明石

  • 印刷

 地元の画家から油絵の描き方を学ぶ教室が18日、兵庫県明石市上ノ丸2、市立文化博物館であった。親子連れら30人が、明石城の櫓や明石公園の桜などを自由なタッチや色で表現した。

 同館で開催中の企画展「明石巡り-作品でみる明石のええとこ」の関連行事で、朝霧北町の今井由美さん(59)を講師に招いた。

 今井さんは、「輪郭と影を先に塗り、濃い色から色を付けて」などと指導。参加者の半数以上は油絵初挑戦だったが、今井さんらに絵の具の載せ方や筆遣いを熱心に質問し、明石海峡大橋や天日干ししたタコなど地元らしい風景を思い思いに表現した。

 玉子焼(明石焼)を描いた錦浦小学校4年の男子児童(9)は「油絵は描いたことがなかったけど、上手と言ってもらえてうれしい。次はお母さんをモデルに描いてみたいな」と笑顔だった。(藤井伸哉)

明石の最新
もっと見る

天気(8月25日)

  • 33℃
  • 28℃
  • 60%

  • 30℃
  • 26℃
  • 60%

  • 34℃
  • 28℃
  • 20%

  • 35℃
  • 26℃
  • 40%

お知らせ