明石

  • 印刷
タコを捕まえた子ども=大蔵海岸海水浴場
拡大
タコを捕まえた子ども=大蔵海岸海水浴場
多くの家族連れでにぎわう会場=大蔵海岸海水浴場
拡大
多くの家族連れでにぎわう会場=大蔵海岸海水浴場

 魚のつかみ捕りを通じて地元の海に親しむ催し「あかしの魚つかみタイ!」が28日、大蔵海岸海水浴場(兵庫県明石市大蔵海岸通1)であった。親子連れら約300人が、海に潜ったり、砂浜を走り回ったりしながら“獲物”を追った。

 魚のまち・明石の豊かな海を感じてもらおうと、同海岸施設の指定管理者が開いた。

 この日は幅約40メートル、奥行き約2・5メートルの範囲にネットが張られ、この日の朝に水揚げされた魚を含め、タイやタコ、アナゴ、ヒラメなどが放たれた。

 子どもたちは水着やゴーグル姿で海に入り、水しぶきを上げながら約60センチのハマチなどの大物を追った。手が滑って魚に逃げられる参加者もいたが、くじけずに獲物を手にすると、「やったー」などと歓声を上げて喜んだ。

 家族や親戚と参加した神戸市立名倉小学校5年の男児(10)は大きなタコを捕まえた。「(囲いの)ネットに吸い付く力が強くて大変だった。たこ焼きにして食べたい」と喜んだ。

 催しは29日も予定されていたが、台風12号の接近により、中止となった。(藤井伸哉)

明石の最新
もっと見る

天気(8月20日)

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

  • 32℃
  • ---℃
  • 20%

  • 34℃
  • ---℃
  • 20%

  • 32℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ