明石

  • 印刷
「明石西シンフォニックバンド」の定期演奏会=市立市民会館大ホール
拡大
「明石西シンフォニックバンド」の定期演奏会=市立市民会館大ホール

 「明石西シンフォニックバンド」による定期演奏会「スプリングコンサート2018」(神戸新聞社など後援)が22日、兵庫県明石市中崎1の市立市民会館大ホールであった。会場を埋めたファンらが、躍動感あふれるアンサンブルを存分に楽しんだ。

 同バンドは、明石西高吹奏楽部のOBが1999年9月に結成。現在は元部員以外のメンバーも加入し、明石を中心とした10~50代の約60人が仕事などの合間に集まり、腕を磨く。昨年には県吹奏楽コンクールで金賞を受賞した。定期演奏会は16回目。

 会場では、二つの川に挟まれたベルギーの都市で生まれた曲「二つの流れのはざまに」(スパーク)や、ゲーム音楽を手がけた作曲家による「落花流穂」(柳川和樹)など多彩な曲が次々と演奏され、約900人が聴き入った。(小西隆久)

明石の最新
もっと見る

天気(8月17日)

  • 31℃
  • ---℃
  • 0%

  • 28℃
  • ---℃
  • 20%

  • 31℃
  • ---℃
  • 10%

  • 32℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ