明石

  • 印刷
「笑いヨガ」を楽しむ参加者=明石公園
拡大
「笑いヨガ」を楽しむ参加者=明石公園

 意識的に笑うことで健康増進を図る体操「笑いヨガ」のイベントが6日、兵庫県の明石公園であった。新緑の中、約50人が全身を使ったポーズで体を動かし、大きな笑い声を響かせた。

 笑いとヨガの呼吸法を組み合わせた体操で、インド人医師が1995年に考案。イベントは、明石などの愛好家でつくる実行委員会が「世界笑いヨガの日」に合わせ、「ワールドラフターデイ」と題して毎年催している。

 実行委によると、40種類以上の動きがあり、酸素を多く取り込むことで血流が良くなる▽ストレス発散▽免疫機能の向上-などの効果があるという。

 参加者は、お互いの顔を見て握手し、輪になって肩を組んで大笑い。洗濯機の中の衣類になったつもりで体を大きく動かす体操も楽しんだ。

 動作の合間には、手をたたきながら「ホッ、ホッ、ハハハッ」と掛け声を出し、大きく万歳して「イェーイ、イェーイ」と満面の笑みを浮かべた。

 笑いヨガで肩こりが楽になり、頭がすっきりするようになったという女性(68)=神戸市西区=は現在、高齢者施設へのボランティア訪問などをしており、「仲間と一緒に笑うのが楽しい。自分が笑うのも、人が笑っているのを見るのも幸せ」と話していた。(藤井伸哉)

明石の最新
もっと見る

天気(9月20日)

  • 23℃
  • 20℃
  • 80%

  • 24℃
  • 17℃
  • 80%

  • 24℃
  • 21℃
  • 80%

  • 23℃
  • 20℃
  • 80%

お知らせ