明石

  • 印刷
放水をする消防隊員=明石市魚住町中尾
拡大
放水をする消防隊員=明石市魚住町中尾

 火災や震災から文化財を守る意識を高める「文化財防火デー」の26日、兵庫県明石市魚住町中尾の住吉神社で、火災を想定した消防訓練が行われた。市消防本部や消防団、地元の婦人防火クラブのメンバーら37人が参加。市指定文化財の能舞台や楼門がある境内で、万が一に備えて動きを確認していた。

 文化財防火デーは、法隆寺金堂(奈良県)の壁画が火災で焼損したのをきっかけに、1955年に定められた。訓練は、貴重な文化財がある市内の寺社などで、同本部が毎年実施している。

 訓練は、同神社の楼門付近の枯れ草が燃え、参拝者らが初期消火をしたが延焼している-との想定。参拝者役の婦人防火クラブのメンバーと同神社の西海英延宮司が、初期消火や通報を担当。駆け付けた消防隊員が、能舞台や楼門を囲むようにホースを構えて放水していた。

 また、この日は「文化財防災・防犯パトロール」も行われ、市の担当者らが中崎公会堂や明石城などの重要建築物を巡り、防火設備などを点検した。(奥平裕佑)

明石の最新
もっと見る

天気(8月18日)

  • 31℃
  • 22℃
  • 10%

  • 30℃
  • 19℃
  • 0%

  • 32℃
  • 21℃
  • 0%

  • 34℃
  • 20℃
  • 0%

お知らせ