明石

  • 印刷
さまざまな天体を写した作品が並ぶ=明石市本町2
拡大
さまざまな天体を写した作品が並ぶ=明石市本町2

 天体写真の愛好家らによる写真展「星空に遊ぶ」が、兵庫県明石市本町2の「喫茶ヤマカワ」で開かれている。皆既日食や星雲、流星など、天体のさまざまな瞬間を写した17点が並ぶ。

 県内の愛好家らでつくる「西明石天文同好会」が開催。代表の桜井義活さんも、18世紀フランスの天文学者メシエが見つけた100を超える「メシエ天体」をそれぞれ撮影し、つなぎ合わせた大作を出品している。

 ほかにも、流れ星がまるで映画「スターウォーズ」に登場する武器ライトセーバーのように映り込んだものや、馬の頭のような形をした暗黒星雲をとらえた1枚など、多彩で神秘的な作品を楽しめる。

 31日まで。日曜と25日は休み。午前8時~午後6時(土曜は午前9時~午後5時)。同店TEL078・911・8088

(勝浦美香)

明石の最新
もっと見る

天気(8月21日)

  • 32℃
  • 27℃
  • 30%

  • 37℃
  • 24℃
  • 20%

  • 34℃
  • 26℃
  • 20%

  • 34℃
  • 26℃
  • 20%

お知らせ