明石

  • 印刷
浜田祐太郎さん
拡大
浜田祐太郎さん

 2020年の東京パラリンピックの開会式まで2年となる25日、障害者スポーツなどが体験できる「あかしユニバーサル交流会」が、明石駅前のあかし市民広場(兵庫県明石市大明石町1)で開かれる。視覚障害のある漫談家で、神戸市須磨区生まれの浜田祐太郎さんのステージも楽しめる。

 同市は、2020年の東京五輪・パラリンピックに向けた国の「共生社会ホストタウン」に選ばれている。障害の有無や年齢などに関わらない市民の交流を目指し、交流会を企画した。

 第1部(午前10時~正午)は、同市在住の車いす卓球選手別所キミヱさんと車いす卓球を体験したり、車いすで魚の棚商店街(同市本町1)を巡ったりする。

 第2部(午後1時半~3時)は、「ひとり芸日本一」を決める「R-1ぐらんぷり2018」で優勝した浜田さんのステージや、市内在住で全盲の高校生ミュージシャンかしわもちかずとさんのライブなどがある。

 入場無料。手話通訳や要約筆記あり。第2部は定員300人(応募多数の場合は抽選)。希望者は、市役所や市のホームページにある用紙で、13日までにファクス(078・918・5048)などで申し込む。市福祉総務課障害者施策担当TEL078・918・5142

(藤井伸哉)

明石の最新
もっと見る

天気(10月19日)

  • 24℃
  • ---℃
  • 20%

  • 22℃
  • ---℃
  • 60%

  • 24℃
  • ---℃
  • 10%

  • 24℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ