明石

  • 印刷
明石童謡のつどいのステージで歌うコーラスグループのメンバー=明石市立市民会館
拡大
明石童謡のつどいのステージで歌うコーラスグループのメンバー=明石市立市民会館

 童謡や唱歌、懐かしのヒット曲などを歌って交流する「第9回明石童謡のつどい」が11日、兵庫県明石市立市民会館中ホール(中崎1)で開かれ、10団体約250人が歌声を披露した。

 童謡の素晴らしさを広め世代間交流も図ろうと、明石童謡の会が2010年から開催している。今回は市内のコーラスグループや明石中央児童合唱団、二見中、明石高、明石西高の各合唱部、視覚障害者のグループなどが参加。ハーモニカやクラリネットのグループも賛助出演した。

 ステージでは、この日に向けて練習を重ねてきた各グループが3~5曲ずつ歌い、聴衆から大きな拍手を受けていた。第1回から参加している「わだち会」の女性(84)=同市船上町=は「練習では少し不安になることもあったが、今日はみんなが正確に歌えてうまくいった」と話していた。(吉本晃司)

明石の最新
もっと見る

天気(8月17日)

  • 30℃
  • 24℃
  • 10%

  • 28℃
  • 23℃
  • 10%

  • 31℃
  • 24℃
  • 10%

  • 32℃
  • 23℃
  • 10%

お知らせ