明石

  • 印刷
大観小学校の投てき板=明石市大明石町2
拡大
大観小学校の投てき板=明石市大明石町2
高さが建築基準法に適合していなかった明石小学校のブロック塀=明石市山下町
拡大
高さが建築基準法に適合していなかった明石小学校のブロック塀=明石市山下町

 兵庫県明石市教育委員会は22日、市立小中学校や幼稚園、保育園など16校園30カ所で建築基準法に抵触するブロック塀を確認したと明らかにした。大阪府北部地震でブロック塀が倒れ、小4女児が犠牲になったのを受け緊急調査した。危険度の高いブロック塀から順に、撤去や補強などの対応を取る。

 市議会文教厚生常任委員会で説明した。

 調査は市立の小中高、特別支援学校、幼稚園、保育園の計82校園で実施。21日に市職員が現地調査した。

 建築基準法施行令ではブロック塀の強度を確保するため、①高さ2・2メートル以下②内部を鉄筋で補強③1・2メートルより高い場合は直角方向に「控え壁」を設置④控え壁の間隔は3・4メートル以内-とする規定がある。

 市教委によると、明石小で最大2・55メートルのブロック塀があるなど、5校で高さに問題があった。

 その他の大半は、控え壁が無かったり、間隔が不十分だったりした。ブロック塀に近づかないよう各校園が児童生徒に指導している。

 一方、建築基準法の対象外だが、的や絵が描かれた壁状の遊具で、子どもたちがボールを当てる「投てき板」も5小学校で確認。

 大観小では高さが2・28メートルあり、児童が近づかないよう措置した。

 市教委は週明けからブロック塀と投てき板の強度を調査。危険性の高いものから順に、撤去や補強に取りかかる。(藤井伸哉)

     ◆

 建築基準法に抵触するブロック塀や、投てき板が確認された学校園は次の通り。

 【小学校】明石、人丸、大観、王子、藤江、大久保、山手、江井島、谷八木、魚住、錦浦、二見、二見北【中学校】錦城、衣川、大久保【高校】明石商【幼稚園】王子【認定こども園】二見

明石の最新
もっと見る

天気(7月23日)

  • 34℃
  • ---℃
  • 20%

  • 37℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 10%

  • 38℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ