明石

  • 印刷

 兵庫県明石市は21日、認可保育所などに入所できない待機児童数が昨年より39人増え、586人(2018年4月1日時点)になったと明らかにした。前年比増は7年連続。市は今年4月の保育施設などの定員を950人増やしていたが、市外からの流入人口増などを背景に、保育ニーズの高まりが想定を上回ったという。

 市によると、0~2歳児の待機児童が422人と全体の7割を占める。0~2歳は3歳以上と比べ、より多くの保育士を配置する必要があり、待機児童が多くなる傾向にある。

 親が育休中など国の基準に含まれない、いわゆる「隠れ待機児童」も概算で200人以上おり、合計すると約800人が保育施設に入所できなかったという。

 泉房穂市長は会見で「対策を採ったにもかかわらず、待機児童が増えてしまったことは率直に申し訳ない。引き続きしっかりやっていくしかない」と述べた。(小西隆久)

明石の最新
もっと見る

天気(10月16日)

  • 23℃
  • ---℃
  • 30%

  • 23℃
  • ---℃
  • 30%

  • 24℃
  • ---℃
  • 20%

  • 24℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ