプレゼントいたします。

“GMOコイン”

7通貨に絞ったハイレベルな取引所「SBI VCトレード」

SBI VCトレード
引用元:SBI VCトレード
SBI VC Tradeの会社概要
  • 運営会社:SBI VCトレード株式会社
  • 設立:2017年5月26日
  • 代表取締役:尾崎 文紀
取扱通貨 販売所 7通貨
取引所 7通貨
最低取引量
(XRP)
販売所 500円または10XRP
取引所 500円または10XRP
取引手数料
(XRP)
販売所 無料(スプレッド)
取引所 無料
入金手数料 無料
出金手数料 無料
送金手数料(XRP) 無料

SBI VCトレードは販売所と取引所の機能を有し、7通貨を扱っています。

取り扱い通貨は取引所・販売所ともに同じ銘柄で、リップルのほかにビットコインイーサリアムライトコインビットコインキャッシュ、ポルカドット、チェーンリンクを売買可能です。

SBI VCトレードは各種取引手数料が無料という点が大きなメリットです。取引手数料だけでなく、入出金手数料や仮想通貨の入出庫手数料、口座開設および口座維持手数料も無料となっています。

国内最大級のネット銀行を運営するSBIグループであるだけに、セキュリティも堅牢です。

さらに、2021年12月には暗号資産取引所のTAOTAOとも合併したため、今後ますます事業の拡大を期待できるでしょう。

SBI VCトレードについての良い評判・口コミ

モーニングラン

★★★★★

初心者には簡単で使いやすい。予約 は指値でわかりやすい。予約注文は、現在値に対して高い値段、安い値段、売か買かで指値か逆指値を判定して注文してくれるためわかりやすいです。投資が初めての人は金融用語がわからないのですが直感的で使いやすいです。素早い対応も良いと思います!

ちゃんゆたか

★★★★★

他社より断然、見やすい、使いやすい!

40代男性

★★★★

結論から言うと、XRPホルダーは口座をもっておくべきだが、やり方が見事な仮想通貨取引所だ。しかし、、XRPホルダーは、bitbankとともに、口座をもっておくべきだ。なぜなら、なんだかんだ言ってもXRPにフレンドリーであり、また、安全対策もまともにとられているからだ。手数料に不満があれば、bitbankがいいだろう。

出典:Google Play プレビュー

SBI VCトレードについての悪い評判・口コミ

菅原彰

★★

見やすくシンプルなレイアウトで素人でも直感的に操作しやすいアプリです。 ただ、価格が急騰したときなどに決済しようとすると画面が真っ白になり決済できなくなるときがあります。20秒〜30秒待てば決済画面が表示されますが、その時には既に価格が下がっており利確のタイミングを逃してしまいますので、秒単位での決済には不向きだと思います。

南とうま

★★★

アプリでレバレッジ決済が出来ない仕様でしょうか?レバレッジ売ったのに資金がロックされたままで値動きも見られて足りなくなりますアラートも来て焦りました。レバレッジで売り確定しているならアプリでも一括決済あってもよいと思うのですが私の仕様理解の問題でしょうか。宜しくお願いします

m taka

送金の仕様が致命的に悪い。送金が遅すぎる。3営業日以内と書かれているが、仮想通貨なのに営業日でカウントしている点でどうかしている。次に送金手続きをキャンセルできない。送金手数料無料を謳っているが、そもそも仮想通貨の送金手数料は安い。手数払って送金を早くするオプションをつけるぺき。あまりに残念な仕様。そこが解消すればアプリとしては使いやすい。

出典:Google Play プレビュー

ブロックチェーン技術の普及に邁進する「bitbank(ビットバンク)」

bitbank
引用元:bitbank
bitbankの会社概要
  • 運営会社:ビットバンク株式会社
  • 設立:2014年5月
  • 代表取締役:廣末紀之
取扱通貨 販売所 12通貨
取引所 14通貨
最低取引量
(XRP)
販売所 0.000001XRP
取引所 0.0001XRP
取引手数料
(XRP)
販売所 無料(スプレッド)
取引所 Maker:-0.02%
Taker:0.12%
※一部銘柄を除く
入金手数料 無料
出金手数料 550円/770円(3万円以上)
送金手数料(XRP) 0.15XRP

bitbank(ビットバンク)はApp Storeランキングで1位となった取引所です。販売所で14通貨、取引所で12通貨を扱っています。

リップルのほかにビットコインイーサリアムライトコイン、モナコインといった主要通貨を押さえています。

さらにビットコインキャッシュ、ステラルーメン、クアンタム、ベーシックアテンショントークン、オーエムジー(OMG)、シンボル(XYM)、チェーンリンク(LINK)なども購入可能です。

リップルの最低取引数量は取引所で0.0001XRP、販売所なら0.000001XRPとなっており、かなり少量から取引を行えます。

取引手数料は販売所なら無料、取引所ではTaker手数料が0.12%、Maker手数料はマイナス(-0.02%)となっています。

アプリの使いやすさや世界最高水準のセキュリティも、人気の理由の1つです。

bitbankアプリについての良い評判・口コミ

菊川礼二

★★★★★

最近仮想通貨を始めたのですが、セキュリティ面に不安を感じる部分があったので、そのセキュリティ面に定評があるビットバンクを利用しています。対応している通貨も多く、大概の方であればビットバンクで十分なのではないかなと思っています。

空中菜園

★★★★★

友人にビットコインを勧められて色々調べてみたらこちらのアプリが評価が高くて使いやすそうだと思いインストールしました。本当に初心者で知識もほとんどない状態でしたが、チャート画面なども見やすく購入も簡単だったのではじめやすかったです。

酒呑み蛙の戯れ言

★★★★

手数料が安く、UIも使いやすい。希望としては、総資産の変動を期間でグラフ化して表示してほしい。コインチェックアプリのように。

出典:Google Play プレビュー

bitbankアプリついての悪い評判・口コミ

ユーカリユーカリ

★★

ログインの時に二回ログインの作業をしないと入れないときがある。アプリ的には平均取得単価などの表示がなく今どれだけのプラスなのかが全くわからず自分で計算しなければなりません。足りないものが沢山あるアプリです。改善期待します。

kazu k

★★

ただのウェブリンク。ウィジェットも無いどころか、クロームで見るのとなんらかわりがない。 アプリをうたうなら、バイナンスのようにもっとリッチな体験ができるものにしてもらいたい。

湯川学

出金手数料高すぎ。GMOコインの方がいいです

出典:Google Play プレビュー

独自の技術で流動性の高さを提供する「Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)」

Liquid by Quoine
引用元:Liquid by Quoine
Liquid by FTXの会社概要
  • 運営会社:FTX Japan株式会社
  • 設立:2014年11月25日
  • 代表取締役:栢森 加里矢
取扱通貨 販売所 10通貨
取引所 5通貨
最低取引量
(XRP)
販売所 1XRP
取引所 1XRP
取引手数料
(XRP)
販売所 無料(スプレッド)
取引所 QASHでの支払い:0.05%
QASH以外での支払い:0.1%
入金手数料 無料
出金手数料 700円
送金手数料(XRP) 0.25XRP

Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)は10通貨を扱っている取引所です。

リップルのほかにはビットコインイーサリアムビットコインキャッシュ、キャッシュ(QASH)などを取り扱っています。

さらに通貨ペアが多いことも大きな特徴となっており、日本円以外にも暗号資産や外貨とのペアを含めた35種類のペアを取り揃えています。

また、Liquid by Quoineは初心者だけでなく投資経験者も満足できる取引ツールを採用しています。ローソク足や平均足などのチャートのほか、インジケーターなどを用いて分析が可能です。

さらにレバレッジ取引が可能な点もメリットです。レバレッジ取引はリスクもありますが、リターンも大きいため本格派のトレーダーにも向いています。

セキュリティが高い点も人気の理由で、100%コールドウォレットで管理している点が特徴です。アカウントロック機能や顧客資産の分別管理も行っています。

取引手数料は現物取引であればBTC/JPYの通貨ペアの場合、手数料無料となります。またはキャッシュ(QASH)を含む通貨ペアでも無料です。その他のペアの場合は0.1%の取り扱い手数料となります。

日本円の入金手数料は無料ですが、出金手数料(銀行手数料含む)は700円かかるため、まとめて出金すると良いでしょう。

Liquid by Quoineで実施中のキャンペーン

現在Liquid by Quoineでは、ソラナまたはFTXトークンの取引量上位50名に最大10万円をプレゼントするキャンペーンを2022年3月14日まで実施しています。
2022年2月現在、ソラナやFTXトークンを国内で取り扱っているのはLiquid by Quoineのみですので、 Liquid by Quoineで口座開設をしてソラナやFTXトークンへの投資を検討してみてはいかがでしょうか。

キャンペーン期間中に2022年2月15日午後5時より『クイック販売所』または『現物取引』でSOLおよびFTTのお取引があったお客様の中から、取引量合計の上位50名様に順位に応じた現金をプレゼントいたします。 『クイック販売所』の取引量上位50名様、『現物取引』の取引量上位50名様の合計100名様へのプレゼントとなります。

(参照:PR TIMES)

セキュリティ機能が世界水準の「Huobi Japan」

Huobi Japanの会社概要
  • 運営会社:フォビジャパン株式会社
  • 設立:2016年9月
  • 代表取締役:関 磊
取扱通貨 販売所 6通貨
取引所 8通貨
最低取引量
(XRP)
販売所 20XRP
取引所 0.1XRPかつ2円
取引手数料
(XRP)
販売所 無料(スプレッド)
取引所 Maker:0.012%〜0.150%
Taker:0.036%〜0.150%
入金手数料 無料
出金手数料 330円
送金手数料(XRP) 0.1XRP

Huobi Japan(フォビジャパン)は、グループ全体で世界170か国に数千万人のユーザーがいる取引所の日本法人です。2019年にはICOからもセキュリティの高さを認められています。 仮想通貨の取扱銘柄はリップルも含めて全14銘柄・35銘柄ペアと豊富です。

Huobi Japanではどの通貨ペアでもわずか2円から投資を始められることが大きな特徴です。少額から仮想通貨投資を始めたい方にも向いています。

Huobi Japanで実施中のキャンペーン

現在Huobi Japanでは、抽選で最大30,000円相当の暗号資産が当たるキャンペーンを2022年4月26日まで実施中です。
「口座開設クーポン」「初回入金クーポン」「販売所取引クーポン」「取引所取引クーポン」と、タスクが細かく別れていて条件を達成しやすくなっていますし、 抽選で金額は変わるものの全てハズレなしとなっていますので、ぜひ口座開設をしてキャンペーンの抽選に挑戦してみてください。

フォビジャパン株式会社(本社:東京都港区、以下「当社」)は1月26日(水曜日)より「ウェルカムキャンペーン」を開催します。国内取扱いペア数No.1*取引所のフォビジャパン、「顧客本位」というグループの理念に基づいて、「ウェルカムキャンペーン」を通して、抽選で最大30,000円相当の暗号資産が当たる機会を提供します。(*2021年9⽉14⽇時点、当社調べ)

(参照:PR TIMES)

最短10分で口座開設できる「BITPOINT」

取扱通貨 販売所 12通貨
取引所 8通貨
最低取引量
(XRP)
販売所 購入:500円以上
売却:0.000001XRP
取引所 0.01XRP
取引手数料
(XRP)
販売所 無料(スプレッド)
取引所 無料
入金手数料 無料
出金手数料 振込手数料実費分
送金手数料(XRP) 無料

BITPOINTは取引ツールが充実しており、初心者でも簡単に売買できる取引所です。

その中でも特徴的なものはMT4(Meta Trader 4)です。プログラミングにより仮想通貨取引をサポートしてくれるツールで、スマホでも利用できます。MT4を使って自動売買を行えるため、常時チャートを追っていなくても短期での売買が可能となります。

BITPOINTの取り扱い通貨数は12通貨で、リップルのほかにエイダコイン(ADA)やチェーンリンク(LNK)などの銘柄を扱っているのが特徴的です。

ビットポイントについての良い評判・口コミ

グレー

★★★★★

手数料も安く、使いやすいのでよく利用しています。IOSTの入出金の迅速な対応に期待しています。

あらたまはは

★★★★★

スプレッドと出来高🙆‍♀️よき まずこのアプリというか販売所が、売り買いのスプレッドがかなり狭くて指値分からんでも利益出やすそう webでも取引しようと思ったら、webバージョンは指値も出来るっぽかった。普通によき。改善要求の対応もなかなかスピード感あった。頑張ってほしい。

ああ

★★★★

アプリが重いのがネック。 板取引もアプリからはできません。 気づかず高いスプレッドを払い続けている人も多いのではないのでしょうか? ただその点を抜いて考えると送金無料なのはとてもすばらしいし、開設だけでも3000円分配布があったりと仮想通貨に投資を始めるには良いと思う。

出典:Google Play プレビュー

ビットポイントについての悪い評判・口コミ

ロバのパン屋

売ると買うしかできない。指値も逆指値もできない。ウェブは指値も逆指値もできるのにスマホではそれが無理!最低!このままだとタブレットじゃないと売買ができない。資産を増やすためにやっているのに仕事から帰って家に着いてからしか取引できない。

ぽいかも

即時入金が反映されず翌日に反映されるっぽい(´・ω・`)即時とは一体。GMOだったら、こんな事無いわ。トレードチャンスを逃した。機会損失は大きかったです。

0h0 1y1

★★

取扱銘柄数に魅力的な通貨はありますが、審査が遅いです。 3日経っても連絡無しです。 アプリのレビューに対しても、他アプリだと返信があり対応している様子があるが、全く返信なしなのはいかがなものかと。

出典:Google Play プレビュー

BITPOINTで実施中のキャンペーン

現在BITPOINTでは、日本初のディープコインの取り扱い開始などを記念した様々なキャンペーンを2022年3月31日まで開催中です。
抽選で暗号資産が当たるキャンペーンのほか、口座開設などで必ず暗号資産がもらえるキャンペーンも展開していますので、お得に暗号資産取引を始めるチャンスです。

DEP(DEAPcoin、ディープコイン)の取扱い開始を記念いたしまして、以下のキャンペーンを実施いたします。

日本初!DEP取扱い記念 豪華5つのキャンペーン!

第1弾キャンペーン概要 名称 入金キャンペーン キャンペーン期間 2022年1月26日(水)取扱い~2022年3月31日(木)16:00 対象 期間中に累計で10,000円以上の日本円入金を達成されたお客様 プレゼント内容 1,000円相当のDEPをプレゼント

サービスが充実「DeCurret」

取扱通貨 販売所 5通貨
取引所 5通貨
最低取引量
(XRP)
販売所 1XRP
取引所 10XRP
取引手数料
(XRP)
販売所 無料(スプレッド)
取引所 Maker:-0.03%
Taker:0.23%
入金手数料 無料
出金手数料 275円
送金手数料(XRP) 0.01XRP

DeCurret(ディーカレット)は販売所で5通貨、取引所で5通貨、あわせて7通貨を取り扱っています。

DeCurretの大きな特徴は、仮想通貨を電子マネーにチャージできる点です。nanacoや楽天Edy、au PAYなどに対応しています。

通常の出金手数料は275円かかりますが、電子マネーへのチャージであれば1回あたりのチャージ額が3,000円以上の場合、チャージ手数料が無料となる点もメリットです。電子マネーへチャージを行うと、仮想通貨投資で得た利益を日常生活で使いやすくなるでしょう。

また、取引所ではMaker手数料がマイナス(-0.03%)で設定されているため、注文時に手数料を払うのではなく受け取れるといった点も利点です。

DeCurretで実施中のキャンペーン

現在DeCurretでは、新規口座開設後に入金や取引をすると最大2,000円相当のビットコインがもらえるキャンペーンを2022年3月31日まで開催中ですので、キャンペーン期間を逃さないよう早めに登録をしておきましょう。

キャンペーン名 新規口座開設後、入金&取引で最大2,000円分ビットコインをプレゼント!

キャンペーン期間 2022年1月10日(月)00:00 ~ 2022年3月31日(木)23:59 ※当社メンテナンス時間を除く

そもそもリップルとはどんな仮想通貨か?

リップルの特徴

リップルとは、リップル社(Ripple Inc.)が開発した国際送金や決済を行うシステムの名称です。そのシステムで用いられる暗号資産「XRP」を、通称でリップルと呼びます。

通常の国際送金における問題点や、ビットコインイーサリアムのデメリットを解決することを目的として開発されました。

特に大きな特徴は、送金処理が速いことです。通常の国際送金では複数の金融機関を経由するため、送金が完了するまでに数日かかる場合もあります。リップルはこの送金処理が速く、わずか数秒で決済を完了することも可能です。独自の承認方式により、そのスピードを実現しています。

たとえばビットコインでは不特定多数の人が承認に関わるため、送金するには必然的に時間がかかります。一方、リップルでは承認をする人が特定の人に定められているため、速く処理できるという仕組みです。

承認する人は国際送金ソリューション RippleNetに加入しており、世界中の金融機関も続々とRippleNetへ参加しています。

以上の仕組みからわかるように、リップル(XRP)はリップル社が管理している中央集権型の仮想通貨です。この点は、管理者のいないビットコインとは大きく異なる点と言えます。

また、発行上限が1000億XRPと決まっており、すでに上限枚数まで発行済みです。ビットコインの発行上限が2100万BTCであることと比較すると、その流通量の多さがわかるでしょう。

総発行可能枚数1,000億枚。すでに発行済み リップルの総発行枚数はおよそ1,000億枚。ビットコインの発行上限である約2,100万枚と比較するとかなり高い数値に設定されています。

そして、1,000億枚のコインは2005年に全て発行済みであるため、今後新規発行される予定もありません。 また、2020年3月現在、多くの部分をリップル社と創業者が保有しているため、すべてが市場に流通していないといったところも特徴の1つです。

しかしながら、今後新たに発行されることはないため、希少価値があると考えられています。

\Coincheckお得なキャンペーン開催中!/

coincheck-cp-sep
※クリックするとキャンペーンサイトに移動します。

\ダウンロード数No.1!/

リップルの今後

リップルの価格は今後上昇する見込みが充分にあります。その理由は主に以下の5つです。

リップルの今後の価格上昇


  • 国際送金の手段として定着する
  • 発行上限により希少価値が出る
  • 大手企業が出資している
  • アメリカでの訴訟の結果に影響される
  • DeFi関連銘柄が落ち着く

前述したようにリップルはビットコインより速く送金できるため、国際送金の手段として今後も欠かせない通貨になることが予測できます。すでに上限枚数を発行済みのため希少価値があり、値上がりも期待できるでしょう。SBIホールディングスなどの大手企業が出資していることからも、将来性があると考えられます。

また、大きなポイントとなるのはアメリカで行われている裁判です。有価証券にあたるとして提訴され、2022年以降に判決が出る予定となっています。裁判の存在が価格に影響を与えていることは間違いなく、リップルが訴訟に勝利すれば、価値は大きく上がると予想できます。

さらに、昨今はDeFi関連の銘柄が上昇傾向にあるため、リップルは上昇幅は少なくなっていますが、DeFiの市場が落ち着けば再び上昇する見込みは充分にあるでしょう。

\ダウンロード数No.1!/

リップルの購入にかかる「手数料」とは

リップルの手数料

取引所によっては手数料がかかる場合があります。すべての取引所で必ずかかるわけではなく、手数料無料の取引所も存在します。

また、手数料の種類も複数あることを押さえておきましょう。リップルを購入する時だけでなく、入出金などさまざまなタイミングで発生します。

どのような場面で手数料がかかるのかをまず把握し、ご自身が口座開設する取引所では何の手数料が設定されているかをチェックしてみてください。

この章では、リップルの取引でかかる手数料の種類を説明していきます。

取引手数料

リップルの取引においては、主に以下4つの手数料が発生します。

なお、これらを総称して取引手数料と呼ぶ場合もありますが、一般的には「取引手数料=売買手数料」を意味している場合が多いので、覚えておきましょう。

リップルの取引手数料

  • 売買手数料
  • スワップ手数料
  • 入出金手数料
  • 送金手数料

それぞれの手数料について、解説していきます。

売買手数料

売買手数料は暗号資産(仮想通貨)を売買するときにかかる手数料です。

一律で設定されている場合や、購入手数料と売却手数料の金額が異なる場合など、様々な手数料体系があります。また、手数料が無料の取引所も珍しくありません。

手数料が設定されている取引所では、売買するたびに手数料が発生します。

長期保有する場合は取引回数が少ないため、手数料の負担はそれほど大きくないでしょう。

短期で売買する投資スタイルの場合は、手数料が無料の取引所を選ぶと負担が少なく済みます。

スワップ手数料

スワップはFX取引においてよく使われる言葉ですが、仮想通貨におけるスワップ手数料とは、レバレッジ取引を行った際の手数料の1種を指します。

レバレッジ取引の注文を出し、未決済のままで翌日に持ち越されると発生するのがスワップ手数料です。これは未決済のポジションの管理費用となる手数料で、決済が完了するまで毎日発生します。

手数料がかかるリップル(XRP)の取引として、まずは売買手数料が挙げられます。 リップル(XRP)の取引ができるのは、取引所での板取引と販売所での取引です。暗号資産の取引所によって、板取引ができるケースと販売所のみのケースがあります。 板取引や販売所で売買する際に、取引所によっては手数料が発生するため注意しましょう。

入出金手数料

入出金手数料とは、仮想通貨取引所の口座に資金を日本円で入れたり出したりするときにかかる手数料です。

入出金のいずれも無料で行える取引所もあれば、手数料がかかる取引所もあります。入金・出金のいずれか片方のみ手数料が発生するパターンや、両方かかる場合などがあります。

使いやすさの面では、手数料を気にせずいつでも入出金できる取引所の方がやはり上です。頻繁に日本円の出し入れを行う場合は、少しでも入出金手数料の安い所を選ぶと良いでしょう。

また、入出金手数料と振込手数料は別途の場合が多いですが、振込手数料込みで設定されているケースもあるので、事前に確認してみてください。

送金手数料

送金手数料とは、暗号資産(仮想通貨)を他の取引所の口座へ移したり、個人のウォレットへ送ったりするときに発生する手数料です。暗号資産の送付手数料とも呼ばれています。

たとえば国際送金の代替手段として仮想通貨を送金する場合などに発生します。

また、日本円を直接入金できない海外取引所へ国内取引所から仮想通貨を送って入金するケースにも送金手数料がかかるので、覚えておきましょう。

リップルを購入した後の保管方法は?

コールドウォレットとは

購入したリップルの保管のしかたには、主に次の2つがあります。

リップルの保管方法

購入したリップルの保管方法は、次の2つです。

リップルの保管方法は

  • 取引所の口座に保管する
  • 専用のウォレットに保管する

セキュリティ面を考慮すると、ウォレットで保管する方法がおすすめではあります。

特にコールドウォレットと呼ばれるオフラインのウォレットであれば、セキュリティはかなり強固になるでしょう。

コールドウォレットとは、インターネットにつながっていない状態でウォレットを管理する方法です。常にネットに接続している場合、サイバー攻撃などによりウォレットへ不正アクセスされるリスクがあります。ネットにつながっていなければ、攻撃されてもウォレットの中にまでは入って来られないため、資産の流出を防ぐことができます。

コールドウォレットのメリットは、第一にセキュリティ強度の高さです。

ハッキング対象として狙われやすい取引所でも、コールドウォレットの信頼性は高く評価されていますから、安心感は高いといえます。個人で使う場合はハードウェアウォレットが利用しやすく、長期間の保存であればペーパーウォレットが適しているでしょう。

取引所にリップルを預ける場合は、取引所ごとのセキュリティ対策にも注目してみると良いでしょう。たとえば以下のような対策が挙げられます。

取引所ごとのセキュリティ対策


  • 2段階認証
  • アカウントロック機能
  • 世界基準のSSL証明書
  • コールドウォレットの導入

2段階認証やアカウントロックは必須とも言えるセキュリティ対策です。

アカウントロックとは、一定回数パスワードを間違えた場合などに、自動的にアカウントがロックされる機能です。これにより、パスワードを破られて不正アクセスされる心配がなくなります。

このように、リップルの保管方法を決める際には、セキュリティ面を重視して選んでみてください。

リップルを買うなら取引所と販売所どっちがいい?

取引所と販売所どっちがいい?

取引所と販売所には、以下のような違いがあります。

【販売所】
ユーザー(投資家)と販売所の間で取引が成立します。自身が売リに出した仮想通貨を、販売所が買い取ってくれるということです。

反対に、買いたいと思ったときにも販売所が売ってくれるため、すぐに購入できます。

使い勝手は良いですが、取引所よりも取引手数料(主にスプレッド)が高くなる傾向があります。

【取引所】
投資家同士の間で売買が成立します。そのため、売りたい・買いたいと思っても、他の投資家から反対の注文が入らなければ取引が成立しません。

このとき、取引所は投資家同士をマッチングさせるプラットフォームのような役割となります。

約定のしやすさでは販売所に劣りますが、手数料は取引所の方が安いケースが多いです。

以上のような違いから、手数料の安さを重視するなら取引所がおすすめです。

販売所は手数料の負担が大きいですが、取引のしやすさを重視する場合には販売所を利用するのも選択肢のひとつです。

板で相場状況を確認しながら、複数の注文方法で取引する場合は取引所(現物取引)になります。 「買値」と「売値」だけが表示される、シンプルでわかりやすい画面で取引する場合は販売所になります。※販売所の手数料は無料ですが、「買値」と「売値」の差(スプレッド)があります。 取引所(現物取引)では、お取引にあたり上記の取引手数料が発生いたします。※取引手数料は銘柄ごとに異なります。

\Coincheckお得なキャンペーン開催中!/

coincheck-cp-sep
※クリックするとキャンペーンサイトに移動します。

まずは口座開設して取引を始める

口座開設の流れ

実際にリップルの取引を始めるには、日本円で取引ができる国内の取引所で口座の開設を行いましょう。

まずはどこの取引所で口座を開設するかを決定します。取引所を選んだら、口座開設の手順に入ります。

開設から取引までのプロセス

口座開設から取引開始までの流れは以下のとおりです。順番に進めていきましょう。

口座開設から取引開始までの流れ


  1. 取引所の公式サイトへアクセスする
  2. 口座開設のメニューを選択する
  3. 必要事項を入力する
  4. 本人確認を行う
  5. 口座開設コードを入力する
  6. 口座へ日本円を入金する
  7. 仮想通貨の取引を開始する

本人確認には運転免許証やパスポートなどを提出します。スマホを使って写真を撮り、Web上で送信できるため、簡単です。

ほとんどの取引所では手順をわかりやすく解説されているため、説明に沿って進めていけば迷わずに手続きできるでしょう。口座開設の操作自体は早ければ10分程度で終わります。

尚、日本の暗号資産取引所では口座開設の際にマイナンバーの登録が必須となりますので、マイナンバー確認書類も用意しておきましょう。

どの販売所・取引所でもリップルを扱っているのか

どの販売所でもリップルを扱っているのか

本記事で紹介している取引所はすべてリップルを取り扱っています。

しかし、取り扱い通貨は取引所ごとで異なるため、全ての取引所が必ずしも取り扱っているというわけではありません。中にはリップルを扱っていない取引所もあるでしょう。

リップルは日本でも比較的多くの取引所で扱われている通貨ではありますが、この記事で紹介した取引所以外を利用する場合は、公式サイト等で事前に確認してみてください。

各取引所の特徴を理解したうえでリップル取引を始めよう

ご自身に合う取引所を見つけて取引を始めよう

リップルの取引を始めるにあたって必要な基礎知識と、おすすめの国内取引所を解説しました。

取引手数料や入出金手数料、最低取引数量などを見て、利用する取引所を選んでみてください。

たとえば短期の売買で取引回数が多くなるなら、取引手数料が無料のCoincheck、DMM Bitcoin、SBI VCトレードがおすすめです。入出金手数料が無料のGMOコインも適しています。

また、少額から投資を始めたいなら、リップルの最低取引数量が少ないbitFlyerが良いでしょう。

取り扱い通貨数の多いCoincheckやbitFlyer、GMOコインを選ぶと、将来的に投資先の選択肢を増やしやすくなります。

今回紹介した11の取引所の中からご自身に合う取引所を見つけて、リップルの購入や投資を始めてみましょう。

\Coincheckお得なキャンペーン開催中!/

coincheck-cp-sep
※クリックするとキャンペーンサイトに移動します。

\ダウンロード数No.1!/

リップルに関するQ&A

リップルに関するよくある質問をまとめました。

リップルの投資をこれから始める方は、ぜひ気になる項目をチェックしてみてください。実際に取引を始める前に、不明点をなくしておきましょう。

リップルとは何か?
リップルとは数ある暗号資産(仮想通貨)の1つで、ビットコインやイーサリアムに次いで知名度のあるコインです。

もともとはリップル社が開発した国際送金システムで使うための暗号資産でした。国際送金やビットコインによる決済の問題点を解決するために開発された通貨であり、送金処理速度の速さが特徴的です。

リップルはリップル社によって管理されているため、中央集権型の仮想通貨と言えます。ビットコインのように管理者のいない仮想通貨とは大きく異なる点でしょう。
リップルを購入できる取引所はどこがある?
国内取引所では20社以上で取り扱いがあります。その中でもおすすめなのは、本記事で紹介した11の取引所です。bitFlyerやCoincheck、GMOコインなどの知名度が高くセキュリティ万全の取引所で購入可能です。

リップルは仮想通貨の中でも主要な通貨と言えるため、日本でも多くの取引所で扱われていますが、中には取り扱いのない取引所もあるでしょう。口座開設の申し込みをする前に、取り扱い通貨を確認してみてください。
リップルはいくらから購入することができるか?
リップルをいくらから購入できるかは、取引所ごとに異なります。まず最低取引数量が異なるためです。たとえばGMOコインであれば1XRPから購入可能です。bitFlyerでは非常に少なく、取引所なら0.1XRP、販売所ならわずか0.000001XRPから購入できます。

1XRPであれば、そのときのレートで1通貨あたりいくらかを確認すると、金額がわかるでしょう。また、Coincheckのように日本円で500円相当額から購入可能と日本円で最小発注量を定めている取引所もあります。
リップルはいくらから購入することができるか?
リップルをいくらから購入できるかは、取引所ごとに異なります。まず最低取引数量が異なるためです。たとえばGMOコインであれば1XRPから購入可能です。bitFlyerでは非常に少なく、取引所なら0.1XRP、販売所ならわずか0.000001XRPから購入できます。

1XRPであれば、そのときのレートで1通貨あたりいくらかを確認すると、金額がわかるでしょう。また、Coincheckのように日本円で500円相当額から購入可能と定めている取引所もあります。
リップルの購入にかかる「手数料」は何があるか?
リップルの購入でかかる手数料は、主に以下の4つです。

・取引手数料(売買手数料)
・入出金手数料
・スワップ手数料
・送金手数料

どれも取引所によっては無料であったり、有料で設定されていたりします。 リップルの購入や売却時にかかるのが取引手数料(売買手数料)、取引所の口座へ日本円の資金を入出金する際の手数料が入出金手数料、暗号資産を出金する際の手数料が送金手数料です。
リップルの今後は?
リップルは今後、以下の要因により価格が上昇する見込みがあると考えられています。

・国際送金の手段として定着する
・発行上限により希少価値が出る
・大手企業が出資している
・アメリカでの訴訟の結果に影響される
・DeFi関連銘柄が落ち着く

国際送金の手段としてはビットコインやイーサリアムよりも優れているため、これからも利用されるでしょう。 さらに、すでに上限枚数を発行済みのため、希少価値は今後ますます高まると予想されます。2022年以降に決着がつく裁判の行方にも注目していきましょう。

調査概要

実査機関 株式会社クロス・マーケティング
調査目的 暗号資産取引所の口座保有者への満足度に関する調査
調査対象 暗号資産(仮想通貨)取引所で口座を保有している方
調査方法 インターネットリサーチ
調査対象者数 500名
調査実施期間 2022年1月
調査対象地域 日本国内
母集団 暗号資産(仮想通貨)取引所で口座を有する国内の20歳以上の男女500名
関連記事
bitFlyerとCoincheckを徹底比較!それぞれの手数料や特徴について解説
ビットフライヤー(bitFlyer)の評判を深堀り!口コミも紹介
【2022最新】コインチェックの評判を一挙紹介!安全対策やメリット・デメリット
仮想通貨の将来性は?今後期待されているコインをランキングで紹介!
【超初心者向け】ビットコインとは?仕組みや始め方をわかりやすく解説!