明石

  • 印刷
販売開始した「レッドシソエール」と清原稔夫さん=明石市大明石町1
拡大
販売開始した「レッドシソエール」と清原稔夫さん=明石市大明石町1

 自家製ビールの店「明石麦酒工房 時」(兵庫県明石市大明石町1)に、真っ赤なビールが登場した。色の正体は明石産の赤シソ。さわやかな香りと酸味がビールの味にマッチし、フルーツビールのような味わいに仕上がった。

 連日の大雨から一転、近畿地方は9日に梅雨明けし、明石でも暑い日差しが照りつけた。

 同店は2016年に開業。店内の醸造室でつくったクラフトビールを提供している。店主の清原稔夫さん(44)がこだわるのは、地元の食材を生かしたビール。これまでにも、明石産のバジルを使ったエールや、丹波篠山の黒豆を使ったスタウトビールを期間限定で醸造してきた。

 今回は、朝霧の農家高木実さん(53)が協力し、赤シソを使ったビールを完成させた。

 昨年も同時期に提供したメニューだが、清原さんは「去年は思ったほど赤い色が出なかった」と苦笑い。

 今年こそ真っ赤な色に仕上げようと、シソの量を約30キロ増やした。その結果、泡までピンクのきれいな色合いを出すことに成功した。

 名前は「赤石の紫蘇 レッドシソエール」。アルコール度数は6%だが、ほのかな甘みと酸味のおかげで飲みやすく仕上がった。

 高木さんは「素材の味が引き立っている。こんな風に赤シソを使ってもらえてうれしい」と喜ぶ。

 清原さんは「去年から待っていてくれたお客さんもいるので、おいしく仕上がってよかった。今後も地元農家の方たちと一緒にいろいろなビールをつくりたい」と話す。

 1杯600円(ハーフサイズは360円)。月曜定休、火~金曜は午後4~10時半。土曜は正午から午後10時半。日曜、祝日は正午から午後9時半まで。

 いずれも閉店30分前がラストオーダー。同店TEL078・202・6725

(勝浦美香)

明石の最新