明石

  • 印刷
明石市文化財に指定された掛け軸「三十番神像」(同市提供)
明石市文化財に指定された掛け軸「三十番神像」(同市提供)

 兵庫県明石市教委は、同市日富美町の本立寺に所蔵されている掛け軸「三十番神像」と、林崎三本松瓦窯跡群(同市林崎3)から出土した平安時代の瓦215点を市文化財に指定した。室町時代(15世紀)に描かれた掛け軸は、神仏習合の信仰のあり方を知る資料として、瓦は古代から中世にかけての職人の動向を探る資料としていずれも価値が高いと判断した。

 市教委によると、三十番神とは神仏習合の信仰対象で、1カ月(30日)間、毎日交代で経典などを守る神々。

明石の最新
もっと見る

天気(12月19日)

  • 13℃
  • 6℃
  • 10%

  • 13℃
  • 2℃
  • 20%

  • 13℃
  • 4℃
  • 0%

  • 13℃
  • 3℃
  • 10%

お知らせ