明石

  • 印刷
産卵のために林崎海岸に上陸したウミガメ=2005年6月22日、明石市林崎町3
拡大
産卵のために林崎海岸に上陸したウミガメ=2005年6月22日、明石市林崎町3

 ウミガメ産卵の環境を取り戻そう-。兵庫県明石市の林崎海岸で6月3日、地元住民らがごみ拾いなどの清掃活動を行う。

 同海岸周辺では1986~2005年に4回、ウミガメの産卵が確認された。県内では同市と淡路島が主な産卵場所とされ、明石市内全域では2014年の望海浜など計17回、確認されている。

 環境省によると、近年は保護活動が浸透し、国内で産卵が確認されるケースが増えている。一方、海水浴客やバーベキュー客らが残すごみも増えており、産卵しやすい浜の環境整備が課題になっている。

 今回は、海岸に近い林崎3丁目自治会が子ども会や周囲の店舗などの協力を得て企画。マナー向上や環境美化を訴えるとともに、子どもたちに地元の海を誇りに思ってもらうのが狙いだ。

 毎年、ゴールデンウィークのバーベキューでごみが増えた時期の後で、絶滅危惧種に指定されているアカウミガメの産卵シーズンを前に実施している。

 午前9時開始。集合場所は林崎海岸東端の防潮門付近。参加無料。清掃活動の後は、貝など砂浜の生き物探しを楽しむ。雨天中止。(藤井伸哉)

明石の最新
もっと見る

天気(10月16日)

  • 23℃
  • ---℃
  • 30%

  • 23℃
  • ---℃
  • 30%

  • 24℃
  • ---℃
  • 20%

  • 24℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ