明石

  • 印刷
手元をライブ中継しながら女性モデルを描くイラストレーター江口寿史さん(左)=明石市立文化博物館
拡大
手元をライブ中継しながら女性モデルを描くイラストレーター江口寿史さん(左)=明石市立文化博物館

 イラストレーター江口寿史さんの作品展が開かれている兵庫県明石市立文化博物館(明石市上ノ丸2)では、江口さんが目の前の女性を描く様子を公開するイベントがあった。約200人が観覧する中、江口さんが次々とスケッチを描き上げ、モデルとなった20人にプレゼントした。

 5月19日まで開かれている「江口寿史イラストレーション展 彼女」(神戸新聞社など主催)の関連イベント。モデルは事前に申し込んだ約620人の女性から、抽選で10~54歳の20人が選ばれた。

 江口さんは対面して1分ほどでポーズを決めたあと、雑談したり無言で集中したりしながらペンを走らせ、1人10分前後で描き上げていった。手元の描画の様子はライブ映像で映し出され、観客は江口さんのテクニックに見入っていた。

 明石市のイラストレーターの男性(26)は「人物を10分でこんなにうまく描けるなんて」と驚き、モデルに選ばれた母親の女性(54)は「どきどきしたが、やさしい感じに描いてくれてうれしかった」と喜んでいた。(吉本晃司)

明石の最新
もっと見る

天気(6月26日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 50%

  • 32℃
  • ---℃
  • 40%

  • 30℃
  • ---℃
  • 50%

  • 32℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ