明石

  • 印刷
開店に向け商品の整理をするスタッフ=明石市大蔵中町
開店に向け商品の整理をするスタッフ=明石市大蔵中町

 発達障害や精神障害を抱えた人が社会復帰に向けて働き、社会貢献も目指す雑貨店「ありがたや」が26日、兵庫県明石市大蔵中町に開店する。収益を障害者サッカーや発展途上国の学校建設を支援するNPOなどに寄付するため、商品を納入する業者や購入客も社会貢献に参加できる。運営する「伸楽福祉会」の山下淳さん(58)は「家庭に眠っている雑貨も持ち寄ってもらえれば、商品として貢献につながる」と、寄付を呼び掛けている。

 市内で障害者らの自立を支援する「伸楽福祉会」(大蔵天神町)が、就労継続支援の一環として運営。脳性まひサッカーチーム「CP神戸」を支援する同会が、運営者だけでなく納入者や購入者も社会貢献できる店として開店する。

明石の最新
もっと見る

天気(12月19日)

  • 13℃
  • 6℃
  • 10%

  • 13℃
  • 2℃
  • 20%

  • 13℃
  • 4℃
  • 0%

  • 13℃
  • 3℃
  • 10%

お知らせ