明石

  • 印刷
今月から販売を始めた明石の地酒=明石観光案内所
拡大
今月から販売を始めた明石の地酒=明石観光案内所

 兵庫県の明石駅の観光案内所で4月から、明石の地酒5銘柄の販売が始まった。明石は西宮や神戸・灘に次ぐ酒どころとして知られるが、これまで案内所には酒類販売の資格を持つスタッフがおらず、観光客らの要望に対応できていなかった。案内所を運営する明石観光協会は「これを機に、明石らしい酒を多く並べていきたい」としている。

 販売が始まったのは、江井ヶ嶋酒造(大久保町西島)の「神鷹」、西海酒造(魚住町金ケ崎)の「空の鶴」、茨木酒造(魚住町西岡)の「來樂」、明石酒類醸造(大蔵八幡町)の「明石鯛」、大和酒造(大久保町西島)の「大和鶴」。

 いずれも720ミリリットル、価格は1240~3千円。市内に酒蔵を持つ6事業所のうち5事業所が1銘柄ずつ提供している。

 太陽酒造(大久保町江井島)は生産量が少ないため、参加しないという。

 明石観光協会によると、同案内所にはこれまで「どんな地酒があるのか」「どこで買えるのか」といった問い合わせが観光客らからあったという。

 だが、酒類販売の免許がないため、紹介はできても販売はできなかった。駅近くの販売店を案内しても、取り扱っている銘柄が限られ、客の要望に応えられないこともあった。

 同協会は昨年8月、案内所の職員に明石小売酒販組合の研修を受けてもらい、今年1月、明石税務署から一般酒類小売業免許を取得。市内の各酒造会社と販売銘柄を調整し、案内所内に冷蔵庫を整備して今月から販売を始めた。

 客が持ち帰りやすく、高額にならないよう720ミリリットルの瓶で統一。3月にはもう1人の職員も研修を受け、窓口にほぼ常駐できる体制が整った。

 明石には日本酒以外にも地ビールやウイスキー、清水イチゴを使ったリキュールの製造会社があり、同協会は今後、取り扱うことも検討する。

 担当者は「地酒を飲み、気に入れば現地の酒蔵を訪ねてほしい」と話している。同案内所TEL078・911・2660

(吉本晃司)

明石の最新
もっと見る

天気(5月22日)

  • 25℃
  • 17℃
  • 20%

  • 29℃
  • 11℃
  • 10%

  • 28℃
  • 16℃
  • 10%

  • 27℃
  • 15℃
  • 10%

お知らせ