明石

  • 印刷
市内各漁協のブランドのりを買い求める買い物客=明石市本町1
拡大
市内各漁協のブランドのりを買い求める買い物客=明石市本町1

 2月3日の節分を前に、恵方巻きに明石産のりを使ってもらおうと、魚の棚商店街の青空楽市(兵庫県明石市本町1)で28日、「明石新のり恵方巻まつり」が開かれた。市内の5漁協がそれぞれのブランドのりを販売したほか、明石商業高校の生徒が考案したのり巻き「恵方パン」も同高生らが披露。たこ入り恵方巻きも一足早く販売され、のり尽くしのイベントとなった。

 市漁業組合連合会、商工会議所、市商店街連合会などでつくる実行委員会が主催し、今年で3回目。

 会場では各漁協の組合員やのり加工業者らが一番摘みのブランドのりや生のりをPRし、買い物客らが次々と購入。たこや穴子を具に使い、明石のりで巻いた恵方巻きも販売され、数本まとめて買う人もいた。

 神戸女子大学健康福祉学部の学生らは、市地域医療課と連携し、のりのパウダーを使った減塩みそ汁「白玉味噌汁」を開発。神戸学院大生らと一緒に約200食を振る舞った。昔ながらのゲームができるコーナーもあり、参加者には明石のりの引換券もプレゼントされた。(吉本晃司)

明石の最新
もっと見る

天気(2月21日)

  • 9℃
  • ---℃
  • 20%

  • 6℃
  • ---℃
  • 40%

  • 9℃
  • ---℃
  • 10%

  • 10℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ