明石

  • 印刷
予科練や特攻隊訓練での過酷な実態を語る伊原昭さん=明石市大久保町西島
拡大
予科練や特攻隊訓練での過酷な実態を語る伊原昭さん=明石市大久保町西島

 太平洋戦争中に戦闘機操縦士や特攻隊員の訓練を重ね、九死に一生を得て終戦を迎えた伊原昭さん(90)=兵庫県明石市大久保町西島=が26日、江井島小学校コミュニティ・センター(同)で戦争体験を語った。小中学生を含む65人が、当時の過酷な実態に耳を傾けた。

 江井島まちづくり協議会と同地区人権教育研究協議会が、平和の大切さを次代に伝えようと今年初めて開催した。

 豊岡市出身の伊原さんは、旧制豊岡中(現豊岡高)生だった1943年、戦意が高揚した同級生らの雰囲気にのまれる形で飛行予科練に入隊した。松山や台湾での訓練中は、上官からの精神主義的な体罰が横行。国のため命を惜しまないと思うようになり「教育は怖い」と振り返った。

 台湾での航空戦では、毎朝戦闘機の出撃を見送っていたものの1機も帰って来ず、撃墜されて目を背けるようなむごたらしい姿になった搭乗員を何人も見た。「戦闘機は全く補充されず、全てを失った無駄な戦いだった」

 沖縄戦に備え九州に移り、さらに茨城県へ移った45年、B29に特攻するロケット戦闘機「秋水」が開発されたと聞き、自分を含む全員が搭乗員を志願した。「負け戦が勝ち戦に変わるかもしれない。痛みもなく、一瞬で死ねるのは幸せと思った」。しかし、実戦機が配備されなかったため参加できず、逆に爆撃で一度に20人の仲間を失ったこともあったという。

 伊原さんは搭乗員として一度も出撃することなく北海道で終戦を迎え、予科練の同期生は千人以上亡くなった。講演の最後に伊原さんは中国や東南アジア各国の戦死者数を挙げ、「日本は戦争で受けた被害のことをよく言うが、与えた被害も知っておく必要がある」と締めくくった。

 江井島中2年の女子生徒(13)=大久保町江井島=は「中学生なのに特攻隊に志願するのは考えられない。戦争は怖い」と話していた。(吉本晃司)

明石の最新
もっと見る

天気(9月26日)

  • 28℃
  • 20℃
  • 0%

  • 29℃
  • 15℃
  • 0%

  • 29℃
  • 19℃
  • 0%

  • 31℃
  • 18℃
  • 0%

お知らせ