明石

  • 印刷
成人式の運営などを議論する実行委のメンバー=明石市役所
拡大
成人式の運営などを議論する実行委のメンバー=明石市役所

 兵庫県明石市の成人式「はたちのつどい2018」が8日午前11時から、市立市民会館(同市中崎1)で開かれる。筋肉の中に骨ができる難病「進行性骨化性線維異形成症(FOP)」と闘う同市の山本育海さん(20)も新成人に。式典を企画、運営する同学年の実行委員たちが、山本さんや難病研究の支援を目指し、会場での募金活動を計画している。

 実行委員会は新成人13人と、来年の対象者18人の計31人で組織され、これまでに約20回、式典の内容などを議論。その中で、同学年の仲間として、病気を「神様からの宿題」と捉える山本さんの力になりたいと、寄付を呼び掛けることにした。式典終了後に実行委のメンバーらが、募金箱を持って会場を巡る。

 実行委員長で大学2年の谷口巧季さん(20)=林3=は「面識はなかったが、同じ学年に前向きに闘病する山本さんがいることは、みんな知っている。少しでも力になりたい」と話す。山本さんは成人式に参加する予定で、「とてもありがたい。難病全体や研究への支援につながってほしい」と話していた。

 式典は、20歳の節目を周囲に感謝しながら、自分らしい華やかな人生のスタートにすることをテーマとし、その決意を代表者が会場で発表する。

 また、実行委のメンバーが、全中学校と特別支援学校計14校の恩師を訪ね、ビデオメッセージを編集して上映。企業や商店などに直談判し、協賛を取り付けた賞品の抽選会などもある。

 成人式の対象者は、1997年4月2日から98年4月1日に生まれた2945人(昨年11月1日現在)。式典の入場は新成人のみで、案内状が必要。市教委青少年教育課TEL078・918・5057

(藤井伸哉)

明石の最新
もっと見る

天気(1月17日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 70%

  • 12℃
  • ---℃
  • 90%

  • 13℃
  • ---℃
  • 70%

  • 14℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ