明石

  • 印刷
ダブル選の「七つ道具」を点検する職員=明石市中崎1、明石市役所
拡大
ダブル選の「七つ道具」を点検する職員=明石市中崎1、明石市役所

 統一地方選後半戦で、任期満了に伴う兵庫県明石市長、同市議(定数30)のダブル選が14日、告示される。いずれも投開票は21日。市長選は暴言問題に端を発した出直し選が3月に実施されて以来、1カ月で2回目になる。12日時点で現職の泉房穂氏(55)以外に立候補表明の動きはない。市議選には39人が立候補準備を進めている。

 泉氏は道路拡幅工事を巡り、立ち退き交渉が遅れていた建物に「火つけて捕まってこい」などと市幹部に暴言を浴びせた責任を取り、2月2日付で辞職。3月の出直し選では、次点に5万票以上の差をつける圧勝で3選を果たした。

 ただ、任期満了前の辞職だったため、公選法の規定で再び選挙となる。

 市長選は、全国最多の待機児童対策▽人口増や税収増といった好循環の継続▽子育て支援と比べ不十分と指摘される高齢者施策の充実▽行政への市民参画-などが争点となる。

 市議選はこれらの課題に加え、議員定数への考え方や議会改革などを含めた論戦となりそうだ。

    ◆

 明石市選挙管理委員会は12日、市長、市議選の選挙運動に使う腕章などのいわゆる「七つ道具」を点検した。

 投開票日が印字された街頭演説用の旗や選挙運動員の腕章、拡声機の表示板など。職員は印字の内容や枚数を確認し、市長選は5人分、市議選は47人分を準備した。届け出書類受理後、候補者に交付する。(藤井伸哉)

明石の最新
もっと見る

天気(5月24日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 31℃
  • ---℃
  • 10%

  • 30℃
  • ---℃
  • 0%

  • 32℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ