明石

  • 印刷
明石弦楽四重奏団を結成した「たこフィル」メンバーの安部薫さん=明石市東仲ノ町
拡大
明石弦楽四重奏団を結成した「たこフィル」メンバーの安部薫さん=明石市東仲ノ町

 明石フィルハーモニー管弦楽団(通称・たこフィル)の楽団員4人が今年1月、明石弦楽四重奏団を結成した。2日には兵庫県の明石市民ホール(同市本町1、らぽす5階)で初めてのコンサートを開く。代表の安部薫さん(29)=大久保町大窪=は「定期的に演奏会を開き、地域に根付いて明石に貢献できたら」と話している。

 安部さんは大学生のとき、たこフィル創設メンバーとして入団。卒業後も演奏を続けていたが、30歳を目前にした昨年末、「何もしないまま30歳を迎えていいのか」と感じ、今年の1月、楽団員に弦楽四重奏団の結成を呼び掛けた。

 四重奏団のメンバーは安部さん(ビオラ)のほか、藤澤毬絵さん(第1バイオリン)、藤本雅代さん(第2バイオリン)、玉田陽子さん(チェロ)。それぞれ会社員や大学生などを掛け持ちしているので、練習日時や場所を合わせるのも苦労したという。

 演奏会では、安部さんが「どうしても演奏したかった」というシューベルトの弦楽四重奏曲第14番「死と乙女」をメインに、リヒターの弦楽四重奏曲第1番などを披露する。

 安部さんは「一緒に練習するうちにそれぞれの音の個性も分かるようになった。お互いに寄り添いながら、音楽の調和を目指したい」と話している。

 午後2時から。500円。明石文化芸術創生財団TEL078・918・5085

(吉本晃司)

明石の最新
もっと見る

天気(9月24日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 10%

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 30℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ