明石

  • 印刷
会場前で家族と記念撮影する夫婦=市民会館
拡大
会場前で家族と記念撮影する夫婦=市民会館

 兵庫県明石市で20日開かれた「金婚夫婦祝福式典」には、1969(昭和44)年に結婚した、明石市と神戸市西区の夫婦計420組が出席。二人三脚で歩んできた半世紀を振り返り、喜びを分かち合った。

 69年は、米国のアポロ11号が人類初の有人月面着陸に成功。テレビで時代劇「水戸黄門」の放映が始まり、翌70年には大阪で万博(日本万国博覧会)が開催されるなど、活気にあふれた時代だった。

 式典では、柿本神社の岩林誠宮司が神事を執り行ったあと、神戸新聞社の高梨柳太郎専務や泉房穂市長らがあいさつ。最後に全員で万歳三唱をして、50年の節目を祝った。

 出席した上野忠幸さん(77)、壽榮子さん(76)夫婦=明石市=は「よくしゃべるのが円満の秘訣。ケンカもするけどこれからも2人楽しく暮らします」。同市の太田泰夫さん(70)は「4畳半一間から始まった結婚生活。本当によく尽くしてくれた」と妻恵美子さん(70)に感謝の言葉を贈った。(勝浦美香)

明石の最新
もっと見る

天気(8月16日)

  • 30℃
  • 27℃
  • 70%

  • 32℃
  • 25℃
  • 70%

  • 32℃
  • 27℃
  • 70%

  • 30℃
  • 26℃
  • 70%

お知らせ