明石

  • 印刷

 兵庫県明石市東部の大蔵、中崎地域の海岸と暮らしの変化をテーマにした卒業論文を、神戸学院大学人文学部4年の谷口恵太さん(22)=姫路市=が、地元の協力を得て執筆した。住民24人に聞き取り調査を行い、埋め立て前で海が身近な存在だった昭和初期から中期の生活を中心に、町の風景を浮かび上がらせた。

 谷口さんは同大2年時に人類学の実習で、JR明石駅から大蔵海岸にかけての町並みや歴史を調査した際、現在の市役所周辺が海や砂浜だったことなどを知り、興味を抱いた。「埋め立てが暮らしにどのような変化をもたらしたのか」を重点に、3年の夏から聞き取り調査を実施。住民から当時の写真を借りるなどして、約4万字の論文をまとめた。

明石の最新
もっと見る

天気(7月24日)

  • 32℃
  • 28℃
  • 40%

  • 33℃
  • 26℃
  • 40%

  • 33℃
  • 27℃
  • 20%

  • 34℃
  • 26℃
  • 40%

お知らせ