明石

  • 印刷
統一地方選を啓発する横断幕=明石駅前
拡大
統一地方選を啓発する横断幕=明石駅前

 統一地方選の前半戦となる兵庫県議選が29日、告示される。明石市選挙区(定数4)は、現職2人、元職2人、新人3人が立候補の準備を進めており、前回と同じ7人の激戦となる見込み。地域活性化や防災、人口減少対策、県と市の連携などを争点に、9日間の舌戦がスタートする。投開票は4月7日。

 選挙権年齢が18歳以上に引き下げられてから、初の県議選となる。

 届け出書類の予備審査を済ませたのは、自民現職で県議会議長の松本隆弘氏(56)▽立憲民主新人で明石市議の中西礼皇氏(39)▽公明現職で党県幹事の伊藤勝正氏(52)▽共産新人で元団体職員の福原由加利氏(31)▽維新元職で社会福祉法人理事長の岸口実氏(54)▽無所属元職で元明石市長の北口寛人氏(53)▽無所属新人で武道家の横山伸吾氏(33)。

 立候補受け付けは、市役所(中崎1)で午前8時半~午後5時。各陣営は届け出後に市内各地を巡り、有権者に支持を訴える。

 松本氏は午前10時、錦が丘4の事務所前▽中西氏は同9時、鍛治屋町の事務所前▽伊藤氏は同10時、硯町2の事務所前▽福原氏は同11時半、天文町2の事務所前▽岸口氏は同10時、明石駅前▽北口氏は同9時、市役所前▽横山氏は同9時45分、西明石駅新幹線口-でそれぞれ第一声をする予定。

 市選挙管理委員会によると、3月28日時点の市内の選挙人名簿登録者(有権者)は、25万657人(男性11万9860人、女性13万797人)。(藤井伸哉)

明石の最新
もっと見る

天気(5月24日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 31℃
  • ---℃
  • 10%

  • 30℃
  • ---℃
  • 0%

  • 32℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ