明石

  • 印刷
こいのぼりに手を伸ばす園児=明石市大久保町大窪
拡大
こいのぼりに手を伸ばす園児=明石市大久保町大窪

 特別養護老人ホームなどを運営する社会福祉法人「明石恵泉福祉会」(兵庫県明石市大久保町大窪)の敷地内に、職員らが作ったこいのぼり約600匹が掲げられている。赤、青、黄、緑、白、ピンクの“コイ”が春の空を悠々と泳ぐ。

 入所者らに季節を感じてもらおうと2013年から毎年飾り付けている。こいのぼりは、6色のビニールに目やうろこなどを貼り付け、ワイヤに結びつけた。同会の6施設の職員に加え、入所者も制作に参加したという。

 27日は、近くの明石恵泉保育園の園児22人が現地を訪れ、「こいのぼり」を合唱。園児たちは、はためく“コイ”をつかもうと、手を目いっぱい伸ばしていた。

 5月7日まで飾る予定。同会の担当者は「今年も色鮮やか。多くの人に楽しんでもらえたら」と話している。(吉本晃司)

明石の最新
もっと見る

天気(5月22日)

  • 25℃
  • 17℃
  • 20%

  • 29℃
  • 11℃
  • 10%

  • 28℃
  • 16℃
  • 10%

  • 27℃
  • 15℃
  • 10%

お知らせ