明石

  • 印刷
点灯された「パピオスあかし」のクリスマスイルミネーション=明石市大明石町1
拡大
点灯された「パピオスあかし」のクリスマスイルミネーション=明石市大明石町1
明石駅から見た「パピオスあかし」の電飾=明石市大明石町1
拡大
明石駅から見た「パピオスあかし」の電飾=明石市大明石町1

 来月開業1周年を迎える明石駅前再開発ビルの施設棟「パピオスあかし」(兵庫県明石市大明石町1)で11日、クリスマスイルミネーションの点灯式があった。明石市出身の気象予報士蓬莱大介さん(35)や明石の子どもら5人が高さ約15メートルの電飾を点灯した。

 イルミネーションは同ビルのあかし市民広場に装飾。約2メートルのツリーをピラミッド状に20本、6段に飾り付けて約15メートルの大きなツリーをかたどった。点灯前のイベントでは、蓬莱さんが明石での思い出や天気にまつわる豆知識などをトークショーで披露。「予報が外れるとその日は落ち込む」と来場者を笑わせた。

 点灯式は蓬莱さんのほか、明石の子どもたちを代表して涌井琉輝亜君(8)、瞳和君(6)、泉房穂市長、同ビルの入居テナントなどでつくる「パピオスあかし共栄会」の宮内正次会長が参加。赤、黄、緑の電飾や各ツリーの白い光がともると、来場者から大きな歓声が上がっていた。

 イルミネーションは12月27日まで、午後4時半から午前0時まで点灯する。(吉本晃司)

明石の最新
もっと見る

天気(11月21日)

  • 11℃
  • 6℃
  • 20%

  • 10℃
  • 5℃
  • 60%

  • 11℃
  • 6℃
  • 10%

  • 10℃
  • 4℃
  • 30%

お知らせ