明石

  • 印刷
「年明けに仕込む新酒にも期待して」と話す杜氏の中村裕司さん=明石市大久保町西島
「年明けに仕込む新酒にも期待して」と話す杜氏の中村裕司さん=明石市大久保町西島

 江井ヶ嶋酒造(兵庫県明石市大久保町西島)の大吟醸酒が、大阪国税局の清酒鑑評会で優秀賞に選ばれた。6月には世界的な品評会の日本酒部門でも銀賞を受賞。2年前から醸造の指揮を執る杜氏の力が大きいといい、「二つの賞を弾みにして、海外にも販路を広げたい」と意欲的だ。

 受賞したのは「神鷹 大吟醸35」。兵庫県産山田錦を35%まで精白し、手作業で仕込む。口に入れると、大吟醸特有のすっきりしたキレとともに、米のふくよかなうま味も広がる。バランスの取れた味わいが特徴だ。

明石の最新
もっと見る

天気(12月18日)

  • 8℃
  • 2℃
  • 10%

  • 8℃
  • -3℃
  • 20%

  • 8℃
  • 2℃
  • 0%

  • 9℃
  • 0℃
  • 10%

お知らせ