明石

  • 印刷
地域での活動の幅を広げている「防災ジュニアリーダー」の生徒たち=明石南高校
地域での活動の幅を広げている「防災ジュニアリーダー」の生徒たち=明石南高校

 阪神・淡路大震災などの災害から学び、地域防災の担い手を目指す「防災ジュニアリーダー」の取り組みが、兵庫県立明石南高校(明石市明南町3)で広がっている。生徒会や部活動ではなく、生徒有志の活動という形で続いており、本格始動から今年で5年目。地元自治会の行事にも積極的に参加し、地域での活動も増えている。

 防災ジュニアリーダーは、多くの高校生らも参加した東日本大震災のボランティア活動などを生かすため、2012年、舞子高校(神戸市垂水区)の呼び掛けで始まった。明石南高校では13年に5人がリーダーとなり、翌年から本格的に活動をスタート。校内の避難経路の見直しや、避難所で役立つ段ボール製のトイレづくりなどに挑戦した。

明石の最新
もっと見る

天気(8月18日)

  • 31℃
  • 22℃
  • 10%

  • 30℃
  • 19℃
  • 0%

  • 32℃
  • 21℃
  • 0%

  • 34℃
  • 20℃
  • 0%

お知らせ