明石

  • 印刷
羊毛フェルトで作ったアザラシのマスコット
拡大
羊毛フェルトで作ったアザラシのマスコット
押し花のネイル
拡大
押し花のネイル
ロンドンのパーツを使ったアクセサリー
拡大
ロンドンのパーツを使ったアクセサリー

 兵庫県の明石文化国際創生財団は5月から、アクセサリーやマスコット作りなど女性向けの体験講座「ARTしNIGHT」(アートしないと)を始める。アスピア明石(東仲ノ町)の7階学習室で、美容や小物作りを毎月開講し、新しい活動のきっかけづくりを手助けする。

 同財団は2013年から毎月、明石ゆかりの講師を招いた「ないと講座」を開いていた。仕事帰りの女性を想定し、平日夜に開講していたが、50回目の昨年12月でいったん終了。女性がアートや美容を体験できるワークショップ型に衣替えした。

 初開催となる5月16日は西明石で美容サロンを経営する石丸麻有子さんがドライフラワーを使った押し花ネイルを伝授。6月20日は明石在住のデザイナーMAYA(マヤ)さんがロンドンの素材を使ったネックレスやピアスなどのアクセサリー作りを指導。7月18日は明石在住のマスコット作家小野千賀子さんと一緒に羊毛フェルトでアザラシのマスコットを作る。

 いずれも午後7~8時半。材料費が1800円~2千円必要。講座によって定員が変わる。同財団ホームページで申し込みを受け付けている。同財団TEL078・918・5085

(吉本晃司)

明石の最新
もっと見る

天気(5月26日)

  • 30℃
  • 22℃
  • 0%

  • 35℃
  • 16℃
  • 0%

  • 32℃
  • 20℃
  • 0%

  • 35℃
  • 20℃
  • 0%

お知らせ