明石

  • 印刷
「どんだけ~!」と声を張り上げる茂木郁海さん=甲子園球場
拡大
「どんだけ~!」と声を張り上げる茂木郁海さん=甲子園球場

 春のセンバツでベスト8入りを果たした明石商(兵庫県明石市)。一塁側アルプスの応援団は、得点のたび「笑点」のテーマを演奏。指名された野球部員が即興で一発芸を披露し、盛り上げるのが定番だ。13点と大量得点を挙げた30日、団員たちは「ここが見せ場や」とばかりに多彩なネタで大いにスタンドを沸かせた。

 一回表。先制点が入り、おなじみのテーマが流れる中、茂木郁海さん(17)が人さし指を振りながら「どんだけ~!」と大声を張り上げると、OBや吹奏楽部員らは大盛り上がり。

 茂木さんはその後も立て続けに指名され、渾身のネタを次々と繰り出す。「恥ずかしいけど点が入ってうれしい。次戦も僕がやれることを存分にやります」。

 全力でコマネチポーズを決めた川上桂慎さん(16)は「小学生の頃からやってきたネタを甲子園という舞台でやることになるとは」と勝利への貢献を喜んだ。(勝浦美香)

明石の最新
もっと見る

天気(8月18日)

  • 33℃
  • 27℃
  • 20%

  • 35℃
  • 23℃
  • 30%

  • 34℃
  • 27℃
  • 10%

  • 36℃
  • 26℃
  • 20%

お知らせ