明石

  • 印刷
新商品のパッケージイラストと、手掛けた絵本作家の藤本典子さん(右)=明石市本町1
拡大
新商品のパッケージイラストと、手掛けた絵本作家の藤本典子さん(右)=明石市本町1

 兵庫県明石市の絵本作家、藤本典子さん(59)が、地元洋菓子店「くるみや」と共同開発した商品が完成した。焼き菓子7種類を詰め合わせた「みんなのおかし」(税込み1080円)。立方体の菓子箱に、藤本さんが色鉛筆で本物そっくりに描き上げたお菓子のイラストが並ぶ。

 藤本さんは絵本作家を目指し、50歳で神戸市社会福祉協議会を退職した。

 くるみやとのつながりは、2014年に初めて出版した絵本「ケーキになあれ!」から始まった。

 絵本の表紙に描いたイチゴのショートケーキ。理想のショートケーキを描くため、モデルとなるケーキを探し歩いた。

 神戸、大阪と範囲を広げたが、最終的にたどり着いたのは、くるみやのショートケーキだった。

 「これ、ひょっとしてうちのケーキかな」

 新聞記事などを見て気付いた同店が藤本さんと連絡を取り合い、とんとん拍子でコラボ商品を出すことに。

 同店定番のマドレーヌやパイ、くるみのクッキーなど7種類を箱に詰め、7種すべてのイラストを箱の側面にプリント。茶色中心にならないよう、赤みのある商品も描きたいと藤本さんが提案したところ、同店も企画に合わせてイチゴジャムのクッキーを作った。

 イラストは藤本さんが得意な色鉛筆画。薄く色を塗り重ね、立体感やつやを表現した。手描きのタッチと色鉛筆が素朴なあたたかみを演出している。

 「くるみやさんの持ち味を絵で表現できてうれしい」と藤本さん。

 箱のふたを開けると、内側には「かわいいかたち はいどうぞ」「さくさく ぱくぱく もうひとつ」などまるで絵本のような言葉が現れる。

 藤本さんは「いろいろな人の手に渡り、私のことも、くるみやさんのことも知ってもらえたらうれしい」と話している。

 くるみやTEL078・911・2468

(勝浦美香)

明石の最新
もっと見る

天気(10月19日)

  • 23℃
  • 17℃
  • 10%

  • 22℃
  • 12℃
  • 60%

  • 24℃
  • 16℃
  • 10%

  • 24℃
  • 15℃
  • 10%

お知らせ