明石

  • 印刷
野鳥写真展を合同で開いた愛好家=明石市東仲ノ町、アスピア明石
拡大
野鳥写真展を合同で開いた愛好家=明石市東仲ノ町、アスピア明石

 兵庫県明石市内などで野鳥の撮影をしている写真愛好家4人が、明石市東仲ノ町のアスピア明石北館スマイルギャラリーで合同展を開いている。明石公園で羽ばたくカワセミの連続写真や、ルリビタキが餌の魚を捕って水から飛び出した写真など18点を展示している。14日まで。

 神戸市垂水区の林田明熟さん(70)、同市北区の三口壽一さん(79)、いずれも同市須磨区の中野勝行さん(75)、中村訓朗さん(76)の4人。

 それぞれ明石市内や神戸、加古川、大阪城公園などでメジロ、エナガ、シジュウカラなどを撮り、持ち寄って批評しあっているという。林田さんは「どの鳥がどこにいるのかを知り、現場で粘るのがこつ」といい、三口さんは「背景も大事にすれば写真が生きてくる」と話している。

 午前10時~午後8時。無料。明石文化芸術創生財団TEL078・918・5085

(吉本晃司)

明石の最新
もっと見る

天気(9月24日)

  • 27℃
  • 22℃
  • 30%

  • 27℃
  • 19℃
  • 50%

  • 28℃
  • 21℃
  • 20%

  • 27℃
  • 20℃
  • 20%

お知らせ