明石

  • 印刷
重厚な演奏を披露する明石吹奏楽団=明石市中崎1、明石市民会館
拡大
重厚な演奏を披露する明石吹奏楽団=明石市中崎1、明石市民会館

 演奏愛好家らでつくる明石吹奏楽団の「第38回定期演奏会」(神戸新聞社など後援)が15日、兵庫県明石市民会館(中崎1)で開かれた。吹奏楽の定番に加え、2017年のNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」のテーマ曲などを奏で、観客約700人を魅了した。

 同楽団は、明石市の高校吹奏楽部の卒業生らが、1971年に結成。現在は10~60代の約40人が所属し、明石公園にある市生涯学習センター分室を拠点に活動している。

 この日は、映画「ニュー・シネマ・パラダイス」の音楽を手掛けたエンニオ・モリコーネさんのメドレーなどを披露し、トランペットやクラリネット、打楽器などの重厚なハーモニーを響かせた。ヤン・バンデルローストさんの吹奏楽曲「アルセナール」や、松任谷由実さんのヒット曲「守ってあげたい」の演奏もあった。(藤井伸哉)

明石の最新
もっと見る

天気(12月19日)

  • 13℃
  • 6℃
  • 10%

  • 13℃
  • 2℃
  • 20%

  • 13℃
  • 4℃
  • 0%

  • 13℃
  • 3℃
  • 10%

お知らせ