明石

  • 印刷
住吉神社には犬を連れた初詣客も=明石市魚住町中尾
拡大
住吉神社には犬を連れた初詣客も=明石市魚住町中尾

 新しい年が明けて好天にも恵まれた2日、兵庫県明石市内の神社や寺では、1年の平穏や無病息災を願う初詣客でにぎわった。

 同市魚住町中尾の住吉神社では、大みそかの深夜から続々と参拝客が訪れ、縁結びや商売繁盛、合格祈願などを祈った。2日昼には、本殿、拝殿を囲むように100メートルを超える列ができ、次々と鈴を鳴らして手を合わせた。戌年ということで、飼い犬を連れた参拝者が一緒に拝殿に上がる姿も。同神社によると、1日には「明石神楽社中」がお神楽を奉納。正月3が日で約3万人の初詣客を見込んでいるという。

 境内の社務所では、9人の巫女が破魔矢やお札などの縁起物、縁結びや家内安全などのお守りを授けた。おみくじを引いた参拝客は、「大吉」や「吉」などと書かれた吉凶に一喜一憂しながら、境内のしめ縄に結んでいた。

 家族3人で訪れた男性(88)=魚住町西岡=は「心臓が少し悪く、自分も身内も病気がよくなって健康に過ごせるよう願いました。ひ孫も元気に通園できるよう祈りました」と笑顔で話していた。(吉本晃司)

明石の最新
もっと見る

天気(1月19日)

  • 13℃
  • ---℃
  • 0%

  • 9℃
  • ---℃
  • 0%

  • 13℃
  • ---℃
  • 0%

  • 11℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ