明石

  • 印刷
二人展を開いた大山絹江さん(左)と河本邦芳さん=アスピア明石
拡大
二人展を開いた大山絹江さん(左)と河本邦芳さん=アスピア明石

 西明石で洋画教室を主宰する洋画家、大山絹江さん=兵庫県明石市貴崎=と教室生の河本邦芳さん(41)=神戸市西区=が、明石市東仲ノ町のアスピア明石3階スマイルギャラリーで二人展を開いている。大山さんの油彩やコラージュ作品、河本さんの抽象画など28点が展示されている。28日まで。

 大山さんは地表のリズム感や美しさなどに魅了され、生き物の躍動感や自然美を油彩、アクリル画、コラージュなどで描いてきた。

 コルクを敷き詰めた「いのちのかたち」、布、網、コルクなどを貼り付け、その上から土に近い色で塗った「地表の響き」など、大型の作品が並ぶ。

 河本さんは、2004年から大山さんの教室に通う。そのときの心境をペンキやアクリルで抽象的に描いた作品が多く「浮かんだイメージを2時間ほどで描く」という。「抽象なので見る人によって感じ方が違うと思う。作品で心を動かしたい」と話している。

 午前10時~午後8時、最終日は午後3時まで。無料。明石文化芸術創生財団TEL078・918・5085

(吉本晃司)

明石の最新
もっと見る

天気(10月16日)

  • 22℃
  • ---℃
  • 30%

  • 23℃
  • ---℃
  • 30%

  • 24℃
  • ---℃
  • 20%

  • 24℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ