明石

  • 印刷
宮脇俊夫氏
拡大
宮脇俊夫氏

 兵庫県明石市が、15日に任期満了を迎える森本哲雄副市長(65)の後任に、宮脇俊夫政策局長(58)を起用する方針を固めたことが13日、分かった。15日の市議会本会議に人事議案を提出する見通し。

 宮脇氏は神戸市出身。神戸大経営学部を卒業後、1983年に明石市に採用された。職員室長を経て総務部長、政策部長、総合戦略担当理事などを歴任しており、企画や総務部門が長い。

 市議会の同意が得られれば、宮脇氏の任期は16日から4年間。和田満副市長(64)との2人体制になる。宮脇氏は総務、政策、都市局などを統括し、市長の職務代理者は引き続き和田氏が務める。

 関係者によると、宮脇氏は市役所内外での調整能力などが評価されており、泉房穂市長(55)の信頼が厚い。暴言問題による市長不在時も、政策や予算案で調整の中心を担った。

(藤井伸哉)

明石の最新
もっと見る

天気(9月19日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 25℃
  • ---℃
  • 10%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ