明石

  • 印刷
思いがこもった絵手紙が並ぶ作品展=明石公園パークギャラリー
拡大
思いがこもった絵手紙が並ぶ作品展=明石公園パークギャラリー

 神戸市西区の絵手紙教室に通う15人と講師が、明石公園(兵庫県明石市)のパークギャラリーで春の発表会「絵てがみ 心の花展」を開いている。花や野菜、果物などを大きく描き、共感を呼ぶ文章を添えた絵手紙約1000点が飾られている。9日まで。

 神戸や三木市で7カ所の教室を主宰する画家岡田白雲さん=神戸市西区=と、その教室生が出展。活動の場を広げようと、昨年から明石でも作品展を開いている。

 岡田さんが特に力を入れて指導するのは絵に添える文。つぶやきのような一言ではなく「その時の気持ちを、特定の人に伝えるように書けば見る人に共感を持ってもらえる」とし、どの作品も文章が長めになっている。

 約70点を出展した女性(64)=神戸市西区=は「同じ題材でも作品は十人十色。主婦の会話を飾らずに文章にしています」と話している。

 午前9時半~午後4時半。無料。(吉本晃司)

明石の最新
もっと見る

天気(7月19日)

  • 36℃
  • 27℃
  • 20%

  • 35℃
  • 22℃
  • 10%

  • 38℃
  • 27℃
  • 20%

  • 39℃
  • 26℃
  • 10%

お知らせ